新着情報

【新潟市秋葉区個別指導・五泉個別指導】少人数クラス授業について

新潟市秋葉区塾  新潟市秋葉区個別指導 新潟市江南区塾
新潟市南区塾  五泉市塾  五泉市個別指導 阿賀野市塾 阿賀町塾 

 新津・五泉駅前校教師の教務課です。

 新津駅前校では少人数クラス授業も開講しています。
 KATEKYOの通常の1対1完全個別指導とは違い、4~8名程度の少人数を対象とした集団指導のことです。この授業の目的は、プロ教師の授業をたくさんの生徒さんに受講してもらうこと、受験などに向けた強化学習を行うこと、個別指導での5教科対策にプラスして、英語と数学を集団指導で補ってもらうこと、1対1では得られない外部からの刺激を感じてもらうことなどです。
 1対1完全個別指導と併用、少人数クラス授業のみの受講どちらでも可能です。
 今年度はお申込をされている方も多く、講座によっては満員間近の講座もあります。少人数クラス授業の講座はこちらになります。
 
 なお、少人数クラス授業は五泉駅前校では開講しておらず、新津駅前校のみの開講となります。

 少人数クラス授業の受講を検討されている方、お問い合わせは、下段(PCの場合は上段)の✉お問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  新津駅前校・新津事務局
  ☎ 0250-23-6699

 

【新潟市秋葉区塾・五泉塾】努力の価値

新潟市秋葉区塾  新潟市秋葉区個別指導 新潟市江南区塾
新潟市南区塾  五泉市塾  五泉市個別指導 阿賀野市塾 阿賀町塾 

 新津・五泉駅前校の高田です。
 よくある言い回しで『努力は必ず報われる』という言葉があります。当たり前のことですが、これは正しくありません。努力すれば何でも叶うのであれば、世の中に「挫折」という言葉も「無力感」という表現もないはずだからです。
 多くの人はみな様々な目標を立てたり、目的を持ったりしながら日々を生きています。少なくとも気持ちの上では、そのために頑張ろうとしているはずです。しかし、残念ながらその努力は必ずしも報われるとは限りません。上手くいかないことも多々あるはずです。頑張りが足りなかったのかもしれません。元々難しすぎる目標だったのかもしれません。どちらにせよ結果は同じです。その目標なり目的だったものは、達成できなかったのです。
 しかし、その場合の積み重ねてきた努力は、すべてただの徒労だったのでしょうか?それは本当に何の意味もない、無駄だったのでしょうか?
 ひとつの考えとして、『努力』はその行為そのもの、努力してきた過程自体に価値がある、という捉え方があります。たとえ結果が上手くいかなかったとしても、頑張った日々はきっと自分に何かを残してくれたはずなのです。最後まで諦めなかったこと、ほど遠かった目標に、あと一歩のところまで近づいたこと、そういったものに価値を見出せるかどうかは自分次第なのかもしれません。
 確かなことは、『努力』のないところからは何も生まれないということです。結果を気にするあまり最初から努力することを諦めたり、成果ばかりを求めて楽をする方法を考えることに忙しかったりしていては、地道な努力を積み重ねていく日々から得られる、本当に大切な何かは、決して手にすることができないのです。
 『努力』という行為自体が持つ本当の価値を、もう一度考えてみてもいいのかもしれません。  
 私たちと一緒に、目標に向かって努力してみませんか?

 お問い合わせは、下段(PCの場合は上段)のお問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  新津駅前校・新津事務局
  ☎ 0250-23-6699
  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544

 

