新着情報

新発田駅前校~指導実例③~

最後に高3生の指導実例です。
こちらは箇条気味の方がわかりやすいため、そのような表記とさせていただきました。

〈新発田市内の高校3年生男子〉
・第一志望は国際系の国公立かMARCH
・その割には本人のスイッチが入らない
・英語以外が苦手

★はじめの教育相談での状況
・2年生の2月進研早期マーク模試は369/900(得点率41%)
・数学がⅠA=54/100、ⅡB=16/100で、国語が76/200

★受講スタイル
社会はこれから自分でできるとのことで、文系受験なら高得点必須の国語と、弱点である数学指導で、教師2名体制。

★受講開始直後
・考えることがあまり得意ではなく、指導中に眠気が襲ってくることもしばしば。
・学校の授業が消化不良状態
・数学=雑な面があるため、基本的なことから確認⇒説明。
・国語=力はあるが、1度「わからない」と思うと自分でシャッターを閉じるタイプ

★秋ごろ
・数学=ⅡBはかなりきつかったが、基礎がしっかり身についてきて取れるところがしっかり取れるように。
・国語=私文対応できるように現代文を中心に強化し、過去問や古漢にも手を付ける余裕が出てきた。

★センター試験本番
・2月時点では16/100だったⅡBで46点
・同じく2月は76/200だった国語で171点
となり、トータル634/900まで上昇。
国公立の2次に専念するため、私立はセンター利用のみの出願。
国公立はA判定の大学も候補に挙がったが、本人の志望学科を優先し、C判定の静岡県立大学に出願して見事合格。

【教育相談員より】
力はあるのに、勉強不足により学校の授業まで消化不良になってしまっている生徒さんでしたが、
短期間でこれだけ伸びる生徒さんもいると教えてくれました。
今志望校の判定が思わしくない生徒さんでも諦めずに夢に向かって頑張って欲しいと思います。

新発田駅前校~指導実例②~

続いて夏にスタートした生徒さんの指導実例です。

〈新発田市内の中学3年生男子〉
・新潟工業高校が第一志望
・今頑張っているスポーツを、強い高校で続けたい
・ただ勉強は本人のやる気がイマイチ
・兄も当学院で受講していた

★はじめの教育相談(7月下旬)での状況
・定期テストは5教科合計で100点台
・数学以外はすべて苦手
・通知表では最低評価の教科もある

★夏休み
少人数の特訓教室もありますが、監視の目がありつつも、方向性をきちんと個別に示して本人に合わせて受講できるマンツーマン指導の回数を取ることを優先しました。
担当教師の初期分析は、
①理解力は悪くないが本当にやる気が無い
②慣れない勉強に対しての疲労感がすごく大きい
③2年生までの内容に穴が多すぎる
というものでした。よって、最弱点である英語はほどほどにして、それ以外の教科の穴埋めを優先的に行うことにし、得意の数学を織り交ぜることで本人の達成感を大切にした指導で進めることにしました。

★秋から受験まで
指導中は頑張ってくれるようになりましたが、宿題の達成率が芳しくなかったため、普段の水曜日の指導以外にも「自習に来る曜日」として月曜日と金曜日も通ってきてもらうことにしました。
おそらく夏休み終盤に受けた模試が5教科で112点という結果で、さすがに本人もピンチだと悟ったのか、この提案はすんなり受け入れてくれ、サボることなく通い宿題の達成率も上がっていきました。
比例するように模試の結果も伸び、受験直前には153点までアップしています。
(定期テストも128点⇒255点にアップ)
十分勝負になるところまで来ましたが、内申のこともあるため、あと一押し欲しいところです。
そこで、直前は理科に力を入れ(もともと数学は好きだったので伸びる要素はありました)、最後の追い込みをかけます。
そして何とか無事喜びの声を聴くことができたのです。

【教育相談員より】
何しろ1~2年生の穴が多かったことと本人の気持ちが前を向いていなかったことで、受験に間に合うか心配していました。「私立高校の併願が受からなかったら第一志望を諦めなくてはいけない」くらいの状況でした。無事併願に合格し、何とかギリギリ間に合いましたが、あと少しスタートが遅かったら違う結果になっていたかもしれません。

新発田駅前校~指導実例①~

中学生も高校生も3年生は、最後の部活の大会に力が入る時期ですね。
それが終わると本格的な受験勉強という生徒さんも少なくないことでしょう。
今回は新発田駅前校の生徒さんの実例をご紹介させていただきます。

