新着情報

高校入試対策 明訓高校国語編 【新潟市 塾/家庭教師】

塾 個別指導 高校受験 新潟市西区 中央区 東区 江南区 北区 家庭教師


こんにちは、新潟小針校教務課です。前回に引き続き明訓高校の国語の傾向と対策をお話します。

令和2年度入試の問題と比較すると、まったく問題の構成に変わりはありません。大問は3問。大問1は評論文で小問は9、大問2は小説で小問は同じく9、大問3は古文で小問は6、と小問の数も前年と一緒です。大問2の小説については、令和2年度入試も令和3年度入試もスポーツに関連する内容でした。

大問1の問3「幅を利かせる」「矛盾」や大問2の問2「釈然としない」「前人未到」など、故事成語・慣用句の意味が出題されています。
毎年出題されていますが、対策として市販の問題集で慣用句・故事成語・四字熟語がまとめてあるものを購入し、ひとつずつ暗記してください。公立高校の入試では、こうした問題はあまり出題されませんが、明訓高校以外の私立高校でも結構出題されますので要注意です。
直前になって慌てて覚えるのではなく、今からしっかりと覚えていきましょう。

また、漢字の問題も公立高校私立高校問わず、必ず出題されますので、少しでも多くの漢字を覚えて得点源にしましょう。

大問1・大問2の本文の内容を問う客観式問題(本文の内容について正しいものや誤っているものについて選択肢から選ぶ問題)については、公立高校の入試問題や中学校の実力テストよりは難易度の高い問題です。「なぜこの選択肢を選んではいけないのか」「なぜこの選択肢が正解なのか」こうした問題を解くには、客観式問題の「くせ」をつかむ必要があります。その対策はズバリ「過去問」です。「過去問」を徹底的に解くことで、客観式問題の「くせ」をつかむことができ、意地悪な選択肢に引っかかることも減るでしょう。詳しい解説が必要な時は是非KATEKYOのプロ教師にご用命ください。

日々秋が深まると共に入試本番も近づいてきます。万全の高校入試対策はKATEKYOにおまかせください。お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから → 

高校入試対策 明訓高校英語編 【新潟市 塾/家庭教師】

 塾 個別指導 高校受験 新潟市西区 中央区 東区 江南区 北区 家庭教師

新潟小針校教務課です。今回は、明訓高校の英語の入試対策をお話します。

令和3年度の入試問題は、令和2年度から大問が1つ減って7問になりました。うち大問6と大問7は長文問題です。独立していた発音・アクセント問題は、大問5の会話文に吸収され、その分語彙・文法問題の難易度が上がっています。それでは、大問ごとに見ていきましょう。

 

大問1  
語彙・文法問題。教科書から大幅に逸脱しているような問題はないので、教科書に出てきた語彙を確実に覚えましょう。

大問2  
同じ意味の文を選択肢の中から選ぶ問題。各文の意味の難易度がやや高く、サクサク読んで意味を把握するのは決して楽ではないでしょう。確実な文法の把握を訓練しておくことが大切です。

大問3  
文の空欄に入る単語を考える問題。綴りのアルファベットのうち2文字のみ与えられ、そこから適切な単語を導き出します。単語の正確な綴りを覚えることが必要です。より多くの語彙を押さえておきましょう。

大問4  
単語の並び替え問題。それほど難易度が高くはない文法問題です。

大問5 会話文 大問6・7 長文問題   
公立高校入試は長文が1題ですが、明訓は2題です。難易度はそれほど高くはないですが、単語量が多いため求められるのは読むスピードと正確さです。内容のおおまかな理解に繋がる場合もありますので、長文を読む前に設問を見ておくのもオススメです。

 

明訓高校の英語は、とにかく分量が多いので、50分という限られた時間内で効率よく問題を解いていくことが必要とされます。
令和4年度の入試本番は、2月3日(木)です。A方式(専願)・B方式(併願)いずれの入試対策も万全の体制で応援します。

 

お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから → 

 

新潟県公立高校入試 社会を得点源にしよう【新潟市 塾/家庭教師】

新潟市西区 塾 個別指導 高校受験 新潟市西区 中央区 東区 江南区 家庭教師

こんにちは、教師の西方です。今回は、新潟県の公立高校入試において、暗記教科と言われる「社会」で是非高得点をとってもらいたいという思いから、まず手始めに「社会」に興味・関心をもってもらうために誰でも簡単に取り組める方法をいくつかお話したいと思います。

 

