新着情報

【受講生の皆様へ】新型コロナウイルスに関するお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国の小中高校に臨時休校の要請がありました。
新潟県内の各学校や公立高校入試に関する発表はまだございませんが、
KATEKYO新潟では指導や教室使用について以下の通り決定いたしました。

・通常の指導は行いますが、自習席の利用を当面禁止とします。
 教室入室時には手洗いや設置のアルコール消毒液で手をきれいにしてから入室を徹底してください。
 また、マスク着用を原則とし、咳などの症状がある場合は咳エチケットを行ってください。
・風邪の症状や37.5度以上の発熱がある場合は、当日であっても無理をせず、指導を休みとしてください。
  ※その際の当日キャンセルはやむを得ないものとして、振替授業を行います。
・感染の疑いがある場合は検査の結果が明らかになるまで通塾、受講は控えてください。
・新型コロナウイルスに感染した場合は、速やかに事務局までご連絡してください。
・塾内で感染が認められた場合には、一定期間教室を閉鎖します。

今回の決定につきましては、状況により内容を変更することがございます。

入試日を目前に受験生の皆さんの不安は大きいかと思います。
また、教室で自習をしていた生徒さんには大変申し訳なく思いますが、
何卒ご理解をいただきたいと思います。

事態が収束し、皆さんが安心して学習できる日を一刻も早く迎えられることを
スタッフ一同、心より願っております。

【新潟県公立高校入試ラストスパート】一次倍率が発表されました。

新潟県公立高校入試 個別指導 中学生 高校入試

公立高校入試の一般選抜の一次倍率が発表されました。
倍率の高い(1.5倍を超える)学校は7校。
 新潟南(理数コース)   1.87
 新潟江南(普通)     1.50
 新潟商業(総合ビジネス) 1.91
 長岡大手(家政)     1.58
 新潟(理数)       2.17
 新発田(理数)      1.67
 市立万代(英語理数)   1.80

↓各高校の詳しい倍率はこちらから

令和2年度新潟県公立高等学校入学者選抜一般選抜志願状況発表資料


最終倍率の発表は28日です。

公立高校一般選抜まで

カウントダウンタイマー

             頑張れ!受験生!!

【受講生のみなさんへ】新型コロナウイルス感染症について

KATEKYO新潟より新型コロナウイルス感染症についてご連絡します。

新潟県内での発生はまだありませんが、今後の感染拡大も考えられます。
またインフルエンザも流行期間を過ぎておりません。
マスク着用、うがい・手洗いを励行し、予防に努めてください。
特に、感染が確認されている関東圏で受験を控える生徒さんは、
十分に注意をしてください。

指導について
・入室時は必ずマスク着用、手洗い・アルコール消毒をお願いします。
・発熱、のどの痛み、咳が長引いているなどの症状がある場合には、受講を中止してください。
 また、そのような症状が受講中に見受けられた場合には、指導を中止します。

参考(厚生労働省)
新型コロナウイルスを防ぐには
新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

【新潟県公立高校入試対策ならKATEKYO】公立高校入試まであと20日!

新潟県公立高校入試 個別指導 中学生 高校入試

カウントダウンタイマー

表示は公立高校入試1時間目、国語の試験開始までの時間です。
残り20日を切りました!
※今年度の一般選抜の入試日は3月5・6日です。

多くの生徒さんが初めての入試で不安に思うことも多いと思います。
これまでの確認テストや模試の見直し、過去問演習など
入試までにやるべきことをもう一度整理して、入試本番を迎えてください。

でも、無理は禁物です。
体調管理、入試当日を意識した生活リズムは第一優先にしましょう。

入試倍率は一次倍率が2月21日に発表され、28日に発表される二次倍率で確定します。
入試のことでご不安なことがあれば、最寄りのカテキヨーまでご相談ください!


頑張れ!受験生!!
受験勉強 合格

センター試験まで1週間!

いよいよセンター試験まで1週間です。

不安になったり、緊張しすぎていませんか?
緊張のしすぎは良くありませんが、
緊張自体は悪いことではありません。
緊張するということは、
「失敗しちゃいけない!」
すなわち
「失敗しなければ合格できる!…かも」
と思えるくらいに頑張った証拠です。
緊張しつつも自信を持ちましょう。

試験前の準備や注意事項は学校や先輩からも
いろいろとアドバイスがあったと思います。
カテキヨーからは試験の心構えについて贈ります。

その①
 試験は加点マインドで受けましょう。
 「これもできる」、「あれもできる」です。
 皆さんがこれまでに身に付けた知識は、
 問題のいたるところに隠れています。
 出来ない問題や引っ掛けに惑わされずに、
 あなたが正答してくれるのを、
 待っている問題たちを漏らさずに
 見つけてあげてください。

その②
 センター試験をしっかりと体感してください。
 緊張しつつも、しっかりと地に足をつけて、
 あなたのペースで試験を受けることで、
 結果は自ずとついてくるはずです。
 またセンター試験は今年で最後です。
 この経験は皆さんの人生の大きな糧になります。   
 緊張しすぎて、気がついたら終わってたなんて、
 もったいないですよ。

