新着情報

お盆休業(8/12~16)について

お盆休み
この期間はHPからのお問い合わせや資料請求などの
申し込みをお受けすることはできますが、対応につい
ては休止させていただきますますので、ご了承ください。
お盆休業中のお問い合わせについては、
2020年8月17日(月)より順次対応させていただきます。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、お盆期間中も受講は可能です。
指導日時については、担当教師にご確認ください。
自習机の利用については各教室ごとの対応となります。
各教室にお問い合わせください。

KATEKYO新潟NEWS 2020.08-2

KATEKYO学院 新潟県家庭教師協会 個別指導塾

カウントダウンタイマー

 夏休み期間は自治体により異なる‼ 
2020夏 頑張る
本来なら、「待ちに待った夏休み」に突入している
はずが、今年はコロナ休校の影響で、夏休み期間が
短縮となりました。もうしばらくは登校しなければ
なりません。
また先日、新潟県教育委員会が発表した通り、高校
入試の出題範囲が狭くなったとは言え、授業進度は
なり遅れていますから、登校が多い方が良いです
が、自治体によっても、期間が異なります。

 Check it out‼② 学習の方向性‼ 
夏休み期間の長短の差はあれ、中3生が夏休みに行う
べき対策は、例年と全く変わりません。左表で確認
しましょう。
 クリックするとPDFでご覧いただけます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

まず、学校授業は、「単元ごと」に (表では→方向)
に進められます
。おおよそ、4~7月が「計算」、
9~11月が「関数」、12~1月が「図形」、2月以降
に「資料の整理」の各領域を学習します。領域が切
り替わるため、2年次を例にすれば、「1次関数」が
振るわなくても、その後の「確率」でには影響が出
ませんから挽回が可能でした。
しかし、範囲が広い(≒学習した全範囲から出題)実力
テストで、もうお分かりだと思いますが、入試は単
元ごとではなく「領域ごと」の出題が多くなります。
例えば、「『1次関数』と『関数y=ax2」の融合
問題」
のような出題です。
そもそも「比例反比例」の理解があるから、「1次
関数」が理解できるのであり、「比例反比例」と
「1次関数」が分かっているから、「関数y=ax2
の理解が深まるのです。
つまり、受験勉強において重要なことは、学年ごと
の復習ではなく、「領域ごとの総復習
(表では↓方向)

なのであり、表で言えば縦方向で勉強を進める必要
があるのです。
しかし、ここで問題が発生します。
例年であれば、約1か月にわたって学校授業がストッ
プする夏休みを利用して、「領域ごとの総復習」、
つまり「受験勉強」ができました。それが今年は、
長くても3週間、短かれば2週間で行わなければいけ
なくなってしまいました。
夏休みがあければ、再び「単元ごと」の学習に戻っ
てしまいます。次のチャンスは冬休みですが、コロ
ナの第2波が来ないという保証はなく、そうなれば
冬休みも短縮になる可能性も出てきます。
夏休み期間は短くなりますが、やるべきことはたく
さんありますから、いかに効率よく学習するかが重
要です

 Check it out‼② 関数対策 万全に‼ 
「関数対策を万全に ‼」と言っていますが、なにも
校入試対策だけを捉えて言っているわけ
ではありませ
ん。

上表の下段に、「高校 単元表」も載せておきました。
気づきましたか? 高校数学は関数がメインです。
「中学では数学が得意だったの
に、高校では
数学は苦
手に…。」という例は少な
くありません。中学までは
他領域で、苦手な
関数をカバーできていたため、数学
全体とし
ては得意意識があったかもしれません。しか
し関数がメインとなった高校数学で、そのメッキが
はがれてしまった、ということです。
特に普通科進学校・上位校の志望生は、関数を得意に
しておかなければいけません

 

 

