新着情報

テストを使った勉強法【 上越 塾 個別指導 】

高田駅 春期講習 城東中 城北中 高田北城 高田高校 上越市 妙高市 附属中

KATEKYO学院高田駅前校の小林です。新緑の美しい、さわやかな季節になりました。高校生の皆さんは、中間考査が終わり一息ついている頃でしょうか。1年生も3年生もテスト結果は大事ですが、もっと大切なのはその結果を次へ活かすことです。テストの記憶が薄れないうちに、解き直しや復習をしっかりやっておきましょう。

日頃の勉強に「ノートまとめ」を取り入れている方は多いと思います。学習した内容をもう一度自分で確認し、整理することができるので、勉強法としてはとても有効です。しかし、「ノートまとめ」学習には問題点もあります。それは、時間と手間がかかりすぎるということです。そのため、テスト範囲が終わらなくなってしまったり、またギリギリでなんとか終わっても、テスト対策に必要な問題演習の時間が取れなかったり、ということになってしまいがちです。また、定期テストはだいたい、問題集やワークの提出がセットになります。限られた時間で、効率良く勉強を進めることが必要です。

それでは、どのように勉強を進めれば良いでしょうか?

私がお勧めするのは「“苦手なところ限定”まとめメモ」を作る、という方法です。範囲の最初のほうから順番に全部まとめていく「ノートまとめ」と違って、「自分が覚えていないところ、しっかり理解できていないところ」をピックアップして、ノートやルーズリーフにメモを作ります。できれば、一つの事柄についてA4~B5一枚以内にまとめられると良いと思います。

中間考査の答案を見直してみましょう。「ここは特にダメだったな」「ここは授業で説明を聞いてもよくわからないままテストを受けてしまったな」というところが、必ずあると思います。まずはそこから始めましょう。

例えば、今回の日本史が旧石器時代から古墳時代までが範囲だったとします。それぞれの時代の遺跡に関する問題ができなかった人は、白地図に旧石器時代・縄文時代・弥生時代・古墳時代それぞれの代表的な遺跡と簡単な特徴を書き込んでみると良いでしょう。また、古墳時代に関する問題ができなかった人は、前期・中期・後期の古墳の特色をひとつの表にまとめてみましょう。まとめるのが苦手な人は、教科書や資料集の図表などを参考にしても良いと思います。自分の手で改めて書いてみると、しっかり理解できるものです。そのようにして「“苦手なところ限定”まとめメモ」を作っていくと、自分専用のチェックノートができます。

これは定期考査対策だけでなく、模試や入試対策にもそのまま活用できます。春はこの勉強法を始めるにもうってつけの時期です。ぜひ皆さんの日々の勉強に取り入れてみてください。

 

 高田駅前校・上越事務局
 ☎ 025-522-5511

受験勉強、進んでいますか?【 上越 個別指導 塾 】

上越市 妙高市 糸魚川市 高田駅 大学入試 大学受験 高田北城 高田高校 新井高校

こんにちは。KATEKYO学院高田駅前校の梅津です。吹く風も心地よく、運動にも学習にも何をするにも適した爽やかな季節になりました。新入生のみなさんも学校生活に慣れてきた頃でしょうか。高校3年生の皆さんは、そろそろ部活動の大会が終わり本格的に受験勉強に取り組み始めていることと思います。

これまで2度実施された大学入学共通テストでは、これまでと違って問題文の量がとても多くなりました。たくさんの情報を短時間で的確に読み取る力が必要となっています。国語では2つの文章を比較して考察する問題、数学ではセンター試験にはなかった日常生活を題材にした新しい傾向の問題や解決の過程を重視する問題が出題されました。これらの問題に対応できるよう、準備をしていく必要があります。

そこで今、受験生の皆さんに取り組んでほしいことは、基礎・基本の確認です。いきなり受験対策の問題集を始めても、分からないことが多いと時間がかかり効率的ではありません。基本的な解法を確実に身につけてから応用問題に取り組むことをおススメします。

 

私が担当している大学入試対策の少人数グループ指導では、6月に数学A、7~9月に数学ⅡBの内容を復習していきます。少人数での授業なので、それぞれの質問にも対応しながら進めています。また、10月からは共通テスト対策問題に取り組んでいきます。

受験勉強を始めたけれど効率的に進まないと困っている方は、ぜひ一度KATEKYO学院にご相談ください。

 

 高田駅前校・上越事務局
 ☎ 025-522-5511

ダラダラ勉強にご注意を【 上越 塾 個別指導 】

高田駅 城東中 城北中 城西中 高田北城 上越市 妙高市 附属中

みなさん、こんにちは。KATEKYO学院高田駅前校のOです。

ゴールデン・ウィークが終わりましたが、皆さん調子はどうでしょうか?体調を崩したり、何となく学校へ行きたくない気持ちになったりしていませんか?

