新着情報

【新潟駅前校】国公立大学出願相談会

新潟市中央区 塾 高校生 大学受験 個別指導

 こんにちは、新潟駅前校 教務部の高野です。センター試験を受験した皆さん、大変お疲れ様でした。これまで頑張った学習の成果は十分に出せたでしょうか? 

 国公立大学志望の皆さんは、自己採点結果から出願校を決めなければなりませんね。高校の先生や塾の先生と相談をして、そして大手予備校の集計結果なども利用して、出願校を決めましょう。

 新潟駅前校でも国公立大学出願の個別相談会を実施します。日程は現受講生を優先させていただきますが、当校をご利用ではない生徒さんの相談会参加も可能です。一緒に出願プランを作りましょう。個別相談会のご予約やお問い合わせはお気軽にどうぞ。

●新潟駅前校 025-247-5577
       (10:00~19:00受付)

●新潟駅前校紹介ページはこちら

【新潟駅前校】中3生 頑張っています ~新潟県統一模試データより~

新潟市中央区 塾 中学生 個別指導 高校受験

 こんにちは、新潟駅前校 教務部の高野です。高校生や予備校生が中心の新潟駅前校ですが、最近隣の宮浦中学生を中心に中央区・東区の中学3年生も利用してくれています。その数は約20人。全員が完全マンツーマン指導を受けて高校受験に向けて頑張っています。

 その頑張りがテストの点数に現れてきたようで、学校内のテストだけではなく、協賛している新潟県統一模試の塾内平均点もかなり上がってきました。9月~12月の3回の模試の平均点グラフです(青線が全受験生平均点、赤線が新潟駅前校生平均点)。部活を引退した夏に頑張って勉強をし、その勢いを秋以降も継続できた成果が点数に現れています。この調子であともう少し、頑張れ中3生。

 親御様へ、今年は受験生主役の年末年始にしてあげてください。家族みんなで受験対策です。何かお困りごとや相談ごとがございましたら、お気軽に教育相談をご予約ください。

●新潟駅前校 025-247-5577
       (10:00~19:00受付)
●新潟駅前校特設ページはこちら

【新潟駅前校・小針校】中3生 冬休み特訓教室 満員御礼

新潟市中央区 新潟市西区 塾 中学生 個別指導

 こんにちは、新潟駅前校 教務部の高野です。冬休み期間に開催予定の少人数集団授業「中3生 冬の特訓教室」が定員に達しました。集団授業ではありますが「少人数」に制限し、生徒さん一人ひとりにきめ細かくフォローをさせていただきます。大変申し訳ございませんが、これからのお申込みはお受けできませんので、ご了承ください。

 集団授業は受付終了となりましたが、完全個別指導については教師スケジュールに若干の空きがありますので、まだ対応可能です。冬休みの学習塾利用をご検討の方は、まずは教育相談をお申込みください。教育相談にてベストプランをご提示いたします。教育相談のご予約やお問い合わせはお気軽にどうぞ。

●新潟駅前校 025-247-5577
       (10:00~19:00受付)

●小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付)

【新潟駅前校】中3生対象「冬期講習会」のご案内

新潟市中央区 塾 高校入試 個別指導 中学生

 こんにちは、新潟駅前校 教務部の高野です。中3生の皆さん、志望校は決まりましたか? 受験対策は順調に進んでいるでしょうか? 1か月後の冬休みが受験前の最後の長期休暇です。冬休みの学習計画をしっかり立てて、受験勉強を効果的に進める冬休みにしましょう。

 新潟駅前校でもそんな中3生を応援する冬期講習を2つ作りました。「うちの子には個別指導と集団授業のどちらが合うかしら?」とお悩みのお母さん、必見です。

<完全個別授業=KATEKYO冬の短期集中指導>
つきっきりで指導を行うので、生徒さんだけに合わせた内容
周りを気にせず質問できるので、恥ずかしがり屋さんにはもってこい
× 指導時間を増やしづらい
× アウトプット時間が不足しがち

<少人数集団授業=KATEKYO冬の特訓教室>
× 自分に合わない内容の時もある
× 恥ずかしがり屋さんは質問できない
指導時間を増やしやすい
アウトプット時間を確保できる

 

「どちらが合うか?」の結論! 両方受講するのが一番です。特訓教室の詳細はこちらをご覧ください。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

 新潟駅前校 025-247-5577
       (10:00~19:00受付)