〈新発田市内の中学3年生女子〉
・新発田南高校の普通科が第一志望
・当初は個別指導塾へ通塾
・志望校合格に不安を感じ、中3の春に当学院に切り替え

★はじめの教育相談(3月)での状況
・定期テストは370~400点くらい
・数学と理科が苦手
・内申点も不足している
・英語は英検3級も合格していて、ある程度自分でやれる自信あり
・自学の時間はしっかり取れているが、内容や効率が良くないかも

★春休みの模試受験
まずは現時点での力を把握してもらうため、模試を受験してもらうことに。
結果は数学22点、理科24点、得意なはずの英語も44点で、5教科トータル204点。
定期テストとはまるで違う問題内容に手が出ない様子。確かにこのままだと志望校合格は厳しい状況です。
そこでマンツーマン指導の体験を受講してもらうことにしました。

★1:1体験指導
指導を担当した教師の分析は、
①納得しないと次に進みたくないタイプ(でも進まざるを得ない状況だった)。じっくり時間をかけて説明してあげればきちんと力になり、本人も安心して次に進める。前の塾では1:2で自分以外にも生徒がいる環境だったため、説明がわからなくても、質問を遠慮してしまっていたとのこと。粘り強さと探求心はある。
②基本的には打たれ弱く、メンタルコンディションが学習効率に大きく影響するタイプ。その日の体調や精神状況に合わせて進めないと効果が出にくい。
③覚えることは比較的得意だが、勉強のやり方についての改善点多数
というものでした。
明らかにマンツーマン指導向きの生徒さんですね。
こうして数学と理科を中心に、英語をサブ教科としてマンツーマン指導がスタートしました。
(週1回120分)

★夏休み
学校の宿題はサッと済ませ、いよいよ「本当に自分に必要な学習内容」に専念していきます。
マンツーマン指導に加え限定開催の特訓教室に参加する一方、受験生としての自覚なのか、連日自習にも通ってきてくれるようになりました。
その結果、模試は272点(68点アップ)、9月の定期テストでも457点(58点アップで自己最高)と、
飛躍的に点数を伸ばし、受験に向けて大きな自信を持つことができた期間になりました。

★その後受験まで
秋からは国語の少人数講座に参加し、記述問題や筆答検査Bへの準備をすすめました。
学校の三者面談直前の模試では301点(入会前から97点アップ)、
筆答検査B模試も12点⇒75点へとアップし、学校の面談でも太鼓判を押されます。
そして3月には見事志望校に合格することができたのでした。合格おめでとう!

【教育相談員より】
おわかりのように夏休みが大きなポイントでした。
マンツーマンで彼女にとって必要な学習をとことん行い、特訓教室で他の受験生から刺激をもらい、
さらに自習に通ってくることで、効率の良い学習に集中して取り組むことができていました。
また、それがあったからこそ秋以降の受験勉強の負担が最小限になり、
学校独自検査の対策も余裕をもって行うことができたと言えます。
あこがれの職業があり、それを実現するために高校入学後も継続受講しています。
第一志望合格という大きな成功体験をした彼女なら推薦受験も視野に入れることができるでしょう。
そして3年後に再び指導実例としてここに登場してくれると信じています。

体験指導締切間近!(1:1個別&少人数グループ)

新発田駅前校の春の体験指導も、4/26で締切となります。

1.学校の定期テストと受験対策を並行したい受験生
2.学校の教材を中心に指導して欲しいと思っている方
3.大学受験にむけて、「暗記」よりも「理解」「主体性」を優先したい方
4.1:2~3の個別指導に通塾中で、受講教科を増やすと料金も通塾回数も増えて大変と感じている方
5.集団塾に通塾中で、効果が薄いのでは?と感じる教科がある方
6.オンライン指導などの、地域(新潟県や新発田地区)の情報がわからない学生の指導で不安を感じている方

ひとつでも当てはまる方は、ぜひこの機会に「KATEKYOのプロ教師による指導」をお試しください。

【完全個別指導体験コース】
新発田地区で長年の指導実績があるプロ教師による「完全マンツーマン指導」です。
・高校生(90分×4回)=19,000円
・中学生(90分×4回)=18,000円
・小学生(45分×4回)= 7,200円
※すべて税別価格
※夜19:00以降の枠は残りわずかです。

【少人数グループ指導体験コース(受験生)】
受験生(高3&中3)対象で、1グループ最大6名のグループ指導です。同じくプロ教師が担当します。
開講科目と時間帯は、
GL開講科目(2019新発田)
をご覧ください。
初めてGLを受講する方は1講座に限り初月無料体験を受け付けています。
※満席まで残りわずかとなっている講座もございます。

各コース詳細は新発田駅前校:0254-23-8899 までお問い合わせください。

新発田 個別指導 塾

新津駅前校・少人数グループ指導のご案内

4月5日(金)より2019年度の講座がスタートしました。新津駅前校では、KATEKYOのメインとなる完全1対1の個別指導だけではなく、少人数を対象とした一斉授業も行っています。また、これまで少人数グループ指導を受講経験がない生徒さんは、4月26日(金)までの申込に限り、体験キャンペーンで1ヶ月間無料で受講が出来ます。残り人数枠が少ない講座もありますから、お早目にお申込ください。

少人数グループ指導とは?