新年度が始まり、1ヶ月が経ち、新しいクラスや新しい先生、新しい環境にも慣れて緊張も解けてきた頃だと思います。「慣れる」というのは人間にとって必要なことですし、良いことなのですが、難しいもので、人間、「慣れる」と「怠け」心が出てきてしまいます。ここで自制できるかどうかはとても大切なのですが、それ以外にもう1つ気をつけなければならないことがあります。

怠け心は必ずしも「しなくなる」という形で現れるとは限らないのです。例えば、「年度始めは帰宅後すぐに復習していたのに、今はしていない」というのは、「やっていない」ことがはっきりわかりますから、自覚も反省も、そして改善もしやすいのです。気をつけなければならないのは「惰性」で続けている場合です。この場合、見た目としては継続しています。そのため自分がしていないことを自覚しにくいのです。自覚しなければ、現在の状況を変えることはできません。

年度始めに決めたことを、今でも実行しているという皆さん、その内容が実際に身になるものであるかをよく考えてみましょう。もし、これまでに習った内容(特に最近習った内容)を思い浮かべてみて、はっきりと思い出せない、問題を解いてみても解けない、という場合は惰性で机に向かっているだけ、という可能性が高いと言えます。ぜひ、目標や自分自身の心の在り方、目標に向かう自分の姿勢を確認してください。

 高田駅前校・上越事務局
 ☎ 025-522-5511

高田駅前校の少人数グループ指導【 上越 個別指導 塾 】

春期講習 高田駅 高校入試 大学入試 城北中 城東中 附属中 高田北城 上越市

KATEKYO学院 高田駅前校です。当校では、完全1対1指導だけでなく、最大8名までの少人数グループ指導も実施しています。少人数グループ指導は各学年に合わせたカリキュラムを設定していますが、教師の目の行き届く範囲で授業をしながら個別に対応していきます。学習指導はもちろん、学習計画の立案(宿題の設定)も行って、生徒さんの学習をフォローアップいたします。

現在は中2生~高3生までの英語と数学のコースで受講生を募集しています。中2生は1対1指導のプレスタートとして、5教科対応可能な「問題演習コース」も新たに導入しています。さらに、週2回の通塾指導+自習通い放題とお得なコースも設定可能です。下記カリキュラムで実施していますので、お気軽にご相談ください。

高田駅前校・少人数指導講座一覧

 高田駅前校・上越事務局

☎ 025-522-5511

今年度の目標を立ててみよう!【 上越 塾 個別指導 】

高田駅 春期講習 城東中 城北中 高田北城 上越市 妙高市 附属中

みなさん、こんにちは。KATEKYO学院高田駅前校のOです。

進学・進級おめでとうございます。

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、「今年度の計は四月にあり」です。新年度になり、気持ちも新たに、やる気満々のこの時期に今年度の目標と計画をたててみましょう。ぜひ参考にしてみてください。

まず初めに下の見本のように用紙を作ります。なるべく大きな紙(A4以上)を用意して、4月から3月まで12か月に分けて横線を引きます。この時、8月と12月を他の月よりも太めの線で囲みます。夏休みと冬休みの目印です。次に縦に3等分して線を引きます。そして、それぞれの月の一番左側のマスにその月にある行事、例えば定期テストや部活動の大会、習い事の発表会などを書き込んでいきます。これで下準備は終わりです。

さて、準備が終わったら、今年度の終わりにどんなふうになっていたいのかを考えてください。今年度の目標です。目標を立てたら、8月と12月の真ん中のマスに中間目標を書き込みます。

最後に、目標を達成するために月の終わりにどうなっていなければならないのかを考えてください。この時、先ほど書いた行事をみて、その学期に何があり、その月がどの程度忙しいのかを考えるのを忘れないでください。そして、それぞれの月末の目標を各月の右のマスに書きます。

これで完成です。この用紙を毎月初めに確認して、その月の具体的な計画を立てていきます。計画は週ごと、10日ごと、または15日ごと(月末はきっちり10日や15日にはなりませんが)で立てると良いです。どのスパンにするかは自分の目標達成に必要な時間や忙しさなどと相談しながら考えてみてください。

新年度を「迎えたばかり」だと思っていると、4月はとても慌ただしく過ぎて、あっという間にゴールデンウイークになってしまいます。「今年度の計」は先延ばしにせず、ぜひ、「今日」立ててみてくださいね!