KATEKYO新潟NEWS 2020.08-1

KATEKYO学院 新潟県家庭教師協会 個別指導塾 

カウントダウンタイマー

 共通テスト「取り扱い得点」に要注意‼ 

今回は、大学入学共通テスト(※以下「共通テスト)
英語における
「R(リーディング)とL(リスニング)」の取り扱い
についてです

新潟県高校生が志望することが多い国公立各大学の
取り扱い(得点比率)をもとにシミュレーションします。
まず、センター試験(※筆記200点・リスニング50点)と異
なり、共通テストではR(リーディング)・L(リスニング)ともに
100点で「R:L」は「1:1」です。
しかし、それぞれの取り扱いは各大学で異なり、
新潟大の「R:L」は「4:1」です。
200点満点の場合の得点は、
「R」は160点満点換算(共通テスト「R」得点×1.6)
「L」は40点満点換算(「L」得点×0.4)
の合計です。

 Check by Simulation‼      
 一覧を見てみましょう。状況としては、
AさんはR80点・L70点、BさんはR70点・L80点で
二人とも「英語」は150点で同点です。
ところが、各大学の取り扱い方によって、共通テスト
得点の150点よりも高くなったり、反対に低くなった
りする場合が出てきます。また、それは、
「R」の方が高得点の場合は高い取り扱いとなります。 
「1:1」を除けば、ほとんどが「R」を高く取り扱い
ますから、共通テストの英語においては、基本的に
「『R』重視」で臨んだ方が良いということになりま
す。ただし、「L」を軽視して良いわけではありませ
んので、ご注意下さい。
クリックするとPDFでご覧いただけます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 Check the Schedule‼      
去る6月30日、大学入試センターは2021年度大学入学
共通テストの日程を発表しました。
出願期間は2020年9月28日~10月8日
実施日は第1日程が「2021年1月16・17日」のほか、
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う学業の遅
れを
在学する学校長に認められた者
および1月
16・17日に
実施する試験の追試験を受験する者を対象に
第2日程「1月30・31日」を設けます(※1月30・31
日の追試験として特例追試験を2月13・14日に実施)。
大半の高校が「第1日程」を選択すると思われますが、
「第2日程」を選択する高校がないとは言えません。
また、「第1日程」で受験を予定していても、コロナ
やインフルで受験ができず、止む無く「第2日程」で
の受験になる可能性もあります。

クリックするとPDFでご覧いただけます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

そこで問題になるのが、「第2日程」が国公立大学の
出願締め切りの直前になるとい
うことです。
例年であれば、センター試験後、高3生は学校で「自
己採点」を実施し、それを大手予備校に送ることで
「判定(※A~Eなど)」され、それを目安に受験生は
出願先を決めます。大手予備校であれば、各大学の
英語R・Lの取り扱いを反映させた判定をしますから、
その判定はかなり信用できるものとなります。
しかし、「第2日程」の受験となった場合、その余裕
が全くありませんから、各大学の英語R・Lの取り扱
いを把握
していなければ、自身の共通テストの結果が
どのような
取り扱いの得点になっているか分からない
まま、出願することになります。
人生を決めかねない大事な大学受験に、このような
状態で臨んで良いはずがありません。
繰り返しになりますが、事前に志望校の英語R・Lの
取り
扱いをしっかりと調べ、模試を通じて、合格の
可能性を
確認しておく必要があります。

 

新潟県に公立大学開学予定【個別指導のKATEKYO学院】

燕市 加茂市 三条市 三条市立大学 高校生 学習塾 個別指導塾
*   *  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

みなさん、こんにちは。KATEKYOです。

去る6月27日(土)、2021年4月に開学予定の
【三条市立大学(仮称)】
学校説明会へ参加してきました。現在はまだ建屋も建築段階で、説明会は隣接の「三条看護・医療・歯科衛生専門学校」にて行われました。

説明会は午前10:00の部、午前11:00の部とそれぞれ参加定員が20名、コロナウイルス対策のため、座席間の距離もソーシャルディスタンスを保った中での説明と質疑でした。保護者の方や生徒さん、塾関係の方、学校の先生と思われる方、報道関係者など多くの方が参加されていました。

 さて、説明会は主に配布されたパンフレットに沿った内容でしたが、その中で注目すべき点を挙げると以下の通りです。

・三条はもの作りに長けた企業をたくさん有し、それらの企業と連携(産学連携実習)しながら実際にもの作りを通して、技術だけでなくマネジメント能力も兼ね備えた人材育成を目的とする

・公立大学であり、授業料は国公立大学と同様の年額535,800円(実験・実習費除く)

