新着情報

高校3年生の受付終了について【KATEKYO新発田】

新発田市 学習塾 個別指導塾 マンツーマン 高校受験 大学受験

みなさんこんにちは。
KATEKYO新発田では、この夏までに多くのご入会をいただいたことで、所属プロ教師のスケジュールが95%以上埋まりました。

これを受け、大変心苦しいところではございますが、完全マンツーマン指導につきましては、
9/1をもちまして高校3年生の受付を終了させていただくことになりました。
※小中学生~高校2年生については若干(数名分)の空きがございます。

お預かりさせていただいている生徒さんの指導に全力を尽くすための措置ですので、何卒ご了承ください。

尚、高校3年生少人数グループ講座ついては以下の空きがございます。
・共通テスト対策講座(英語):満席
・共通テスト対策講座(化学):残り1席
・共通テスト対策講座(数学ⅠAⅡB):残り3席
ご希望の方はこちらをご利用いただきますようお願い致します。


ご不明な点がございましたら、事務局までお問い合わせください。

無料教育相談は随時承っています。

詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ。

高校2年生の皆さんへ 受験対策スタートなら今 ③

新潟市中央区 塾 高校2年 大学受験 数学 個別指導

 こんにちは、KATEKYO学院 新潟駅前校の数学担当教師 福原和幸です。
 KATEKYOで高校生の数学指導をするようになって21年になりますが、生徒さんの計算力や数学的思考力が少しずつ落ちてきているように感じています。大学受験は全国での争いとなりますが、昨年のあるマーク型模試(2年2月、3年6月、9月、11月)では、ⅠAとⅡBの両方で新潟県平均点は一度も全国平均点を上回りませんでした。

 センター試験から共通テストになり、出題傾向も恐らく変わると思います。ですが、典型的解法を覚えることや計算を速く正しくすることは、共通テストになっても求められるはずです。そのためには1年以上の対策時間がほしいです。数学は簡単に力の付く科目ではありません。高校2年生の皆さん、長期計画でこの秋から受験対策を始めましょう。私が担当する2年生におススメしているのが、次の3ステップです。

<1st step>
解答・解説が詳しく、問題量が多くない教材で学習します。比較的短期間で1冊が終わり達成感を感じましょう。解答・解説を熟読し典型的な解法を理解しましょう。

<2nd step>
基礎から中級までの問題を数多く経験しましょう。公式の使い方をはじめとする土台を徹底的に築くように努めましょう。

<3rd step>
1問あたりの解答時間を定めて時間内で解き終わるように問題演習をしましょう。思考力が必要な応用問題は一定時間経ったら、解答から学ぶことも大事です。そういった問題は、何日か後に再度自力で解いてみましょう。また正確かつスピードのある計算処理も大事です。この点も意識をした演習を行いましょう。

 上記の3ステップでは、用いるべき教材も目標とするべき点数も、生徒さんそれぞれで異なります。生徒さんの状況をしっかりと分かった上で選択をしたいですね。分数計算などの計算練習まで戻った方が得策という生徒さんも少なくありません。「どこから始めればよいか?」とお困りの生徒さん、ぜひKATEKYOで大学受験対策をスタートしませんか?

 

 まずはこちらから資料のご請求をどうぞ。「体験授業チケット」を同封いたします。プロ教師陣が高校2年生をお待ちしております。

準備OK? 大学入学共通テスト出願

 大学入学共通テスト 迫る!

