新着情報

【新潟市秋葉区個別指導塾・五泉市個別指導塾】数学では途中式を書こう!

 新潟市秋葉区塾  新潟市秋葉区個別指導 新潟市江南区塾
 五泉市塾 五泉市個別指導 阿賀野市塾 阿賀町塾

 新津・五泉駅前校教師の栗林です。

 数学の勉強においては計算は避けて通れないものであり、
基本は正答しなければ点数は貰えない教科です。問題によっては、誤答であっても途中式が正しければ部分点をもらえますが、果たしてそれって良いことなのでしょうか? 少し考えてみてください。「300円の品物を買うのに500円出しました、お釣りはいくらですか?」という問題があったとします。これは間違える人はあまりいないでしょう。なぜならば、皆さんはこの問題の解法を誰もが知っているからです。これが数学です。


 ちょっと極端な表現になりましたが、正答しなければ意味がないことを言いたかったのです。たしかに「結果だけではなく、その過程も重要だ」というのが教育の基本姿勢ですが、そこに甘えてはいけません。「ある問題が提示されて解法は教わりました、では、ケアレスミスを除けばあなたは確実に正答出来ますよね」というのが教科としての数学だと思います。特に計算分野では、この姿勢が重要ではないでしょうか。


 
数学では「面倒くさい」という姿勢こそが誤答やミスを生みやすくなります。頭の中で考えたイメージすらも含めて、答え出すまでの過程を全部ノートに書き出しましょう。これは「過程こそ重要だ」という姿勢でも、勉強をやっている感を出すためでもありません。解法を知っている問題をほぼ100%正答するためには必要なことなのです。実際、テスト本番では時間との戦いになりますから、そこまで書くことにこだわる必要はありませんが、基本的に記述式のテストの場合は、問題集の解答例のような答え方を目指しましょう。「計算ミスだった、イージーミスだった、だから自分は実点数よりは実力がある」それは本当に実力があることになりますか? スポーツや音楽、実社会でミスを繰り返す人が実力があると評価されるでしょうかミスをなくすにはミスをなくすための努力が必要です。れが途中式であり、途中経過の記録だと思います。

 
数学が特に苦手な方、下段(PCの場合は上段)の✉お問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。


  新津駅前校・新津事務局
  ☎ 0250-23-6699
  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544