現在、KATEKYO学院高田駅前校では春の体験指導キャンペーンを実施中です。皆さんの目標に向かって私たちプロ教師が完全マンツーマン指導でサポートします。この機会にぜひ体験してみませんか?お気軽にご相談ください。

 高田駅前校・上越事務局
 ☎ 025-522-5511

新学年の勉強はここに気を付けよう【 上越 塾 個別指導 】

高田駅 春期講習 城東中 城北中 高田北城 上越市 妙高市 附属中

KATEKYO学院高田駅前校の小林です。

新年度が始まりましたね。春は心弾む季節ですが、進学・進級などで大きく環境が変わる時期でもあります。特に、新中学1年生、新高校1年生の皆さんは新しい環境で新しい友達をつくったり、日々の教室移動で迷子になりそうになったり、大量の新しい教材の重さに驚いたり・・・と大変なことだらけの毎日だと思います。また、最初の定期テストも視野に入ってきます。「ついていけるか自信がない・・・」という人も多いのではないでしょうか。

この時期の生徒さんを見ていると、課題や予習復習など決められたことをきちんとできている人が意外と少ないように思えます。怠けているわけではなく、「定期テストがもうじきあるけど、その先の模試も心配だし」「英語の予習をしたいけど、数学の復習もしないと」などと焦るあまり何にも手がつかない、というパターンが多いようです。気持ちはわかりますが、それでは何も身につきません。まずは目の前のことに1つずつ集中して取り組みましょう。

なかでも、基本的なことではありますが「学校の課題にしっかり取り組む」ということを改めて意識してみてほしいと思います。学校の課題は、各教科の先生が経験と熟考の上で、その時期の皆さんに一番必要な力をつけるために選び抜いたものを出しているはずです。締め切りに追われながらなんとか終わらせて急いで提出、などということをしてはもったいないのです。課題は余裕を持って進め、できなかったところの解き直し・確認を必ずするようにしましょう。「終わらせる」ではなく「身に付ける」ことを目指して取り組んでほしいのです。同じ教材を使って勉強しても、その向き合い方で後に大きな差が出ます。せっかく一生懸命取り組むのなら、自分の力を伸ばせる方法を選びたいですね。

私が担当している生徒さんとは、課題や日々の学習の取り組み方の指導はもちろん、毎日の家庭学習の予定も一緒に立てながら勉強を進めています。一人ではどうしてもうまく学習が進まない、とお悩みの皆さん、ぜひ一度KATEKYOにご相談ください。

現在、KATEKYO学院高田駅前校では春の体験指導キャンペーンを実施中です。皆さんの目標に向かって私たちプロ教師が完全マンツーマン指導でサポートします。この機会にぜひ体験してみませんか?お気軽にご相談ください。

 

 高田駅前校・上越事務局
 ☎ 025-522-5511

春休みにやっておきたい学習単元【 上越 個別指導 塾 】

春期講習 高田駅 高校入試 大学入試 城北中 城東中 附属中 高田北城 上越市

KATEKYO学院 高田駅前校です。新学年にむけて学習の準備をしていくためにも、この春休みに復習しておいたほうがよい項目をまとめてみました。中学生は5教科、高校生は英語と数学です。計画の参考にしてみてください。

 

【新中2】

 国語:文法(文の成分、文節相互の関係)

 数学:正負の加減乗除、文字式、一次方程式、比例・反比例、立体の表面積、体積

 英語:be動詞、一般動詞、進行形、疑問詞の疑問文

 社会:世界・日本の地理、安土桃山時代までの復習

 理科:植物の分類、地層と岩石、気体、水溶液、音・光

 

【新中3】

 国語:文法(品詞、活用の種類、活用形)