【新潟駅前校】高3生・既卒生の新規募集の一時中止について

新潟市中央区 塾 大学入試 個別指導 高校生

 こんにちは、新潟駅前校 教務部の高野です。朝晩の気温が随分と下がるようになりましたね。受験生の皆さんは特に、体調を崩さないように気をつけてください。

 さて今回は残念なお知らせです。地域教育に貢献すべく「何かお手伝いできることがあれば」という思いで大学受験生(高3生・既卒生)の新規入会を、これまで受け付けてまいりました。
 しかしここにきて、大学受験担当教師陣のスケジュールが満タンになってしまいました。受験まで残り日数も少なくなり、教師スケジュールも確保できないことから、大学受験生(高3生・既卒生)の新規募集を一時中止させていただきます。「ラストスパートをKATEKYO学院 新潟駅前校で」と考えていた方、大変申し訳ございません。

 高2生、高1生の方へは担当教師のスケジュールが空き次第ご案内が可能ですので、引き続きご入会のご相談は承っております。中学生担当教師陣のスケジュールはまだ若干の余裕がありますので、中3生も含めてご入会は可能です。

 ご相談は新潟駅前校事務局までお気軽にどうぞ。
   新潟駅前校 025-247-5577
         (10:00~19:00受付) 

【新潟駅前校】集まれ高2生! 早期スタート応援キャンペーン

新潟市中央区 塾 大学入試 個別指導 高校2年

 こんにちは、新潟駅前校 教務部の高野です。新潟駅前校では高3生や既卒生が連日夜遅くまで、自習をしたり指導を受けたりと、頑張っています。担当教師も受験生に負けないくらい、一生懸命学習指導をしていますので、活気のある指導スペースになっています。

 さて、そんな受験生を横目に「まだ来年のこと」と油断している高2生の皆さん! このグラフをご覧ください。2019年卒業生と2018年卒業生のあるマーク模試の平均点データです。文系と理系のそれぞれ900点満点で、全国平均点を1とした場合の新潟県平均点を棒グラフにしています。青が高2・2月時点での模試データ、オレンジが高3・11月時点での模試データです。高3秋、受験勉強終盤ではだいぶ全国との差を詰めているものの、高2冬のスタートが悪いことが分かります。

 大学受験は全国のライバルとの争いです。全国平均点を上回りたいですね。そのためにもスタートです! 英語や数学といった1教科でもいいですから、受験対策を早めにスタートしませんか? 新潟駅前校のこれまでの先輩も高2の秋冬から受験対策を始めて、志望校合格を勝ち取っています。

 今なら、高2生の早期スタートを応援するお月謝割引キャンペーン「早割」を実施しています。詳しくは新潟駅前校事務局までお問い合せください。

 新潟駅前校 025-247-5577
         (10:00~19:00受付)

【新潟駅前校】指導実例⑥ ~新潟市内の高校2年生~

新潟市中央区 塾 大学入試 個別指導 高校2年

6回目の新潟駅前校指導実例紹介は、昨年の10月に当校で学習をスタートした高校2年生のケースです。

<新潟市内公立高校の2年生>
・女の子
・部活動なし
・2年生秋に入会
・関東私大経済学部志望
・他学習塾併用なし

・学校では理系コースに所属していたこの生徒さん。進路を考えるうちに「経済を学びたい」と文転を決意し、新潟駅前校の教育相談に来てくれました。私大文系で英数国を受験科目にする計画を立て、英語中心で国語(現古)もフォローする指導をスタートしました。120分6回コースです。

・さすが理系の生徒さんで、数学は模試でも偏差値60超えを安定して獲得していました。数学を武器にしつつ、英語と国語を戦える水準に上げるべく、基礎から徹底復習を開始しました。3年春での完成を目標に、英文法と古文法の指導とその復習、英単語の自宅学習とその小テストを毎週欠かさず実施し、英語の成果が現れます。

・3年夏には古文の成績も安定し、セ試を想定したマーク問題集では英語も国語も順調に点数を伸ばしました。秋には現代文の特訓、英語長文の苦手克服練習を行いました。模試の成績の不安定感はありましたが、問題慣れもしてきて、成績は上向きです。