【新潟市秋葉区個別指導・五泉個別指導】ハードルを上げない

新潟市秋葉区塾  新潟市秋葉区個別指導 新潟市江南区塾
新潟市南区塾  五泉市塾  五泉市個別指導 阿賀野市塾 阿賀町塾 

 新津・五泉駅前校教師の新田見です。今回は勉強の「ハードルを上げない」ことについて、私の経験をもとにお話します。学生時代、とくに高校生のころによくあった話です。
 夏休みの課題。英語のサイドリーダー、古典の口語訳など、長期休暇なのでよく細かいのがたくさん課されたのですが、期限に間に合わないのではと不安ばかりが先行。課題自体は何とか期限に間に合ったのですが、夏休み明けの課題テストはその復習なんてやってないから、案の定最低な点数でした。このままで大学行けるのかなって、これまた不安ばかりが先行してしまいました。
 でも、冷静になって考えてみると、その時はただ目の前に課された課題に対して、「面倒だな」「やりたくないな」というネガティブな気持ちばかりが先行して、やらなくていい理由づけだけを考えて、前に進んでいなかったと思います。 
 確かに課題は難解なものもありましたが、勉強の方法もわかっていましたので、コツコツと時間をかけて取り組みさえすれば出来る課題でした。まさに「やればできる」でした。それをただやりたくないという気持ちだけで、やらない言い訳作りをしていたように思います。今でも気を付けないと。述懐するとずいぶん自戒の念もこもってきますが・・・。
 そんな後ろ向きな、やりたくない気持ちが生まれてきた時に、私がいつも自分に言い聞かせていることがあります。心の「ハードルを上げるな」ということです。目の前に仕事や課題などが課せられると、精神的に重たくなって、「取り組んでみる」「前に進んでみる」気持ちが萎えてしまうことがあります。そして、仕事や課題に対して、やらない理由付けをして、そうこうしているうちに心の「ハードル」が上がってしまうんです。
 そんな時は次のように考えてみましょう。まずは「とりあえず」「まあちょっとやってみるか」となるべく軽く考えてみることです。まずは出来る範囲でよいので、まずは少しでも前に進めてみることが、勉強への心の「ハードル」を下げることにつながります。どんな課題でも、0からいきなり100にはできません。まずは1を出して、2を出して、そして、100に。1を出さないことには100になり得ないのです。その1を出すハードルが高くなっているだけだと思ってください。その1を出すだけで、案外スムーズに勉強って進むものなんです。
 これは私も学生時代、結構経験したことです。さっきの休み中の課題のことでもそうでしたが、反省して次の休みの課題では、「とりあえず」精神で英語のサイドリーダー課題をやってみたら、あっさり1週間弱で20ページぐらい終わってしまいました。その時はこんな単純なものなんだなって思いました。そう、この「シンプルさ」が大事なんです。心の「ハードル」を下げて、まずはシンプルに「とりあえず」精神で、少しでも前に進めてみましょう。案外勉強って単純。そこから新しい世界を発見できるかもしれませんよ。

 この春からの受講を検討されている方、お問い合わせは、下段(PCの場合は上段)のお問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  新津駅前校・新津事務局
  ☎ 0250-23-6699
  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544

 

【新潟市秋葉区塾・五泉塾】高校受験は通過点

新潟市秋葉区塾  新潟市秋葉区個別指導 新潟市江南区塾
新潟市南区塾  五泉市塾  五泉市個別指導 阿賀野市塾 阿賀町塾 

 新津駅前校教師の佐藤です。
 新高校1年生
のみなさん、高校には慣れてきましたか? 受験勉強から解放されて、気が抜けている人はいませんか? 高校受験はゴールではなく通過点です。大学受験を予定している生徒さんだけでなく、もちろん高校卒業後に就職する生徒さんも同様です。志望校に合格出来た喜び、受験からの解放で学習の習慣が全くと言ってよいほどなくなってしまう、科目数の増加,授業進行の速さに対応出来ていない、これまで何度も出会ってきた『成績が芳しくない高校1年生の特徴』です。このようなことが起きないように,私が担当してきた生徒さんは、中学3年生から高校1年生への継続しての指導も数多く承ってきました。1年生の1学期もしくは前期の夏休み前までの成績が順調であると、しばらくは順調に結果を残す生徒さんがやはり結構多くなっています。
 近年は総合型選抜や学校推薦型選抜で大学合格を果たしている生徒さんも多くなっていますが、その選抜で合格を目指すには、1年生の成績がとても重要であることは間違いないでしょう。高校生から心機一転、KATEKYOでの受講を検討している方、お待ちしています。

 お問い合わせは、下段(PCの場合は上段)のお問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  新津駅前校・新津事務局
  ☎ 0250-23-6699
  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544

 

【新潟市秋葉区塾・五泉塾】「おすすめ参考書」の選び方

新潟市秋葉区塾  新潟市秋葉区個別指導 新潟市江南区塾
新潟市南区塾  五泉市塾  五泉市個別指導 阿賀野市塾 阿賀町塾 

 新津駅前校・五泉駅前校教師の丸山です。

  勉強をするときに、参考書や問題集を買おうと思う人は多いと思います。しかし、書店に行くとずら~~っと並んだ参考書の中から選ぶのは至難の業。しかも1冊1冊はそれほど安くはないので、できればアタリを選びたいものです。もちろん通販サイトで買うという人もいるでしょう。それでも表紙買いは失敗のリスクが伴います。

 それでは選ぶポイントです。まずは情報収集です。友達の使っている参考書を見せてもらい、使い勝手を聞きましょう。ネットの評価はサクラ(おとり)が混じっていることもあり、実際に使っている人の声の方が信用できます。周りに使っている人がいない時は、ネットで調べることになります。今ならTwitterで探すとよいかもしれません。次に、書店で実物を見ることが大事です。万人にベストな参考書は存在しないので、お勧めされても「なんか合わない」ことがあります。書店にないよ、という場合は仕方ないので再び参考書名で検索して評判を確かめます。