  ①ニュースを見る

    公民の教科書を見てください。その内容はまさに普段流れているテレビ・ラジオのニュースの見
    ているかに負うところが大きいと思います。政治・経済・環境など、現在の問題をきちんと伝え
    ている番組をしっかり見て興味をもつことが、実は公民の学力アップに繋がると思います。

  ②歴史はマンガで流れをつかむ

    歴史は語句の暗記以外に、大きな歴史の流れをつかむことが大切です。それには取り組みやすい
    マンガで描かれた歴史の本を読んでみることをオススメします。ドラマが好きな生徒さんであれ
    ばNHKの「大河ドラマ」を見ることも有効でしょう。

  ③購入したものに興味をもつ

    今日スーパーで買ったみかんの産地はどこの県か。夕食の牛肉はどこの国から輸入されたもの
    か。今着ている服はどこの国で作られたものか。こうしたことは、すべて「地理」の学習です。
    もし、お子さんと一緒に買い物に行く機会があれば、保護者の方から、そのような問いかけを
    してみるのもよいと思います。また、スポーツ中継等では昨今様々な国籍・人種の選手が活躍
    している姿が見られます。選手達のバックグラウンドについて、自分で調べたりご家庭で話し
    合ったりするのも地理に興味をもつきっかけになるでしょう。

 

「社会」という教科は、わたしたちの日常生活に密接な繋がりのある学問です。普段から身の回りのこと
に興味をもってもらうことが実は成績アップの近道かもしれません。

 

お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから → 

 

中2・高2生対象 受験対策早期スタート応援企画のご案内【新潟市 塾/家庭教師】

新潟市 塾 個別指導 高校受験 大学受験 家庭教師

こんにちは、KATEKYO学院新潟小針校です。KATEKYOでは、昨年好評だった早期スタート応援企画「早得」を今年も実施します。「一足早く高校入試・大学入試に向けての対策を始めたい!」という中学2年生、高校2年生のみなさんを全力で応援します。

高校2年生のみなさんには、KATEKYO自慢の教師陣が厳選した一人ひとりにピッタリの受験用教材をプレゼントします。
中学2年生のみなさんにも、英数国主要3教科の高校入試対策教材をプレゼントしますよ。

この機会をお見逃しなく!!

 

【対象】 中2高2生
  ※高2生はKATEKYO受講未経験のご新規さま

【受付】 10月1日 ~ 11月30日

【特典】
受験教材プレゼント
  高2:科目組合せ自由
            最大5,000円分の教材
  中2:3教科(
国数英) 冬期対策教材

 

お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから → 

大学受験対策は高2からがオススメ【新潟市 塾】

学習塾 個別指導 新潟高 新潟南高 江南高 巻高 明訓高 第一高 大学受験

みなさん、こんにちは。夏休みもあっという間に終わり、ほとんどの高校で授業が始まっていますが、コロナ禍の影響で休校になり落ち着かない日々を過ごしている生徒さんもいらっしゃるかと思います。

それでも大学受験は待ったなしです。共通テスト対策から国公立二次対策、私大対策まで入試対策はできるだけ早くスタートするに越したことはありません。今回は、高2の9月からKATEKYOでスタートした生徒さんの例をお話したいと思います。

 

Yくんのお宅からKATEKYOに電話をいただいたのは、彼が高2の9月でした。志望は私立大学の建築系。担当は、英数国の大学受験指導で10年以上の実績のある鷺岡先生です。実績市内の進学校に通学していたものの、高校からの課題等に日々の勉強は追われ、受験勉強はどこから手をつけたらよいか全くわからない状況でした。

先ずはじめに行ったのは、得点源になる科目、得意教科をつくることです。当初は国立大学も視野に入れていたため、5教科満遍なく勉強するのではなく、不得意科目は平均プラスαを目標に、得意科目で大きく得点を伸ばすという戦略をたてました。

 

英語は英文法から長文読解まで早めに準備ができたため、高3になる頃には語彙力がグングン伸び、それに伴い偏差値も上がってきました。
数学は当初実力不相応の難しい問題集を使用していましたが、途中で軌道修正し勉強も波に乗ってきました。
高3の夏には私大を第一志望としたため受験教科の英数を順調に伸ばすことができたのはよかったのですが、最終的に受験に必要のない国語も高3になってから偏差値が10以上アップしたのは、うれしい誤算でした。

 