・入学料も国公立大学同様の282,000円だが、三条市在住の生徒は半額

・2021年度の入試において、一般選抜は大学入学共通テストを利用せず、個別試験のみ実施
 受験教科は
 「英語」
 「数学Ⅰ~Ⅲ、A、B」
 「理科(物理基礎)、物理」の3教科受験


・2種類の学校推薦型選抜入試
 (後述します)


その他の細かな質問に対しては、「詳細な内容は許認可が下り次第、8月配布の受験要項で確認してほしい」という回答が多かったです。

因みに名称は、
さんじょういちりつだいがくという呼び名ではありません。

さんじょうしりつだいがくとなる予定だそうです。


 新潟県内国公立大学のうち、工学部がある大学は「新潟大学」、「長岡技術科学大学」の2校です。つまり、3校目となります。

特筆すべきは、2種類の学校推薦型選抜入試です。
1.市内推薦・・・定員数5名
「出願資格」
三条市内に所在する高等学校をR3年3月末に卒業見込みの者、またはR2年4月1日以前から三条市に在住する者で三条市外の高校をR3年3月末に卒業見込みの者。

2.工業系推薦・・・定員数3名
「出願資格」
工業高等学校をR3年3月に卒業見込みであり、工業に関する教科・科目を20単位以上習得(見込み含む)した者。

市内推薦の場合、三条市内の高校へ在学している生徒さんや、三条市民で三条市外の高校に通う生徒さんでも要件を満たせば受験できるということです。
一方、工業系推薦の場合、工業系高校の生徒さんは要件を満たせば受験が可能ということになります。

ということはです。新潟県央工業高校に在学中かつ三条市内に住んでいる生徒さんであれば、市内推薦と工業系推薦のどちらも可能になります。

学校推薦型選抜の試験科目
●書類選考(詳細は要項にて確認)
●個別学力検査・・・数学ⅠA、数学ⅡB、理科(物理基礎)
●ワークショップ・・・課題テーマに対するディスカッション

 入試初年度ですから、過去問が無い中で取り組むことにはなりますが、大学側から想定問題などの開示もあるようです。数学や物理の難易度はどの程度かは分かりませんが、工学部二次試験と同等レベルと考えておくべきでしょう。科目に関する勉強は推薦型選抜に限らず、日常的な取り組みが必要で、それ相応の準備が必要になってきます。また、ワークショップは独自に対策を立てることは難しいでしょう。グループディスカッションは、テーマが与えられて、解決策を見出すために小集団で意見交換を図るというものです。ともすると、そのテーマは工学系によったテーマかもしれません。そのような場合、工学系の知識を身に付けておくことが必要かもしれません。

KATEKYOで勉強している生徒さんでも、この大学に入りたい!!という方もいます。

科目数が少ない初年度の入試だからと高をくくっていたらいけません。難易度も不明、出題傾向すら分からないのが現状です。一般選抜であれ学校推薦型選抜であれ、数学や物理は受験科目に必要です。

公立大学の偏差値レベルは一般的には低くありませんから、相応のスキルをもって受験に臨む必要があります。


KATEKYOでは、
「夏のマンツーマン指導体験キャンペーンを開催しています。

この三条市立大学はもとより、国公立大学工学部狙いの方はぜひ、社会人プロ教師によるマンツーマン指導をはじめてみませんか。

KATEKYOには、何年にもわたって学習指導に従事している大学受験のプロ教師陣が揃っています。

「数学Ⅲ」
「物理(発展)」
「化学(発展)」 など
大学受験指導まで対応しています。

ご相談やご心配のある生徒さんはKATEKYOまでお問い合わせください。

まずは、相談してみたい方はこちらよりお申込みください。
資料請求


2021年3月新潟県公立高校入試について

みなさん こんにちは。

休校措置による学習の遅れで懸念されていた2021年3月実施の新潟県公立高校入試について、出題範囲を例年よりも1割程度、縮小されることが新潟県教育委員会より発表されました。

出題範囲から除かれるのは、以下の3年生の3学期(前後期制の学校にあっては後期の後半)に学習する内容です。

 国語:「書写」
 社会:「国際社会の諸課題」公民分野
 数学:「標本調査」
 理科:「科学技術と人間」第1分野
    「自然と人間」第2分野
 英語:「間接疑問文」