短い夏休みも終わって、気づけばもうすぐ9月です。     
9月と言えば「秋」。「秋」と言えば、「読書の秋」
「スポーツの秋」「食欲の秋」など、色々と修飾さ
れますが、大学受験生にとっては、何と言ったって
「受験勉強の秋」です

特に既卒生は、「今年こそ志望校合格‼」と必死に
勉強していることと思います。

さて、そこで絶対に忘れてはいけないのが、
「 大学入学共通テスト案内」の請求です。
現役生だった昨年であれば、高校が対応してくれ
ていましたが、今年は、それを自分でしなければ
いけません。
KATEKYOも毎年、大勢の既卒生の指導をしていま
すが、そうした先輩たちも口をそろえて「センタ
ー試験の出願って、そんなに早かったけ?」と言
います(※昨年までは「大学入試センター試験」が実施
れていたため)
間もなく、案内配布が開始されますから、既卒生
のみなさんは、くれぐれも注意しましょう。



さて、次に取り掛からなければいけないのが、出
願書類の作成です。なお、出願に必要な書類は以
下の通りです。
    ア 志願票
 イ 検定料受付証明書
 ウ 出願資格を証明する書類(卒業証明書)
「イ」は指定された金融機関で振込みが終わると
振り込んだ日付が押印されますので、それを「ア
志願票」に貼り付けます。また「ウ」は卒業校に
事前連絡し、受け取り方法など
も相談しなければ
いけませんから、特に早めに進めましょう。

志願票には「出身高校・コード」や「出願資格」
の欄があったり、「氏名」「性別」「生年月日」
「電話番号」「住所」「受験教科」など、記入
項目がたくさんあります。
あとでやればいい、と思っていると、あっと言う
間に出願期間が始まってしまいます。慌てて作ろ
とすればミスも出るでしょうし、金融機関には営
業日と営業時間がありますから、期日を過ぎてし
まえば出願ができなくなります。



9月28日の期間初日に出願できるように、余裕を持
って準備しましょう。




KATEKYOは頑張る既卒生を応援します!
出願に不安な点・不明な点がおありでしたら、
最寄りのKATEKYO事務局にお問い合わせください。

 

引越し作業「第1弾」完了‼【KATEKYO長岡】

長岡市 個別指導 高校生 中学生 学習塾

KATEKYO学院長岡駅前校の引っ越し作業「第1弾」が終了
しましたので、その様子をレポートします。

8月21日、「勉強に集中できる環境を」とスタッフ総出で
KATEKYO学院 長岡駅前校の引っ越し作業をしました。




1.まずは、じゅうたんを敷きます。
  縦横がきっちり合うように慎重に、丁寧に。




2.次は、現在のテナント(坂之上)から椅子・机、パーテ
  ーションを運びこみます。
  暑いし、重いしで、もう大変。  




3.いよいよ、組立て・配置です。
  ここからは先が見えてきたのでピッチがあがります。
  ですが約1名、疲労がピークに達したようです(笑)







4.最後に受講席をセットして、当日の作業は終了。
  見違えるほど、きれいになりました。




移転開校は9月1日(火)ですが、
8/27(木)からプレオープンします。

生まれ変わったKATEKYO学院長岡駅前校で、
志望校合格・成績アップを目指して、一緒に
勉強しましょう。

新潟県公立高校入試「電流編➁」「KATEKYO加茂」

加茂市 田上町 中之口 中学生 学習塾 個別指導塾
*************

新潟県公立高校入試「理科 電気編➁」について

こんにちは。KATEKYO学院 加茂駅前校 熊倉です。熊倉前回は「理科 電気編①」をご紹介しました。今回は①に引き続き、電気編➁をご紹介します。新潟県公立高校入試に出題されやすい単元であることは以前の記事でお伝えした通りです。理解に苦しむことが多かったり、理解するのに時間がかかったりする内容ではありますが、①に比べるとそれほど難しくはありません。理屈と法則をつかめば、理解しやすい内容です。

「磁力・磁界・磁力線」

以上の3つの用語がこの単元のポイントと言えます。

  1. 磁力
  2. 磁界
  3. 磁力線

1.磁力とは
ズバリ!! 読んで字のごとく石が持っている!!
・金属(鉄など)を引き付ける力
・磁石同士が引き合ったりする力 

2.磁界とは

磁力が働いている空間!!
【界】とは・・・「仕切り」などという意味があるね。磁界という文字で言うならば、力が発生しているまでの仕切り線と言えるのかも・・・・。


その空間はいったい・・・・目に見ない・・・・・・・

その磁力の空間(磁界)を知るために、みんなは実験で棒磁石やU字型磁石のまわりにまいたね、砂鉄を。

円(楕円)のような線上の模様やまっすぐに近い線ができたはず。それとも、三角の模様や四角の模様ができた? そんなわけないね。

さらに、磁界には「向き」というものがありました。

方位磁針

 