・冬に保護者様と生徒さん、担当教師と教育相談員で4者面談をして受験計画を決定。第一志望の東洋大経営学部を中心に、受験校の過去問演習を行いました。

・センター試験では自己ベストを更新し、第二志望群のセ試利用合格を順調に獲得。ゆとりをもって第一志望校を受験し、見事合格! 生徒さん曰く「自分の学力と志望校に最適な指導をしてくれた」、「『これをやったら成績が上がる』とアドバイスをしてくれて、その通りに成績が上がった」とのこと。嬉しい合格体験を語ってくれました。

 

【教育相談員より】
この生徒さんのように関東私大受験を考えている方は、早めの受験対策スタートをしましょう。ご存知の通り、大学入学者の定員厳格化により特に人気の関東私大は、かなり厳しい入試となっています。「一昔前よりも偏差値が5ポイント以上も上がっている」というような分析結果も目にします。だからと言って、志望校のランクを下げるのが正解なのか? 特に高2生の皆さんは志望校を下げるのではなく、実力を上げて志望校合格を勝ち取れる計画を練りましょう。そのお手伝いを致しますので、まずは教育相談をご予約ください。一緒に「勝てるプラン」を作りましょう!

【新潟駅前校】指導実例⑤ ~新潟市内の中学3年生~

新潟市中央区 塾 高校入試 個別指導 中学3年

5回目の新潟駅前校指導実例紹介は、昨年の7月に当校で学習をスタートした中学3年生のケースです。

<夏休みから受験勉強をスタートした中学3年生>
・女の子
・7月に部活引退
・学習塾経験はなし
・学校の三者面談で
 「新潟高校目標」と宣言
・理数科目がやや苦手

 
・昨夏、ユーザーのお母様から「下の子の勉強を見てほしい」とご依頼をいただき、教育相談で初めてお会いした中学3年生の女の子。これまで学習塾にも行かず、部活もしながら成績は学年でトップクラスの頑張り屋さんでした。お母さんは「本当に新潟高校に行きたいの?」と疑っていましたが、ご本人の決意の強さを感じ「新潟高校を目指そう!」と学習指導をスタートしました。

・担当教師からは「基礎力は十分。応用問題や入試問題の経験を積ませることが必要」と最初の報告がありました。確かに模試でももったいないミスや時間配分のミスなどから、実力通りの点数を取れていない印象でした。ご本人とも相談し英数の学習指導を中心に本格スタートです。

・数学は基礎問題で点を落とさない練習、応用問題でも部分点を拾える練習を行い、模試点数は飛躍的に伸びました。英語は最初は停滞気味でしたが、根気強く英作文練習を行ったこともあり、冬には模試で9割近い点数を取れるようになりました。

・冬休みからは国語の古文対策、筆答検査と作文の対策、私立高校併願入試対策、公立高校入試過去問題演習を行い万全の準備を行うことができました。公立高校入試では数学が思った以上に難しく苦戦した様子でしたが、担当教師から事前にもらったアドバイス「難しい科目があったら、その分易しい科目もあるはずだから、気持ちを切り替えるように」の通り、他教科で点数を確保できたようでした。無事に市内私立高校と新潟高校普通科に合格。おめでとうございました。

 

【教育相談員より】
多くの中学3年生が春~夏に受験勉強をスタートしますが、「① どの高校に行きたいか、② その高校に行くにはどれくらいの点数を取らなければならないか、③ 自分は現在どれくらいの点数で目標点数まで何点必要か、④ その必要点数をどの科目で埋めるか」という戦略が必要です。今回ご紹介した生徒さんはこの戦略をある程度自分で作れていました。その上で「この科目、この分野を伸ばしてほしい」とお願いをしてくれました。的確な自己分析と情報収集も受験に必要な力ですね。「自己分析も情報収集も苦手…」という生徒さん、教育相談をご予約ください。入塾しなくても構いませんから、受験の第一歩である自己分析と情報収集を一緒に行いましょう。

【新潟駅前校】指導実例④ ~既卒生~

新潟市中央区 予備校 大学入試 個別指導 浪人生

4回目の新潟駅前校指導実例紹介は、昨年の7月に当校で学習をスタートした既卒生のケースです。

<大手予備校を利用中の既卒生>
・男の子
・高校卒業後、
 大手予備校利用中
  (難関私大コース)
・MARCH文系を志望
・英語指導を希望

・昨夏、教育相談に来られたのは、1浪目で新潟市内の大手予備校を利用している男の子とお母さん。第一志望校の模試判定はD~C判定で国語と日本史は安定して高得点を取れていますが、それら2科目と比較すると英語の偏差値がもう一つ、という状態でした。そこで難関私大の英語指導が得意な教師を担当にして、月4回90分コースでスタートします。

