新着情報

2021秋期講習 大学受験【KATEKYO柏崎】



いよいよ9月。9月と言えば秋。秋と言えば勉学の秋。
大学入試を控える受験生の多くは、寝食を忘れて受験
勉強に取り組んでいることと思います。
他の塾でも、予備校でも、すでに受付終了となった大
学受験対策。完全個別のKATEKYO柏崎なら、「今か
ら始めたい!」というご要望にお応えできます。

今回は、今年度これまでにご依頼をいただくことが多
かった順にランキングで示しました。
上位ほど、教師の空きコマが少なくなっていますので
ご相談・お申込みはお早めに。


第1位 小論文対策
大学入試制度改革により、「総合型選抜」「学校推薦
型選抜」でも、学力試験が課されることになりました。
国語や数学、英語などが課されるケースもありますが、
実は国語の学力を測るという点で「小論文」も「学力
試験」に該当します。
面接と書類選考で合否が決定し
ていたAO入試から一転。「総合型選抜の小論文対策、
どうしよう」と頭を抱えた受験生も多いようで、7月下
旬から8月初旬にかけて多くの申込みがありました。
総合型選抜は、10月半ば以降から実施されますが、そ
の対策をしてきた生徒の完成度にも目途が立ち、現在
は面接練習を本格化させています。これにより、小論
文対策を専門とする教師のスケジュールに、若干です
が空きが確保できましたので、受付を再開します。
メインは、「学校推薦型選抜」の受験を予定している
生徒が対象ですが、「どうしても総合型選抜の受験に
間に合わせたい」と言う方もご相談ください。

小論文のポイントは、①最後のマスが「。」で終わる
こと
②課されるテーマを自分の主張に引き込むこと
の2点です。

第2位 共テ 英数 総合対策
英語・数学は、少なくとも、すぐに伸びる科目ではあ
りません。基礎→応用→発展と、段階を踏まなければ
いけないからです。
何度もお伝えしていますが、数学
で言えば、柏刈・出雲崎エリアの中高生は「関数」が
苦手です。
高3生ならお気づきの通り、高校数学は関
数がメインでした。多くの生徒が高校数学で行き詰る
のは、これが原因です。文系生なら数学ⅠA75点・ⅡB
70点の合計145点程度は、最低でもマークしておきた
いところです。一方、理系生は数学が得意で当然なラ
イバルとの競争ですから、いずれも100点満点を目指
し、悪くとも合計で180点は超えたいところです。

一方、英語ですが、「筆記」に相当する「リーディン
グ」では、センター試験で出題されていた「発音・ア
クセント」などの基本問題は
出題されなくなり、「ほ
ぼ全問が長文問題」の状態になりました。難化も予想
されるため、入念な対策が必要です。

KATEKYO柏崎なら、高校生指導でも複数科目の指導が
可能です。

第3位 共テ 英数理 総合対策
理系生は理科2科目が必要です。当然、数学・理科が
得意だから理系を選択しているライバルに勝つには、
満点を目指す必要があります。一方、文系生の場合、
多くは「化学基礎&生物基礎」の組
合せになりますが、
得意科目とは言えませんので、最低でも各30点、合計
60点を目指したいところです。
KATEKYO柏崎なら、こ
ちらもやはり、複数科目の指導が可能ですから、3科
目を一人で担当します。

第4位 国公立 2次 理系対策
国立大理系の数学には「Ⅲ」が加わり、全範囲になり
ます。共通テストでⅠ・A・Ⅱ・Bなどの基本が出題され
るため、2次試験ではこれらの応用・発展と、そもそ
超発展内容であるⅢが加わるわけですから、格段に
難しくなります。また問題数は少ないものの、 1問を
解答し終えるのに多くの時間を要するため、問題を見
て、
すぐに「解答の方向性」を見抜かなければなりま
せん。数学のセンスと経験値が試されます。また理科
のうち、物理・化学も同様です。
大学入学共通テスト
から、国公立大2次試験までは1か月程度しかありませ
ん。大学共通テストが終わってから、対策を始めても
間に合いません。特に、記述模試で成績が伸びていな
い場合は、要注意
です。

第5位 GMARCH対策
学習院、明治、青学、立教、中央、法政と言えば憧れ
の私大です。入試科目は英語に加え、文系は国語と社
会or数学、理系は数学と理科(最大で2科目)で、問題レ
ベルは大学入学共通テストより高難度です。部分的に
記述式が導入されており、共通テスト+国公立大2次対
策を同時に行うようなものです。

第6位 早慶上理対策
「KATEKYO柏崎からGMARCH合格者を」と5年計画で
進めてきましたが、一昨年、ついに早稲田大・東京理
科大にも合格者を輩出しました。KATEKYO柏崎のエー
ス講師陣が科目別に徹底指導をします。

第7位 看護・医療学部対策
理系ながら、入試科目は文系寄りです。将来、患者さ
んに安心感を与えられる国語力が求められるため、入
試で国語が課されるケースがほとんどです。国語・数
学・英語を中心に対策します。

第8位 日東駒専対策
第9位 英語コミュニケーション学部対策

    ・
    ・
    ・

   クリックいただくと申込み
フォームが開きます
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 KATEKYO柏崎
 0257ー21ー4455