 




方位磁針の針がN極をさす向きが「磁界の向き」
上の図の場合、赤い針がN極を指す針です。上の図の場合、磁界の向きは??・・・・💡そうです「↖」斜め左上となるのが理解できます。磁界が存在する空間では、方位磁針の指す向きは磁力線に沿うように規則的にN極の針が指し示します。

方位磁針は普段、皆さんは使うことはめったにないでしょう。一般的には、登山の際などに方角を知るための道具として使用されます。必ず、赤い針は「北」の方角を指しますから、地図と方位磁針を持っていれば万が一道に迷った際に役立つ道具なのです。今の時代、腕時計やスマホアプリでも方位磁針が使用できますから、便利な世の中になっています。

 

3.磁力線とは

磁界の模様が線のようなつながりの曲線。
砂鉄を磁界が存在する空間へふりかけると線上に模様があらわれましたね。

まずは、この3つの用語「磁力・磁界・磁力線」の意味をしっかりと覚えましょう。ここまでは難しいことではありませんね。

あらためて伝えますが、教科書が最大の参考書であることを忘れてはいけません。マーカーペンで線を引くことも良いでしょうが、その作業だけで満足しないよう気を付けましょう。ペンで線を引くことが目的ではありませんね。線を引くことは覚えるために必要な作業というだけです。スラスラことばで言えるまで何度も繰り返すことが最も大切なことです。

 

次回は、以上の3つを利用し、電流との関係性について説明していきます。

中学3年生の皆さん、理科という教科は何とかなる教科です。新潟県高校受験まで、まだ時間はあります。効率的な勉強法とマンツーマン指導の併用で、いっきに階段を昇っていくことも可能です。

ご相談は、KATEKYO学院 加茂駅前校までご連絡ください。


KATEKYO学院 加茂駅前校
tel:0256-53-5544
 受付:平日10:00~18:00
    土曜10:00~16:00

 

 

 

小針中・五十嵐中・小新中のみなさんへ(KATEKYO学院新潟小針校)

新潟市西区 塾 中学生 高校受験 個別指導

小針中学・五十嵐中学・小新中学のみなさん、こんにちは。
5教科

 




今年も暑い日が続いていますが、みなさん体調を壊したりしていないでしょうか。コロナに熱中症に、いつもより大変な夏休みですが、しっかりと睡眠と栄養をとり来週からの授業再開を迎えましょう。

さて、授業が始まると間もなく今年2回目の定期テストがやってきます。

そこでKATEKYO学院小針校では、定期テスト対策集中指導の受付を本日よりスタートします。特に中学3年生にとっては、内申点に反映される大事なテストです。納得のいく結果で、来年の新潟県高校入試に備えましょう。KATEKYO学院 新潟小針校のプロ教師と一緒に、進路実現を叶えていきませんか。

秋

 





【2020秋、定期テスト直前集中指導】

1.対象:小針中・五十嵐中・小新中のみなさん

2.料金:事務局にお問合せください

3.日程:平日はもちろん土日の集中指導も可能です

   1回90分×月4回から受付いたします

4.内容:全教科対応 プロ教師による5教科のポイント指導

5.申込方法:新潟小針校までお問い合わせください。
 無料教育相談


KATEKYO学院新潟小針校

住所:新潟市西区小針上山10-28小針荒川ビル2F(小針駅より徒歩6分)

新潟小針校TEL.025-230-7755(代)
  (10:00~19:00 受付)