 数学:連立方程式、一次関数、図形の合同、確率

 英語:助動詞、比較、不定詞、動名詞

 社会:日本地理、江戸時代~近代の歴史

 理科:電流の性質、天気、湿度計算、動物の分類、化学変化(化合・分解)

 

【新高1】

 英語:中3までの復習、文の要素(S・V・O・C)

 数学:中3までの復習、式の展開、やや高度な因数分解

 

【新高2】

 英語:助動詞、不定詞、関係代名詞、分詞、仮定法

 数学:IAの復習(二次関数、不等式、三角比、確率)

 

【新高3】

 英語:文法全般の復習、4択問題を解いて和訳、長文読解

 数学:IA・ⅡBの復習(図形と方程式、三角関数、指数対数、ベクトル、数列)

 

皆さんの苦手な単元はありましたか?春休みは短い期間かもしれませんが、この時間を有効に使って新学年の目標達成を目指しましょう。春から新たな受験生となる皆さんに、KATEKYO学院では春の体験指導キャンペーンを用意していします。この機会に、プロ教師との完全マンツーマン指導を体験してみませんか?教室へお気軽にご相談ください。

 高田駅前校・上越事務局
 ☎ 025-522-5511

春休みにやってほしい「国語」の勉強【 上越 個別指導 塾 】

春期講習 上越市 糸魚川市 妙高市 高田駅 附属中 城北中 城東中 城西中 家庭教師

 

みなさん、こんにちは。KATEKYO学院高田駅前校のOです。

今年度も終わり、春休みになりますね。みなさん、心残りなく今年度を終えられそうですか?

学校がある時は行事や課題に追われてしまい、じっくりと物事に取り組みづらいかもしれません。春休みになり、自由に使える時間が増えた時にこそ、是非して欲しいと思っていることがあります。それは国語の勉強です。

国語の読解問題は、細切れの時間を利用して短時間で少しずつやるのはお勧めできません。問題自体は解けるかもしれませんが、文章の内容理解という点では不十分になってしまうからです。学校の授業では教科書に載っている文章を素材として、読み取りの技術の学習をしています。教科書に載っている文章は非常によく練られた文章なので、練習のための素材として使って終わりではもったいないです。そこで、今回は春休みの国語の勉強法を二つ紹介します。用意するものは今年度学校で使った教科書とワークです。

 

方法① 

中学生、高校生は、教科書のすべての文章を学校で勉強していない場合もあります。まず、学校の授業では扱わなかった文章を一通り読んでみます。この時、最初の3行を読んで「読みにくい」「面白くない」と思ったものは省きます。残ったものの中から、気に入ったものを音読→黙読の順で読みます。「いまさら音読なんて」と思うかもしれませんが、私たちは黙読していると読めない漢字や知らないことばをさらっと飛ばして終わりにしてしまいがちです。音読することで、「分かること」「分からないこと」をふるいにかけることができます。そして、このとき引っかかってしまった言葉は辞書で確認します。それからワークを解いてみましょう。

 

方法②

学校で習った文章を使う方法です。どの文章を選んでも構いません。学校で習った文章は理解しているように感じます。でも、実際は「学校の先生に教えられた通り」あるいは「ワークの質問に誘導された通り」に理解しています。今度は自分の力で理解してみましょう。黙読→音読の順で読みます。そして、不明瞭な部分は何度か繰り返して読んでみます。そして、読み終わったら教科書を閉じて、書かれていた内容を「声に出して」説明します。説明する相手がいれば良いですが、いない場合は、一人でやってみても構いません。重要なのは「声に出して」というところです。声に出すより書く方がよいという人は、もちろん書くのも良いです。ただ、声にも出さず、書きもせず、頭の中で考えるだけ、というのはこの場合は意味がありません。「説明できる」ということは「理解できた」ということです。説明できなかった部分はもう一度読んで確認しましょう。

 

時間のとれる春休みだからこそ読解の練習に取り組んでみてください。この二つ以外の方法は、またの機会にお話します。

KATEKYO学院は、一人一人の「ぜひこの時期に!」をご提案・サポートするため春の体験指導キャンペーンを実施しています。私たちプロ教師が完全マンツーマン指導でサポートしますので、この機会にぜひ一緒に勉強を始めましょう。