 少人数グループ指導とは、通常の指導とは違い、4~8名程度の少人数を対象とした一斉指導のことです。少人数グループ指導の目的は、プロ教師の授業をたくさんの生徒さんに受講してもらうこと、1対1では得られない外部からの刺激を感じてもらうこと、受験などに向けた強化学習を行うことなどです。

 我々は従来の「完全1対1個別指導、家庭教師のみ」だけでなく、新しい発想のもとに「個別&集団指導」の形態も打ち出しています。集団指導とは言え、教師の目が行き届く範囲の少人数クラスの編成です。 個別指導では自分の状況に最も適した内容で力を付ける、集団指導では他人の頑張りも体感させて競争心を植え付け、強化学習によって個別指導で得た力にさらに上乗せを図っていきます。個別と集団を両輪としたシステムです。

2019年度の講座内容は以下になります。

数字で見る首都圏私立大の超難関化!

これを見れば納得!日東駒専神の超難関化!
               KATEKYO学院



先日、「首都圏私立大は合格者数を大幅に削減している
ことで難関化している」というレポートをしました。
さて、およそ私立大の入試スケジュールも終わり、各大
学の志願者数が判明しましたので、その理由を確認して
みましょう。
「難しくなった」とは聞いていても、いまいち実感が持
てなかった人でも、この数字を見れば嫌でも実感できる
はずです。

【資料1】2019年度入試志願者数の前年対比
 
 早慶上理(早稲田・慶応・上智・東京理科)
 2018年度 約24万8500人 → 2019年度 約24万2000人
 全体で、約6500人の志願者 減 ➘
 
 GMARCH(学習院・明治・青学・立教・中央・法政)
 2018年度 約48万5000人 → 2019年度 約46万7000人
 全体で、約18000人の志願者 減 ➘

 日東駒専神(日大・東洋・駒澤・専修・神奈川)
 2018年度 約35万2000人 → 2019年度 約37万0000人
 全体で、約18000人の志願者

 まず早慶上理・GMARCHは合格者削減で一足先に難
関化が進行していました。これを受けて、受験生の多くは
「安全策」をとったのでしょうか、いずれも志願者数が
大きく減少しています。特にGMARCHは約18000人も
減少しています。
 日東駒専神は、それをそっくりそのまま引き受けたよう
に約18000人増加しています。日東駒専神の各大学も合格
者数を削減しているわけですから、偏差値が急上昇し、超
難関化したのも、よく理解できますね。


新高3にツケが回ってくる大学入試

どうしても合格したいのは、現役生も浪人生も同じ!
                 KATEKYO学院













2020年1月18・19日の両日。
最後となる大学入試センター試験が実施されます。

首都圏私大の難関化により、2019年度入試において進
学先が決まらなかった受験生は多かったはずです。と
いうことは、‶前年に比べれば、2020年度入試における
浪人生の数が増える〟と想像できます。
浪人生は、「今年こそは絶対に合格する!」と1年間、
それはもう必死に勉強します。
事実、昨年までのKATEKYOの浪人生たちも、一日平均
10時間の勉強を1年間継続していました。
新3年生も「今年は絶対に合格したい!」という気持ち
は同じはずです。ただし、例年と大きく違うのは、セ
ンター試験が次回をもって終了することです。
ご存知の通り、2021年度からは記述問題を含む「大学
入学共通テスト」が実施されます。
つまり、新高3生は現役時代はセンター試験対策を、
もし浪人してしまうと大学入学共通テストを受験する
ことになり、現役時と浪人時で、受験対策が異なって
しまうのです。

2019年度入試の影響で増えるであろう浪人生。それに
加えてセンター試験が最終年になることで、2020年度
大学入試は、史上稀に見る大激戦となる予感がします。
部活が終わったら本格的に受験勉強を…という余裕は、
2020年度の大学受験現役生にはありません。

KATEKYOでも、昨年の12月くらいから高2生、つまり新
高3生の入会が続き、例年よりも早く受験対策を始めた
生徒が多くいます。「3年になったら受験勉強を始めよ
う」と考えてる生徒に比べれば、3ヶ月以上も早く対策
を開始したことになります。
もし、この3ヶ月の差が合否を決定づけるとしたら…?