今週も冷え込みそうです。
無理はせず、体調管理を優先しましょう。
また試験日は雨と雪の予報です。
防寒対策と早めの移動を心がけてください(^^)v

 

年末年始の営業について

今年も残すところ僅かとなりました。
年末年始の営業についてご案内いたします。

≪事務局の年末年始のお休み≫
2019年12月29日(日)~2020年1月5日(日)

この期間はHPからのお問い合わせや資料請求などの
申し込みをお受けすることはできますが、
ご対応については休止させていただきますますので、
ご了承ください。
年末年始のお問い合わせについては、
2020年1月6日(月)より順次対応させていただきます。
通常よりもお時間をいただきますが、
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、年末年始の期間中でも受講は可能です。
指導日時については、担当教師にご確認ください。
自習机の利用については各教室ごとの対応となります。
各教室にお問い合わせください。

【ご注意】弊社を名乗る不審な売込電話などにご注意ください

弊社と類似する社名を名乗り、生徒勧誘の電話がかかってくるなどの事案が確認されています。

弊社は電話による勧誘、及び正式な手続きに基づき入手した個人情報以外へのダイレクトメールの発送は一切行っておらず、弊社とは関係はございません。
このような事案では高額な教材を販売するなど悪質なケースもございます。無用なトラブルを避けるためにも、十分ご注意ください。

2020年 英語民間試験導入見送りについて

新潟県 2020大学入試 英語民間試験 高校生 塾 塾選び

11月1日、文部科学省が2020年から始まる
大学入学共通テストで導入される英語民間試験について
実施を見送る方針を発表しました。

英語民間試験については、
地域や家庭の経済状況など公平性に懸念があると言われてきましたが、
受験生の理解を得ることが難しいと判断されたようです。
今後は根本的な見直しを行い、
2024年(現中1)に新制度を実施する考えと発表がありました。

11月1日から始まる共通ID
各大学の入試方法の見直し
すでに申し込み済の英検S-CBTの対応    など
まだまだ不明な点も多く、
しっかりと情報収集を行わなればなりません。

高校2年生は、
民間試験導入はなくなりましたが、
しばらくは入試制度の調整が続くことも考えられ、
受験生の安全志向の志願、
推薦・総合型選抜希望者の増
などが考えられます。
浪人を避けようとする受験生が多くなると予想されます。

判断が後手後手にならないよう
しっかりと情報収集を行い、然るべき準備をしましょう。



心よりお見舞い申し上げます(台風19号発生)

この度、台風19号発生により、新潟県各地において土砂災害や河川の氾濫など
警戒レベルに達し、眠れない夜を過ごしたことと思います。

被災された皆様におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

なお、新潟県内の教室は平常通り開校しております。

一部エリアにおいて、現在、生徒さんの被災状況確認を進めております。


今後ともスタッフ一同、全力で生徒さんの夢の実現に向けて取り組んで参ります。
お困りの点がございましたら、各教室までご相談ください。

センター試験までもう少し あと100日の過ごし方 

新潟県 大学入試 センター試験 個別指導 塾

最後のセンター試験まであと100日です。

次年度からは新しい入試制度になるため、
安全志向の志願が予想されます。
志望校に合格するためにも、
ボーダーラインぎりぎりでの受験は
避けたいところです。

さあ、受験までの少ない日数で成果を上げるには、
どう過ごすべきでしょうか?
もう、あれもこれもやっている時間はありません。
自己分析をしっかりと行い、
やるべきことを着実にこなしていきましょう。

夏までの学習で、必要な知識をインプットする学習に取り組んだはず。
これからはインプットした知識を正しくアウトプットする学習が重要です。

そう問題演習です。

問題演習のポイント

①多くの問題経験を積みましょう
 センター試験や志望校の良質な過去問に取り組みましょう。
 できる限り年数は遡って、
 出題傾向を掴むことと、
 さまざまな出題形式の問題に触れ、
 入試本番に初見の出題形式の問題を少なくすることを心掛けましょう。

②模試を解きなおし、正確性を高めましょう
 これまでの模試の問題の中には
  ・できた
  ・カンで選んだら、たまたま正解だった
  ・本来ならできるはずなのに間違えた
  ・全くわからなかった
 この4つに分けられるはずです。
 特に大事なのは
  ・本来ならできるはずなのに間違えた 
 です。
 この中でも、解法のうっかりミス、段ズレなどのマークミスなど
 様々なミスが混在しています。

 入試で大切なことは正解数を増やすことです。
 この間違え方は致命的になりかねません。
 しっかりと振り返り、同じミスをしないようにしましょう。

③時間配分を意識して問題に取り組みましょう
 試験時間とペース配分を意識し、問題を取捨選択する判断力も入試では必要です。
 同レベルの生徒が同じ試験を受ける入試では合否の大きなポイントになります。

入試本番を平常心で迎えるには、本番のイメージで問題に取り組む事が大切です。
練習でできないことは本番でもできません。
残り100日は入試本番を意識した学習を心がけましょう。

1日の寒暖の差が大きい季節となりました。
体調管理にも配慮をしつつ、学習に取り組んでください。

ゴールはもうすぐです。

頑張れ!受験生!!