受験直前、今までやってきたことが自信になっていたのかYくんは落ち着いた様子でした。
結果、中央大学理工学部、日本大学理工学部に無事合格。
鷺岡先生との勉強をスタートした当初は、周りに流されがちでやや自分を見失っていたようですが、先生には彼に合った勉強方法をみつけてもらい、早い受験対策で素晴らしい結果に結びつきました。

 

お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから → 

 

中学実力テストの活用法【新潟市 塾】

学習塾 個別指導 小針中 五十嵐中 黒埼中 小新中 関屋中 高校受験 

こんにちは、小針校教師の西方です。近隣の小針中学では先週2回目の実力テストが実施されました。

みなさん、夏休みの勉強の成果を発揮することはできたでしょうか。

これから高校入試直前までほぼ月イチで実施される実力テストですが、答案が戻ってきてそのままになっていませんか?

今回は、実力テストの有効な活用法をお話します。

 

 ①実力テストノートを作る
  実力テストの直し専用ノートを作りましょう。実力テストの答案をコピーして、間違えた大問ごとに
  ハサミで切り離して、ノートに貼り付けます。貼り付けたコピーの下に間違った問題を解きなおした
  ものを書いていきます。できたら、最初は解答解説を見ないでもう一度自分で解いてみましょう。

 ②まなぶはまねぶ
  「まなぶはまねぶ」という言葉があります。勉強というものは手本をまねることで内容を自分のもの
  にできるという意味です。
  この言葉を実践して、数学や理科の難しい計算問題や証明問題について、解答を見ないでも書けるよ
  うに丸暗記していきましょう。
  そうすることで、できなかった問題も少しずつ克服することができますよ。

 ③関連した問題を解く
  実力テストノートを作ったら、あまり時間が経たないうちに、間違えた問題と似た問題を解いてみま
  しょう。「新研究」等で似た問題がみつかる場合もありますし、KATEKYOの先生に聞いてみるのも
  オススメです。きっと良い問題をみつけてくれるはずです。
  また、この問題を解く際にも専用のノートを作るとよいでしょう。

 

さて、こうして実力テストで間違った問題やその関連の問題をまとめたノートがどんどん出来上がってくると、今後の実力テストや高校入試に向けた勉強の際、それらのノートを見返すことで自分の弱点を効率よくチェックすることができます。

ぜひ志望校合格に向けて、「実力テストノート」を上手に活用してください。

 

お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから → 

 

高校入試対策 国語も忘れずに【新潟市 塾】

学習塾 個別指導 小針中 五十嵐中 黒埼中 小新中 高校受験 

こんにちは。教師の西方です。今回は国語の勉強の進め方についてお話したいと思います。

国語は「勉強のやり方がわからない」という声をよく聞きます。読解力や表現力が必要となる国語の学力はすべての教科の基本です。

時間のとれる夏休みこそ、「国語力」をしっかりと身につけましょう。

 

 ①まずは、夏休みに漢字をたくさん覚えましょう。漢字は、高校入試において実は重要な得点源です。  
  「出る順」の問題集などを購入して、しっかりと書いて覚えましょう。

 ②例えば、新潟日報の「日報抄」や朝日新聞の「天声人語」など、新聞の一面のコラム欄の文章を毎日
  書き写しましょう。
  書き写す際には、できれば原稿用紙に書き写すようにしてください。そうすると、「これくらいの文
  章量だとだいたい字数はこれくらい」という感覚をつかむことができます。そして、文章の書き方・
  まとめ方をプロから学び取ることもでき一石二鳥です。

 ③古文の勉強も始めましょう。古文の本文をノートに書き写し、その脇に現代語訳を書いてください。 
  そうすることで、この単語や文法はこう訳すのかということがわかってきて、高校の古文の勉強への
  ステップにもなります。  
  また、英語と同様に音読も有効です。本文を書き写した際には音読してみましょう。

 

国語の勉強は後回しになりがちですが、今のうちに「国語力」をしっかり身につけることによって、必ず他の教科にもよい影響がでてきます。英語の長文問題や理科・社会の記述問題の得点アップも間違いなしです。

暑さに負けずに、遊びに勉強にともに頑張りましょう。

 

お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから → 

 

本日受付スタート 中3・高3進学相談会【新潟市西区 個別指導 塾】

学習塾 個別指導 小針中 五十嵐中 黒埼中 小新中 高校受験 大学受験

こんにちは。多くの中学・高校では夏休みに突入し、ワクワクしている生徒さんも多いかと思います。

オリンピックを観戦するもよし、海や山で思いっ切りリフレッシュするもよし、熱中症の対策やコロナの影響でまだまだ油断のできない夏が続きますが、勉強に遊びに夏休みを満喫してください。

