新着情報

【KATEKYO長岡古正寺校】テスト勉強に集中するためのポイント

長岡市 学習塾 塾 中学生 定期テスト対策 苦手教科克服  

 長岡市内の中学生の皆さん。2学期中間テストまで2週間を切りました。普段から、計画的に学習を進めている皆さんも、テスト前になると、いつも以上に学習時間を増やすと思います。普段、なかなか学習が進まない皆さんは「今度のテストこそ、計画通りに進めるぞ」と前向きな気持ちで計画を立てたことでしょう。ここで大切なのは「到底できない計画は立てないこと」です。今の自分の学習量、得意・不得意な教科など、自分の状態と照らし合わせて計画を立てると、無理なくテスト勉強に取り組めるでしょう。以下、より効果的にテスト勉強を進めるポイントをあげました。参考にしてください。

 その① 集中できる環境を作ろう  
 勉強の効率を上げる一番のポイントは、環境づくりです。自分の部屋で頑張る際は、まずマンガやゲームを片付け、学習中に視界に入らないようにします。また、自分の部屋ではなく、リビングで行うこともおススメです。人目があった方がよいか悪いかは、人によって違います。自分に合った環境を選ぶことが大切です。学校の図書室、公共の図書館などの施設、学習塾の自習スペースも活用するとよいです。

 その② まずは教科書や問題集を開こう  
 わかっていてもなかなか勉強にとりかかれないものです。必要だと思ってもやる気が出ないことはあります。その場合、まずは机に向かい、教科書を開きましょう。そして、1問、問題を解いてみたり、音読を始めたりしましょう。すると、そのまま継続して勉強を進められると思います。やる気が出るのを待つのではなく、まずはとりかかることでやる気を引き出すイメージです。

 その③ スマホの電源は切ろう  
 中学生の皆さんの多くがスマホを持っていると思います。どうしても、手元にスマホがあると、気になってしまいます。勉強するときは、電源を切ってしまいましょう。電源を切るのが難しいのであれば、手が届かないところに置くのもおススメです。勉強に集中できる環境に身を投じましょう。しかし、手軽で便利なスマホは、調べ物に使うこともあるでしょう。ですが、ついつい気になるニュースを見てしまったり、友達に連絡を取ってしまったりすれば、勉強が中断してしまいます。誘惑に負けてしまう人は、辞書や教科書で調べ物をするようにしましょう。

 その④ 休憩はきちんと取ろう  
 人間の集中力は、何時間も続くものではありません。適度に休憩を入れながら、集中力を保っていきましょう。もしも眠くなったときは、15分くらいを目安に仮眠を取るのがベストです。

 その⑤ 趣味を我慢し過ぎないようにしよう
 「テスト期間中はゲームやマンガ禁止!」とする人もいますが、これは逆効果になる可能性もあります。勉強中は勉強に集中することが大事ですが、そればかりではストレスが溜まるでしょう。適度に息抜きをした方がモチベーションも保てます。もちろん、学習時間より多くなるのはNGです。


KATEKYO長岡古正寺校 0258-86-7855