 フェイクニュースの多い世の中で、ただ人に言われたものを安直に受け入れるのではなく、自分で調べてみることは勉強以外でも大切なことです。参考書選びはそんな行為の第一歩になるかもしれません。

 自力で解決できない場合でも、私たちKATEKYOの教師が一人ひとりに合ったレベルの参考書のアドバイスもいたします。

 受講を検討されている方、お問い合わせは、下段(PCの場合は上段)のお問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  新津駅前校・新津事務局
  ☎ 0250-23-6699
  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544

 

【新潟市秋葉区塾・五泉塾】中学受験をすることの意味

新潟市秋葉区塾  新潟市秋葉区個別指導 新潟市江南区塾
新潟市南区塾  五泉市塾  五泉市個別指導 阿賀野市塾 阿賀町塾 

 新津駅前校・五泉駅前校教師の岩渕です。ゆとり教育が終了し、脱ゆとり教育と呼ばれるようになった昨今、学習を取り巻く環境は刻一刻変化を遂げています。私も20年以上の指導で、いろいろな生徒さんと関わってきましたが、最近の教育環境はやや複雑な局面に達しつつあるように思います。そんな中、私自身が感じていることではありますが、これまでよりも早い学年(小学4年生前後)のうちから、「しっかりとした学習習慣を身につけさせたい」、「私立中学を受験したい」という声がよく聞かれるようになりました。今日は、これまでにサポートさせていただいた経験をもとに、『中学校を受験することの意味』についてお話したいと思います。
 さて、中学受験することのメリットは何でしょうか?
 6年間を通した計画的な学習内容で進めてもらえる。高校受験がなく、公立中学校より早いペースで学ぶことが出来て大学入試に有利。
 では、デメリットはどうでしょうか?
 公立中学校より経費がかかりそう、部活動が小学校のクラブ活動に近い。6年間メンバーがほとんど変わらないため、長い間成績が下位に沈んでやる気がなくなってしまうこともある。
 このように、受験することについては、様々な見解がありどちらが正解ということはありません。その生徒さんの状況や、ご家庭のご希望によって変わってきます。生徒さんや保護者様が納得して、どうしても受験したいというのであれば、ぜひ挑戦してもらいたいです。「善は急げ」というように、受験対策を進めるのに早いに越したことはありません。私が受験をする生徒さんと接するにあたり、必ず確認していることがあります。それは「受験する覚悟は出来ていますか?」ということです。中学を受験するということは、これまでの友人関係がどうしても希薄になりますし、受験勉強中は習い事や好きなことを我慢しなくてはなりません。強い意志がないようでは、あまりよい結果は望めないでしょう。
 もちろん中学受験はしないにしても、日々の学習状況にご不安があるようでしたら、学校とは異なるアプローチの仕方で、それぞれの生徒さんのあった指導を行います。

お問い合わせは、下段(PCの場合は上段)のお問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  新津駅前校・新津事務局
  ☎ 0250-23-6699
  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544

 

【新潟市秋葉区個別指導・五泉個別指導】出会いと別れの春

新潟市秋葉区塾  新潟市秋葉区個別指導 新潟市江南区塾
新潟市南区塾  五泉市塾  五泉市個別指導 阿賀野市塾 阿賀町塾 

 新津・五泉駅前校教師の栗林です。先月は高3生が塾を去っていきました。担当した生徒さんは勿論ですが、担当の生徒さんでなくとも、それぞれが指導や自習で頑張っていた姿が思い出されます。今年は、中1の頃から、丸6年指導した生徒さんを筆頭に、高校三年間を共に過ごした生徒さんたちが多数、巣立っていきました。塾から巣立ちの日というものは、学校のように特別なセレモニーがあるわけではなく、あくまで指導最終日です。ただ、長年通われた生徒さんたちにとって、新津駅前校も「学校同様に自分の学びの場であった」という感謝の気持ちを例年いただいてきました。そんな生徒さんたちの気持ちに感無量で、時に思い返せば胸がいっぱいになりますが、感傷に浸っている間もなく、新しい生徒さんがご入会されてきています。
 同じ曜日の同じ時間の3年間(場合によっては6年間)、時間を共有した生徒さんとは違う生徒さんと、また新たな時間の共有が始まります。それが生徒さんたちにとって学校に勝るとも劣らぬくらいの「実りある時間の共有」になることを誓って、今日も指導して参ります。
 いっこうに収まらぬ、コロナ禍に加え、ヨーロッパでは戦争と、人類にとって、厄災が次々に起こっていますが、今年巣立っていった生徒さん全員に送ります。「親愛なる生徒さん達に栄光あれ。」