さあ、春休みから受験対策を始めましょう!

2019 KATEKYO春の体験キャンペーンはこちら

首都圏私大の難関化に挑む!

首都圏私大は、この3年で劇的に難関化!

新聞・報道などでご存知の方も多いかと思いますが、
政府の方針で、首都圏の私立大学は、合格者を定員の
1.1倍までしか出してはいけなくなりました。従来は、
入学辞退者
(例えば、明治大と日大に合格した場合、
明治大に進学し、日大への入学を辞退するケースなど)
を想定し、定員の倍以上の合格者を出していました。

しかし、その上限が定員の1.1倍までになったため、
2015年度以降、首都圏の難関・有名私大の合格が非常

に厳しくなってきていました。
大手予備校が予想する偏差値にも影響がでてきており、
GMARCH(学習院・明治・青学・立教・中央・

政)の各大学は2年前と比較して、偏差値が2.5程度上
昇しています。それに続く日東駒専神(日大・東
洋・
駒澤・専修・神奈川)の各大学も概ね2.5程度、高い場
合は5.0も偏差値が上がっています。
ここまでくると、
2年前とは別の大学を受験する感覚です。
当然、センター
利用型入試は定員も少なく、また上位大学を受験する生徒
が「滑り止め」として出願するこ
とが多いため、ますます
合格が難しくなっています。

経済系学部を例にすると、明治(政経-経済)はセンター試
験3科目での得点率は90%以上が要求されます。
また日東
駒専神では低くて70%以上、高ければ80%以上です。得
点率90%以上となると東大レベルです。

一方で、新大が全学部を平均すれば70%以上ですから、日
東駒専神にセンター試験利用型入試で合格しよう
と思った
ら、新大に合格できるレベル以上の学力が要求されること
になります。
2019年度入試では、KATEKYO柏崎から、
明治・青学・立教・中央、日大・東洋・専修にも合格者を
輩出して
いますが、いずれもセンター試験利用型入試では
なく、各大学が個別に実施する「一般入試」での合格でし
た。
「センター利用型入試」は、直接、受験会場に出向く必要
もないため、便利な受験方法ですが、ここまで難度
が高ま
っていることを考えれば、GMARCH、日東駒専神は、
一般入試での合格を目指すべきです。
新年度も国公立大希
望の現役生は多いはずですが、こうした現状の把握が、ま
ずは必要です。



前学年までの学習内容を確認しよう。実力テスト実施のお知らせ

いよいよ終業式が近付いてきました。

もうすぐ新学年を迎えます。皆さんはこの1年間で勉強した内容は、全て理解できていますか?

中学校の定期テスト、小学校の単元テストだけでは1年間の学習定着量を確認するには限度があります。

普段は確認することが難しい『真の実力』をKATEKYOで実施する実力テストで確認してみませんか?

テストの実施は下記教室となります。

小学生テスト: 新発田駅前校    東三条駅前校      高田駅前校  

中学生統一模試: 新発田駅前校 新中2統一模試   新中3統一模試

         高田駅前校 新中3統一模試   新中2統一模試

未入会の皆さんの受験も可能ですので、ご希望の方はお気軽に各事務局へお問い合わせください。

2年生のみなさん、受験までもう1年しかありません

センター試験が明日から実施されます。受験する生徒さんは不安と緊張が大きいかもしれませんが、これまで努力してきた自分を信じ、最大限の力を発揮しましょう。

高校2年生はセンター試験まであと1年しかありません。大学入試は高校入試よりも短期間での偏差値アップは難しいです。現在思うような成績が出ていない場合は、”もう時間があまりないから大変だ”ということを認識して即行動しましょう。

また、私立高校入試も来週から始まります。中学2年生も高校入試まであと1年です。高校入試は内申点も合否の判断材料です。定期テストで点数を取って内申点を確保しておかなければ、受験時に大きな不利となります。まずは来月の定期テストに向けてしっかり準備しましょう。定期テストが終了したら本格的な受験勉強のスタートです。

KATEKYOでは、センター試験終了後から教師の空きが徐々に出てきます。希望の曜日・時間を確保したいということであれば、この時期からの入会は特にお勧めです。

まずは最寄りの教室・事務局までお電話をください。