また、特色化選抜は、出願資格に大会やコンクール、資格試験などの実績要件を設けないことも発表されました。詳細はまだ発表されていませんので、特色化選抜での入試を検討していた生徒さんは情報収集をしっかりと行うようにしてください。

さて、出題範囲が狭くなるということは、予期せぬ範囲の出題やこれまでの出題傾向とは違う問題を想定する必要があります。ちなみに理科の「自然と人間」は2020年実施では出題された内容です。間もなく来る夏休みでは、基礎事項の徹底はもちろんですが、多くの問題に触れ、入試本番の問題で初見の出題形式にも対応できるように対策しましょう。

現在、KATEKYO学院の各教室では夏期講習を受付中です。

夏期講習リンク画像

 

【新型コロナウイルス】教室利用の一部再開のお知らせ

「新型コロナウイルス感染拡大防止のための施設の使用停止等の協力要請」が、
5月5日に改定され、学習塾が休業要請の協力依頼を行う施設から外れました。

よって、先日ご案内した通り、5月7日から教室の使用を一部再開いたします。
当面はマンツーマン指導・少人数制指導のみとし、自習利用は禁止といたします。
自習利用の再開については、今後の状況を見て、判断いたします。

なお、教室利用については、国や県の方針によって、急な変更が今後もあるかもしれません。
感染防止にご理解ご協力をお願いいたします。


新型コロナウイルス感染拡大防止のための施設の使用停止等の協力要請に伴う教室利用の停止について

4月21日新潟県より
「新型コロナウイルス感染拡大防止のための施設の使用停止等の協力要請」が発表されました。
KATEKYO学院の多くの教室が休業要請の協力依頼を行う施設に該当します。
※特措法によらない協力依頼を行う施設(床面積が1,000㎡以下の大学、学習塾などの施設)に該当しています。

生徒さん、従業員の感染防止を第一優先として、
4月24日から5月6日までの期間、
県内すべての教室の指導及び自習利用を停止することを決定しました。

教室利用休止の臨時措置として、停止期間中のご自宅指導を承ります。
自宅指導を希望するご家庭は最寄りの教室にご相談ください。
※お住まいの地域によってはお受けできない場合もございます。

停止期間中でも各教室の教育相談員は待機しておりますので、
何かご不明な点があれば、いつでもお問い合わせください。


新型コロナウイルス感染症に関する対応について

新型コロナウイルス感染症の防止対策として、
県立高校が4月16日から5月6日まで再休校となることが決定され、
これに伴い、一部の私立高校や小中学校でも休校が決定されました。

(株)KATEKYO新潟では 換気の励行、マスクの着用、座席の距離を離すなどの
対策を行いながら、指導を継続しております。  

また、3月の学校休校以降、自宅指導(家庭教師)を含む新規のご依頼や
「学校休校の期間だけ通いたい」など、指導に関する様々お問い合わせをいただいております。 

今回の休校措置で改めて、生徒さんだけでなく保護者様も不安を感じていることと思います。
ご要望に応じて対応させていただきますので、詳しくはお近くの教室までお問い合わせください。

新学期スタートです。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が気になるところですが、
新潟県の小学、中学、高校が新学期をスタートしました。

新学年のあわただしさに加え、1か月以上の自宅待機後の授業です。
集中できない状況で、前学年の未履修単元と新学年の単元を習うことになります。
お子様が理解不足にならないように早めのケアをお願いします。

カテキヨーでは感染防止に配慮しながら指導を実施中です。
4月25日まで春期キャンペーンも受付中です。
マンツーマン指導だけでなく、少人数制指導もあります。
事務局までお問い合わせください。



 

【新型コロナウイルス感染症対応】新高1スタートダッシュ講座中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う小中高校の休校および、
新たに新潟県内での感染者が確認されたことを受け、

今春開催を予定しておりました「新高1スタートダッシュ講座」を
全教室中止の決定をいたしました。

すでにお申込みいただいているご家庭、生徒さんには
ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

また、今後折り込みされるチラシにて本講座を告知しておりますが、
開催はございませんので、ご了承ください。

※マンツーマン指導、教育相談は
 ご家庭のご了承のもと随時行っております。
 詳しくは最寄りの教室にお問い合わせください。