 新学期からの指導を検討されている方、お問い合わせは、下段(PCの場合は上段)のお問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  新津駅前校・新津事務局
  ☎ 0250-23-6699
  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544

 

【新潟市秋葉区塾・五泉塾】新高校2年生の春休み勉強法

新潟市秋葉区塾  新潟市秋葉区個別指導 新潟市江南区塾
新潟市南区塾  五泉市塾  五泉市個別指導 阿賀野市塾 阿賀町塾 

 高校の1年間が、あっという間に過ぎてしまったと感じる人も多いと思います。心機一転「1年生のときはあんまり勉強しなかったから、2年になったら頑張ろう!」と意気込んでいるあなた、高校に入学したてだった1年前もそう言っていませんでしたか? 思うだけでは何も進みませんよ。

 でもどうやって勉強したらいいかわからない…と思っているあなたに、KATEKYO新津・五泉の教師陣が「春休みにやっておいてほしい」と思っていることを挙げておきます。今回は数学です。

 たくさんありますが、簡単に言うと公式や定理の暗記です。式の「展開」「因数分解」の公式。二次関数の「平方完成」、三角比の有名角(30°など)の値、「三角比の相互関係」「正弦定理」「余弦定理」「面積(三角比Ver)」などです。これらの暗記や使い方ができている人は、ひたすら練習して計算力をつけましょう。また、二次関数はグラフを、三角比も単位円との関係をイメージすることが大切です。練習は、学校で配られた教科書傍用問題集で十分です。その中で、アスタリスク(*印)の問題だけでも即時に解けるまで繰り返し練習しましょう。大抵の傍用問題集の説明をみると、最低限やってほしい問題が*印であると書いてあります。

 新2年生は特に春休みに復習すると、受験勉強のスタートラインの押し上げになり、後々に楽になります。この機会に頑張ってみましょう!

 「勉強のやり方が分からない」という方、「一人で進めるのは難しい」という方など、お問い合わせは、下段(PCの場合は上段)のお問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  新津駅前校・新津事務局
  ☎ 0250-23-6699
  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544

 

【五泉市塾・五泉市個別指導】五泉駅前校開校のお知らせ

学習塾五泉市・阿賀野市安田・阿賀町・個別指導五泉市
学習塾五泉 学習塾村松 学習塾安田 学習塾津川 学習塾三川 

 新津・五泉地区に2校目となる教室が、3月1日に開校しました。JR五泉駅から徒歩2分、五泉駅前になります。

 KATEKYO学院 五泉駅前校は、1対1完全個別指導で生徒さんの学習指導と学習計画サポートを行います。

 期間限定の春の体験キャンペーンも行っています。また、開校記念キャンペーンとして、新規ご入会の方先着10名様にクオカード5,000円分を進呈いたします。

 KATEKYO学院 五泉駅前校で志望校合格、成績アップを目指しましょう!

 ご相談やお問合せは、下段(PCの場合は上段)のお問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544

【五泉市塾・五泉市個別指導塾】春期講習のご案内

学習塾五泉市・阿賀野市安田・阿賀町・個別指導五泉市
学習塾五泉 学習塾村松 学習塾安田 学習塾津川 学習塾三川

 「春期講習・体験キャンペーン」を実施いたします。1対1完全個別指導や家庭教師を試してみたい方、今がチャンスです。

・マンツーマン指導が合うのか試してみたい
・他の塾や家庭教師で習っているけれどKATEKYOを体験したい
・プロの先生から勉強のやり方をアドバイスしてもらいたい
・完全個別指導や家庭教師に興味はあるが内容がよくわからない
・成績アップ、弱点克服のきっかけにしてみたい
・大人数の集団塾はすぐに質問が出来ないので、すぐに質問が出来る塾を検討している  など

 このようなお悩みがあればこの機会にご利用ください。小学生から高校生、浪人生、社会人の方々まで、ご希望に応じて速やかに対応します。

春期講習・体験キャンペーン内容
受付期間 3月1日~4月28日

【1対1完全個別指導、家庭教師】
◇指導時間・回数・費用
小 学 生 45分×3回
      6,600円(税込)
中 学 生 90分×3回
      13,200円(税込)
高校生以上 90分×3回
      14,300円(税込)
      (上記以外の費用はかかりません)
◇対  象 KATEKYOをご利用したことのないご家庭
      小学生、中学生、高校生、既卒生、社会人など
◇そ  の  他 申込は一家族1回のみ
      契約日から原則1ヶ月以内の指導

 お問い合わせは、下段(PCの場合は上段)のお問い合わせをクリックいただくか、下記までお電話をください。

  五泉駅前校
  ☎ 0250-47-3544