新着情報

KATEKYO柏崎 新潟県統一模試のご案内

 いったいどのくらいの順位で合格できるのか?
 新潟県統一模試でCheck!

「将来は国公立大に進学したいから柏高を受験する」

「推薦入試で大学に進学したいから、校内で上位を
確保するために常盤(総合・柏工)で頑張る」。
毎年、中3生の希望理由で耳にしますが、果たして
その夢は叶うのでしょうか? 


例えば、柏高。3年連続で国公立進学者の割合は下降
線です。5学級200人の柏高ですから、その27.0%
なると、たったの54人です。つまり、「国公立大に
進学するために柏高に行く」と息巻いて入学した200
人のうち4人に1人しか、その夢を叶えられていな
のです。 

そうなると、単に合格することが目的ではなく、
のくらいの順位で合格するかが重要になります。
ただし、各中学校で実施される「確認テスト」では、
分かったとしても校内順位だけです。近年は、校内
順位すら明確にしない中学校もあります。
そんな状態で、柏高を志望す
るライバルの中で、自
分が何位かを知ることは不可能です。
しかし、「新潟県統一模試」なら、それを知ること
が可能です。

なお、新潟県統一模試では、過去の事例から、合格
判定をします。以下は合格確率の目安です。
  S:80%以上
A~B:80%~60%
C~D:60%~30%
努力圏:30%未満

過去のKATEKYO柏崎生で、柏高に進学した生徒のう
ち、国公立大に進学を果たした生徒は、中学時の新
潟県統一模試ではS判定だった生徒がほとんどです。


次に常盤。国公立大に進学できているのは多くて3人、少な
ければ1人しかいない年度もあります。いわゆる「ワンラン
ク下げるけど、常盤では上位をキープする(※常盤生の言葉を
そのまま掲載しました)
」と言います。しかし、定期テストの
結果が悪くても「だいたい周りも同じようなもんだし。」と
か「〇〇ちゃんよりは、良かったから大丈夫」と言っている
うちに成績は下がり続け、赤点間近になって大学進学どころ
じゃなくなる。そんな話をよく耳にします。国公立大進学者
の大幅な減少が、それを物語っています。



柏工は、「工業推薦枠」を利用した新大・工や長岡技科大に
合格者がいますし、総合ではR1年度卒業生で久しぶりに推
薦での長岡技科大への進学者がいました。総合・柏工から国
公立大に進学した生徒は、推薦条件をクリアするために、周
囲に流されることなく勉強に打ち込んだ生徒です。

常盤・柏工・総合から国公立大に進学したいと考
るなら、校
内順位はダントツの1位でなければいけません。統一模試で
も同様です。

そこでKATEKYO柏崎では、第1回新潟県統一模試を実
します。KATEKYO柏崎生はもちろん、一般生でも
受験可能です。

まずは問い合わせください。

 KATEKYO柏崎
   TEL 0257ー21ー4455

また、「2021春期講習」も受付中です。
あわせててご検討ください。
     ※クリックすると詳細をご覧いただけます
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