新着情報

【KATEKYO新潟駅前校】オーダーメイドカリキュラムの作り方~高校生・高卒生編~

 こんにちは、KATEKYO学院 新潟駅前校の高野です。
 新潟駅前校では毎年6070人の生徒さんが教育相談(入塾相談・教室見学)を受けられます。そこでお伺いする希望は十人十色。皆さんご希望は異なります。例えば受講したい科目と、1回あたりの時間、1週間あたりの回数、等々。生徒さんのご希望をじっくりお聞きし、最適なカリキュラムをご提案します。これが
「オーダーメイドカリキュラム」です! 少しだけその作り方をご紹介いたします。

【総論】
 新潟市内進学高の生徒さん、そして既卒生に多くご利用いただく新潟駅前校。一番多い受講目的は大学受験対策です。大学受験対策でオーダーをいただく科目は、多い順に1位英語、2位数学、3位古典、3位現代文、5位化学・化学基礎で、今年度受験生の7割は英語と数学の両方を受講していました。

 例えばこの英語と数学の受講方法だけでも、まずはこんな説明からスタートします。
1コマの中で英数を半々で受講したいなら、どちらも指導できる教師がいいですね。それとも1コマの時間を少し短くして、英語専門の授業・教師と数学専門の授業・教師で分けますか? この場合は通塾回数を多くいただく必要があります。」
担当教師の人数が少ない方がいいか? 通塾回数が多い方がいいか? 1コマの時間が長い方がいいか? 1回の授業でいろいろな科目を詰め込んだ方がいいか?
さぁ、あなたに合うカリキュラムはどんな形でしょうか? 以下でもう少し詳しく見ていきたいと思います。

【1コマの時間】
 上述の通り、教師数や通塾回数とも連動しますが、1コマの時間でいちばん考慮すべき要素は、1コマの科目数と生徒さんの集中力、そして科目ごとの学習状況です。

 例えば「数学をメインで化学も少し習いたい」というご希望をいただいたとします。医学部や難関大志望の生徒さんで数学の難問を先生と一緒に解いていく授業なら、1問にかかる時間が長くなるはずなので150分授業がおススメです。また「苦手な数学ばっかりでは飽きてしまう」という生徒さんには、気分転換に化学も入れた120分授業が良いでしょう。「数学だけに集中したい」という生徒さんには、数学だけの90分授業が効果的だと思います(化学も同程度に時間がかかるのであれば、別コマで受講をすることをおススメします)。

【1週間の回数】
 自習席も準備してありますので、毎日教室に来てほしいのですが、なかなかそういう訳にもいかないでしょうから、状況をお伺いしながら回数のご提案をします。
サポートが必要な科目数、学習習慣の有無、ゴールまでの残り期間が回数決定の重要ポイントになります。サポートが必要な科目も多く、これから学習習慣をつけなければいけない受験生は週2~3回で、KATEKYOを中心とした学習リズムを作る必要があります。長期プランをお考えの1・2年生や、自学が確立している受験生、苦手科目のみのサポートを望む他塾併用の受験生には、週1回をご提案することが多いです。


【担当教師】
 
生徒さんにピッタリの指導方針を取る教師を担当つけたいですね。複数教師で科目を分担させた方が良いケースや、1人の教師で付きっきりの方が良いケースもあるでしょう。生徒さん主導で教師が見守った方が伸びるパターンや、生徒さんが持って来る質問に教師が対応するパターン、教師がグイグイ引っ張った方が伸びるパターンなど、様々です。医学部受験生を多く担当する理系教師、難関私大指導に長けている英語専門の教師、国語指導のスペシャリスト、新大二次対策担当の教師、英検指導を多く受け持つ教師、総合型・推薦型入試対策が得意な教師、ベテラン教師や若手教師など多彩な教師陣から、相性ピッタリの教師を教育相談でズバリ!見抜きましょう。


 生徒さんの学習状況や保護者様からのご要望を伺いながら、このような感じで「オーダーメイドカリキュラム」は作られていきます。100人の生徒さんに100通りのカリキュラムです。
 このカリキュラムをお試しいただけるのが体験授業
です。この機会にぜひ、「資料のご請求→教育相談→体験授業」をご利用ください。

まずは資料のご請求、お問い合わせからどうぞ!


【新潟駅前校】 025-247-5577
       (10:00~19:00受付)

資料請求は      教育相談は