 高田駅前校・上越事務局
 ☎ 025-522-5511

城東中の生徒さん、勉強習慣はできていますか?【 上越 個別指導 塾 】

春期講習 高校入試 高校受験 上越市 高田駅 高田高校 高田北城 城北中 城東中

こんにちは。KATEKYO学院高田駅前校です。今年度から城東中では定期テストがなくなり、単元テストが実施されています。ある程度の単元ごとにテストを行うため、テストの準備はやりやすくなっています。しかし、これまでの定期テストとは異なり、テスト期間がなく、範囲も狭いため短期記憶に頼りがちになってしまいます。そのため、学習習慣が身に付かないケースもあるので注意が必要です。特に、現在中学1年生は定期テストの勉強経験がないまま受験生になってしまいます。2年次の単元以降は難しくなってきますので、しっかりと学習を進めていきましょう。

そんな城東中の生徒さんのために、KATEKYO学院高田駅前校では今春より中学生の学習指導カリキュラムを見直します。

①社会人教師との完全マンツーマン授業

 1.指導時間は生徒さん一人に対して、先生一人がつきっきり
 2.学習指導は5教科対応。普段は英語と数学でテスト前に理科や社会もOK
 3.中学校の進度に合わせて学習可能

②完全マンツーマン授業+少人数グループ授業(週1回)

 1.わからないところにフォーカスするマンツーマン授業と英語・数学を行うグループ授業
 2.グループ授業でわからなかったところをマンツーマン指導でも解決可能

③少人数グループ授業(週2回)

 1.インプット授業+アウトプット演習で効率的な学習をサポート
 2.完全マンツーマン授業や他の個別指導塾よりも安価な料金設定

※いずれのコースも自習席使い放題となっています。
※城東中以外の生徒さんも受講可能です。

詳細は高田駅前校へお問い合わせください。

KATEKYO学院では、生徒さんそれぞれに合ったカリキュラムで全力サポートしていきます。現在春の体験指導キャンペーンを実施しています。ぜひ一度、ご相談ください。

 高田駅前校・上越事務局
 ☎ 025-522-5511

春休み前に目標を設定してみよう【 上越 塾 個別指導 】

高田駅 春期講習 城東中 城北中 高田北城 上越市 妙高市 附属中


KATEKYO学院高田駅前校の小林です。 

ようやく春の訪れを感じる季節になりました。入試も終わり、また在校生の皆さんは学年末テストや課題テストが終わり、解放感を味わっている方も多いのではないでしょうか。 

私も、立場的には皆さんに「こんな時こそ油断せず勉強するんだよ!」と言わなければならないところですが、毎年この時期には「一年間頑張ったね、少しゆっくりする時間をつくろうか」と声をかけることもあります。勉強は基本的に長期戦なので、緩急をつけることも必要だからです。

とはいえ、春休みを何もせずだらだらと過ごしてしまうと、体調を崩してしまったり、生活のペースが乱れてしまったりして、4月からの新年度をスムーズに迎えられなくなってしまいます。ですから、勉強についても、それ以外のことについても、「春休み中にこれだけはやっておこう」という目標を立てておくことをお勧めします。たとえば「最低3冊は本を読む」とか、「毎日家族の昼食を作る」とか「毎日30分散歩する」というようにです。

勉強面でやっておきたいことは、やはり一年間学習した内容の総復習です。特に英語や数学は、前に習ったことが新しく習うことの土台となります。これまで学習してきて、なんとなく苦手なところ、理解が不十分なままになっているところは、誰にでもあると思います。そこを中心に、ワークや教科書の問題を解き直ししてみましょう。いつも使っている教材だと気分が出ない・・・というなら、本屋さんなどで「〇年生の総まとめ」のような薄めのテキストを購入して、「春休み中に1冊終わらせる」ことを目標にしても良いと思います。勉強そのものも大切ですが、計画を立て、それに沿って進める習慣をつけることは、皆さんの今後の人生でとても役に立ちます。まずは春休みの予定を自分で立ててみましょう。また、どうしても計画を立てるのが苦手で・・・という方には、私たちがサポートして、学習の進め方をいっしょに考えていきます。

現在、KATEKYO学院では春の体験指導キャンペーンを実施中です。皆さんの目標に向かって私たちプロ教師が完全マンツーマン指導でサポートします。この機会にぜひ体験してみませんか?お気軽にご相談ください。

 

 高田駅前校・上越事務局
 ☎ 025-522-5511