新潟県公立高校入試「電流編①」「KATEKYO加茂」

加茂市 田上町 中学生 高校生 学習塾 個別指導塾
*************

新潟県公立高校入試「理科 電気編①」について

こんにちは。KATEKYO学院 加茂駅前校 熊倉です。熊倉前回は「理科 出題傾向」をご紹介しましたが、今回より、いよいよ「実践」にうつります。令和3年度新潟県公立高校入試、最重要単元とも言える「電流の利用」について説明していきます。「難しい~😂、覚えることがたくさんあって大変???」などという先入観にとらわれると自分に壁を作ってしまい、前にすすめなくなってしまいがちです。よく理解できていないという生徒さんは、頭を一度リセットしましょう。
では、どうして「電気単元」が苦手な生徒さんが多いのでしょうか。

理由① 計算が出る
電流(I)=電圧(V)÷抵抗(R)
電圧(V)=電流(I)×抵抗(R)

電力(P)=電圧(V)×電流(A)・・・・・・
あ~もう、公式ばかりたくさん・・・・・面倒、覚えられない・・・・・(*'ω'*)


理由➁ グラフや表がたくさん出る
電圧(V)と電流(A)の関係や、そのグラフから抵抗(R)を求めなさい、などの問題も出題されやすいこと。理由①の計算式を使って解かなくてはいけないというステップがあったりすることから、頭が混乱してしまう。


理由➂ 覚えなくてはならない用語が多い
「電流、電圧、抵抗、電力、発熱量・・・・・・??」
電気






確かにこの単元は覚えるべき用語や公式が多いです。加えて、「単位や記号」なども覚える必要があります。そもそも興味の無い単元であれば、なおのこと壁を作ってしまいがちです。

ん~確かに生徒さんにとっては大変な単元かもしれませんね。ネガティブになるのも理解できます。しかしです。ポジティブに考えてみると、毎年出題されている単元です。克服すれば新潟県の公立入試において山をはらずとも出題されるわけですから、満点も狙いやすいという考え方にもなります。では、何を使って勉強していくべきでしょう。

それは
「教科書」がまず第一です!!
参考書や問題集はたくさん市販されていますが、私はやはり学校の教科書が一番の教本だと考えます。電気に関しても教科書が一番です!!電気単元の理解があいまいな生徒さんや理解に苦しんでいる生徒さん、もう一度、教科書から読み解いていきましょう。覚えることはいっぱいありますが、用語や計算式は繰り返し繰り返し覚えることが大切です。5回繰り返しても覚えられない生徒さんは10回繰り返してください。以前の記事でも書いていますが、書かなくても覚えられます。用語も公式も・・・。理科勉強を再度、確認してください。覚える作業はあくまでインプットの作業でしかありませんから、必ずアウトプットの作業もその日のうちに行っていきましょう。覚えたからと高をくくり、明日、問題をやろうではせっかく覚えたものが半減してしまいます。「インプット→アウトプット」は連動して行ってください。

また、電気単元はお任せあれ、という生徒さんは学校受験教材の問題や公立高校の過去問を取り組むと良いでしょう。正答に至らなかった問題は、
なぜ間違えたのかを確認し、理解に努めていきましょう。

グラフや表の見方、計算の仕方など一人では覚えるのが難しい内容もあります。出題されやすい単元である以上、分からないままにせず、「他者」から聞くなどし理解することが必要です。

KATEKYO学院 加茂駅前校のプロ教師は、受験のプロでもあります。どうして、理解できないのか、何で間違っているのかなどをすぐに教えてくれます。入試まで残り200日程度です。効率的な勉強も必要です。何でも聞ける相談できるKATEKYO加茂まで、ご相談ください。

 

基本問題Let's Challenge!

「電流」の単位はアンペア〔A〕とミリアンペア〔mA」ですが、

問い1 0.5〔A〕は何〔mA〕ですか?

問い2 2.5〔A〕は何〔mA〕ですか?

番外編)
問い3 0.3kg(キログラム)は何g(グラム)ですか?

