新着情報

2021秋期講習 高校受験【KATEKYO柏崎】


夏休みも終わってしまえば、あっと言う間。すでに前
期期末テストが終わった学校もあります。今後は、定
期テストはもちろん、それ以上に「確認テスト」が重
要になります。確認テストの範囲は「習ったところ全
部」。第1回よりは第2回、第2回よりは第3回と、回を
重ねるごとに範囲が広がります。
そして、その最終形が「高校入試」です。

今回は、今年度これまでにご依頼をいただくことが多
かった順にランキングで示しました。
上位ほど、教師の空きコマが少なくなっていますので
ご相談・お申込みはお早めに。


第1位 公立入試 基礎総合対策
R3年度入試では、常盤が定員オーバーとなりました。
原因は、①柏刈・出雲崎エリアの中3人口が同地区公
立高校の募集定員合計を90人も上回ったこと、②人気
校である長岡大手が1学級減としたため、大手・向陵
を希望する柏刈・出雲崎エリア生徒が前年度より大幅
に減少したことです。R4年度は、長岡エリアで人気
の大手・向陵が1学級増で、長岡エリア全体としては
長農を含め、120人の募集定員の増です。しかし、同
エリアの中3人口はそれを上回る165人の増です。長岡
エリアが大激戦になることは間違いなく、昨年度以上
に、長岡エリアの高校を希望する柏刈・出雲崎エリア
の受験生は減少するでしょう。例えば、向陵のレベル
は、柏高と常盤の間です。「向陵が希望だったけど、
長岡エリアが激戦になるから柏崎エリアの高校に進学
しよう」という生徒が、向陵より上位の柏高を受験し
ようとすることは考えにくいです。こうした生徒の多
くは常盤を受験することになるでしょう。このように
長岡エリアの影響が、柏刈エリアの受験に影響を及ぼ
と考えられます。
さて、今年度の柏刈・出雲崎の中3生も、「関数」を
苦手にしています。英語では「時制の一致」に対する
理解が浅い傾向があります。高校入試で中心となる重
要な単元のため、早期の克服が望まれます。これまで
の確認テストにおいて、①60点に届いていない教科が
ある常盤・向陵の希望生②45点に届いていない教科
がある総合・柏工の希望生がメインの対象です。
目標に足りない得点を、どの単元で補うかを決め、徹
底して指導します。


第2位 公立入試 発展総合対策
柏高・長高・大手の希望生が対象です。志願者同士の
実力差は大きくないため、学力検査で高得点が要求さ
れます。学力検査では75点以上(長高は80点以上)の得
点力
を養成します。また、入学後の授業進度やレベル
についていくには、中学内容をしっかりと定着させて
おくことが重要でし、高校内容を予習しておくことも
大切です。例えば、数学は、中学では「計算」「関数」
「図形」を均等に学習するため、仮に「関数」が苦手
であっても、それを「計算」「図形」でカバーすれば、
確認テストでも80点程度はマークできます。ところが、
「関数」がメインとなる高校数学となると、そうはい
きません。よく、柏高に進学した生徒が「中学では得
意だった数学が、高校では苦手になった」と言うケー
スがありますが、これが原因です。また、高校内容の
予習にはもう一つメリットがあります。実は、数学で
出題される「規則性」の問題は、高校数学の「数列」
などを予習しておけば、簡単に解くことが可能なので
す。入学後のことを考え、ハイレベルな対策をします。


第3位 長岡高専 数理強化対策
長岡高専が第一希望の生徒限定です。高専入試は数学
と理科が難しいうえに、全ての教科がマーク式を導入
しています。特に数学は、大学入学共通テストと同じ
ような出題形式になっており、中学生にはなじみのな
い出題です(http://www.kosen-.go.jp/kosen_navi/05.html)
また、「選択方式だから、大丈夫」と思っている受験
もいると思いますが、受験生を惑わす(見極めが難し
い)
選択肢があるため、何度も見直しをする必要があり、
記述式より時間がかかります。特に柏刈・出雲崎エリ
アのR4年度公立高校入試も引き続き、激戦となるこ
とを受け、試験も合格発表も公立高校より早く実施さ
れるため、例えば柏高や長高希望生の中には、事前に
長岡高専の合格を確保しておこうと考える生徒も出て
きています。その結果、長岡高専の競争率が高まる可
能性もあります。そもそも高専受験生は数学・理科を
得意としていますから、「なるべく高得点を」では勝
負になりません。数学・理科ともに100点を目標に指
導します。


第4位 不得意科目克服対策
数学の「関数」、理科の「電流」の他にも、数学の
「図形」や「文章題」、理科の「天体」、国語の「現
代文読解」、社会の「グラフ計算問題」や「分野融合
問題」…、と苦手分野は人それぞれです。「ココが苦
手」という単元をピンポイントで指導し、克服させま
す。


第5位 得意科目強化対策
苦手教科のマイナスを、得意教科で補いたいと考える
生徒も少なくないでしょう。普通科希望の場合はそう
はいきませんが、実業科であれば合計点で勝負できま
すから、それもありです。総合・柏工など実業系高校
受験生が優先です。


第6位 私立高校3教科対策
第7位 難関私立高校(明訓など)対策
第8位 進学クラス受験対策
第9位 公立高校特色化選抜対策 




   クリックいただくと申込み
フォームが開きます
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 KATEKYO柏崎
 0257ー21ー4455