さて、KATEKYOでは夏恒例の進学相談会の受付を本日よりスタートします。ご相談は先着順となりますので、定員に達した場合はご容赦ください。学校の面談ではよくわからない、志望校を決めかねている、苦手教科を克服したい等志望校のご相談から夏休みの効果的な過ごし方まで具体的にアドバイスいたします。

この機会を是非ご活用ください。

 

KATEKYO 夏の進学相談会

対 象  
 中3生・高3生  (既卒生も対応いたします)  定員計15名

②料 金  無料

③期 間  
 7月26日(月)~8月6日(金) お時間は直接事務局にご相談ください。

④内 容  
 志望校のご相談・入試本番に向けての勉強の進め方等。

 お時間は30分程度いただきます。

 できるだけ生徒さんご本人と一緒にお越しください。

⑤申込方法 
 直接お電話にて承ります。ご希望の日時をお知らせください。

 

お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから → 

中3生 夏休み攻略法 【新潟市西区 個別指導 塾】

学習塾 個別指導 小針中 五十嵐中 黒埼中 小新中 高校受験 

こんにちは。新潟小針校教師の西方です。いよいよ中学3年生にとって中学生活最後の夏休みがやってきます。

夏休みをばっちり楽しみつつ、高校受験に向けての準備も進めていきましょう。そこで今回は夏休みの予定の立て方をアドバイスしたいと思います。

 

①1日ごとの具体的な勉強計画表をつくる

 学校の夏休み計画表やカレンダーを用意して、その日その日にどんな勉強をするか、具体的に書き込みましょう。

 例えば「夏休み中にこの問題集のここからここまでは必ずやる」とまず決めて、それを日にちで割っていき、1日あたりに解くページ数分を予定表に書き込みます。ただし、あまりに無理な計画は止めましょう。1日の分量はあくまで現実的な分量にしてください。そうしないと、計画が遅れていって最終的には「ああ、もういいや」と投げ出す結果になってしまいます。 

 また、1週間に1日「完全休養日」をつくるのも良いかと思います。1週間のリズムができますし、1日しっかり休むことで「次の日から6日間しっかり頑張ろう」というモチベーションアップにも繋がるでしょう。

②1冊の問題集を確実にやり遂げる

 各中学校から、実力テストの関連で「新研究」や「整理と対策」の宿題が出ると思います。それ以外にも、夏休みにこれまでの内容をまとめた問題集の学校での購入希望をとる場合もありますので、余力があれば、そうした問題集を購入し、その1冊を完璧にこなすことで、「この1冊をやり遂げた」という自信にもなるでしょう。

 

コロナ禍でなにかと行動が制限されることも多いと思いますが、勉強以外にも何かひとつ思い出に残るような体験をしてみてください。

普段行けないような大自然の中で、思いっ切り羽根を伸ばす、というのもオススメです。

みなさんの夏休みが充実したものになりますように。

 

お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから → 

 

夏休み特訓教室間もなく締切です 【新潟市西区 個別指導 塾】

学習塾 個別指導 小針中 五十嵐中 黒埼中 小新中 高校受験 

中学3年生のみなさん、こんにちは。

7月に入り、急に暑くなってきましたね。もうすぐ夏休みです。来年の高校入試に向けての準備は進

んでいますか?

KATEKYOでは、今年も「頑張る受験生」のための応援企画「夏休み特訓教室」を開催します。

 

 ・勉強に集中できる環境づくりをしたい 

 ・生活のリズムを整えたい

 ・自分に合った勉強の進め方を教えてほしい

このような生徒さんへは、KATEKYO自慢のプロ教師が一人ひとりの生徒さんに合った「勉強のコツ」を伝授します。

高校入試頻出単元に絞り、少人数の対話形式で丁寧に授業を進めていきます。

 

中3生対象 夏休み特訓教室

  内容 : 60分×24コマ  数学・英語の徹底指導

  日程 : 7月22日(木)~7月30日(金)までの8日間 

       (7/25はお休み)

  料金 : 36,300円 (税込・テキスト代込)

  受付 : 7月10日(土)締切

 

お問い合わせ、お申込みは新潟小針校まで、お気軽にどうぞ。

 ●新潟小針校 025-230-7755
       (10:00~19:00受付・土曜は不定休)

 ●資料請求はこちらから →