・担当教師からは「基礎的な知識も読解力もあるが、その知識の精度や活用力にムラがあるようで、それが正答率乱高下の要因だろう」と報告を受けました。単語や文法知識の精度アップのための指導を中心にスタートをしましたが、ペースアップが必要と判断し、ご両親と相談の上、秋からは月8回コースに変更していただきました。

・ペースアップが奏功し、知識精度も改善され、過去問を利用した読解力養成も成果を上げていきました。残すは時間内に読み切るための速読力でしたが、これも冬の頑張りで相当力がつきました。国語担当の教師からスポット指導を受け、3科目ともに模試結果は安定、冬には第一志望群の過去問正答率は軒並み8割超えで、ご両親と共に少しホッとした年越しができました。

・センター試験は目標得点率の9割には届かず、センター利用入試の受験戦略が若干狂いましたが、立教大学、中央大学、学習院大学をはじめとした一般入試は順調に受験できました。大本命の立教大学は残念でしたが、それ以外の一般入試受験校は全て合格。パチパチ。学習院大学へ進学しました。


【教育相談員より】

毎年10人超の既卒生をお預かりしますが、大手予備校や映像授業の塾を中心に据えて、当校をサブ的に併用する方が増えています。受験は情報戦ですから、大手予備校の情報はかなり大事です。完全マンツーマン指導の当校では受講生母数はそれほど多くなりませんから、情報量は他社さんにはかないません。この実例の男の子のように、苦手な科目、しかも完全マンツーマン指導に向く科目を単科で申し込む、という当校の利用法はとても理にかなっています。既卒生の皆さん、何かお困りの科目があれば、当校までご相談ください。どんなことでも構いませんので。

【新潟駅前校】指導実例③ ~新潟市内の高校2年生~

新潟市中央区 塾 大学入試 個別指導 高校2年

今回で3回目の新潟駅前校指導実例紹介。一昨年の7月に当校で学習をスタートした高校2年生のケースをご紹介します。

<新潟市内公立高校の2年生>
・女の子
・部活動なし
・2年生夏に入会
・国立大学法学部を志望
・他学習塾併用なし

・学校授業と進研模試で数学に苦戦中の生徒さんでした。模試の全国偏差値で英語と国語は60を超えるものの、数学は50を下回る状況からのスタートでした。数学の苦手克服を目指して、学校の教材を使用した授業が始まりました。1回90分で月8回のコースです。学校の教材はレベルが高いものなので、基本例題や練習問題を一緒に解くことを繰り返しました。

・3年生の春には、模試の偏差値が50に到達。学校授業の教材もある程度自分で進められるようになりました。夏には、文系科目で高得点、理系科目も平均点を超え志望大学群でB~C判定が出るように。順調に推移しました。

・秋には志望大学群の二次対策をスタート。冬には短期集中指導を受講し、数学のラストスパート。その甲斐あってセンター試験も目標点をクリアし、第一志望校はB判定、第二志望校の新潟大学はA判定。ご家族とも出願相談の面談をし、私立大学は受験せず新潟大学一本で勝負することに。

・センター試験後は英語の指導を中心に受講し、万全の状態で二次試験へ。そして無事に合格! おめでとうございました。今頃は、大学での新生活を楽しんでいるでしょう。地元なので、たまには塾に遊びに来てください。

 

【教育相談員より】
「数学が苦手」という文系の生徒さんを多くお預かりしますが、一朝一夕で数学の苦手を克服することは難しいです。特に時間との勝負になるセンター試験は、数学が苦手な生徒さんには高いハードルです。事実、過去3年間のセンター試験の科目別平均正答率は、数ⅠAが60.9%、数ⅡBが52.1%、英語筆記が61.8%、国語が55.5%。数ⅡBをどうクリアするかが、文系生の国公立大学合格のポイントの1つです。
 この生徒さんのように、受験対策の早期スタートでじっくり数学の苦手克服をするのがおススメです。たくさんの科目を勉強しなければいけない国公立大学受験、そして苦手克服に時間のかかる数学。数学だけでも高校2年生の夏から対策をスタートしませんか? 3年生になる頃には、数学にかける時間を減らすことができて、他の科目の対策を順調に進められると思いますよ。