問い4 0.8km(キロメートル)は何m(メートル)ですか?

質量の単位1(kg) も 距離の単位1(km) も 電流の単位1(A)も、みな1,000(g、m、mA)という同じ数値が入ります。少し理解が深まったでしょうか。

解答)
問1 500mA

問2 2,500mA

問3 300g

問4 800m

簡単すぎましたね!!

では次の問いです
問い

 

 

 

 


以下の図、①及び➁はそれぞれ何V〔ボルト〕を示すか答えよ。

 




  

 

 



答え
①3.0V
➁3.0V

簡単!楽勝!という生徒さんもいれば、「何で3.0V?」と考え込む生徒さんもいます。この問題も基本問題です。理屈はありますが、これは並列回路におけるルールでしたね。「枝分かれしたそれぞれの電圧は、電源の電圧に等しい」というものです。分からなかった生徒さんは、よーくもう一度、教科書をおさらいしてほしいと思います。"急がば回れ”です。

新潟県公立高校入試「電流編①」「KATEKYO燕」

燕市 弥彦村 西蒲区 中之口 中学生 学習塾 個別指導塾
*************

新潟県公立高校入試「理科 電気編①」について

こんにちは。KATEKYO学院 燕校 熊倉です。熊倉前回は「理科 出題傾向」をご紹介しましたが、今回より、いよいよ「実践」にうつります。令和3年度新潟県公立高校入試、最重要単元とも言える「電流の利用」について説明していきます。「難しい~😂、覚えることがたくさんあって大変???」などという先入観にとらわれると自分に壁を作ってしまい、前にすすめなくなってしまいがちです。よく理解できていないという生徒さんは、頭を一度リセットしましょう。
では、どうして「電気単元」が苦手な生徒さんが多いのでしょうか。

理由① 計算が出る
電流(I)=電圧(V)÷抵抗(R)
電圧(V)=電流(I)×抵抗(R)

電力(P)=電圧(V)×電流(A)・・・・・・
あ~もう、公式ばかりたくさん・・・・・面倒、覚えられない・・・・・(*'ω'*)


理由➁ グラフや表がたくさん出る
電圧(V)と電流(A)の関係や、そのグラフから抵抗(R)を求めなさい、などの問題も出題されやすいこと。理由①の計算式を使って解かなくてはいけないというステップがあったりすることから、頭が混乱してしまう。


理由➂ 覚えなくてはならない用語が多い
「電流、電圧、抵抗、電力、発熱量・・・・・・??」
電気





確かにこの単元は覚えるべき用語や公式が多いです。加えて、「単位や記号」なども覚える必要があります。そもそも興味の無い単元であれば、なおのこと壁を作ってしまいがちです。

ん~確かに生徒さんにとっては大変な単元かもしれませんね。ネガティブになるのも理解できます。しかしです。ポジティブに考えてみると、毎年出題されている単元です。克服すれば新潟県の公立入試において山をはらずとも出題されるわけですから、満点も狙いやすいという考え方にもなります。では、何を使って勉強していくべきでしょう。

それは
「教科書」がまず第一です!!
参考書や問題集はたくさん市販されていますが、私はやはり学校の教科書が一番の教本だと考えます。電気に関しても教科書が一番です!!電気単元の理解があいまいな生徒さんや理解に苦しんでいる生徒さん、もう一度、教科書から読み解いていきましょう。覚えることはいっぱいありますが、用語や計算式は繰り返し繰り返し覚えることが大切です。5回繰り返しても覚えられない生徒さんは10回繰り返してください。以前の記事でも書いていますが、書かなくても覚えられます。用語も公式も・・・。理科勉強を再度、確認してください。覚える作業はあくまでインプットの作業でしかありませんから、必ずアウトプットの作業もその日のうちに行っていきましょう。覚えたからと高をくくり、明日、問題をやろうではせっかく覚えたものが半減してしまいます。「インプット→アウトプット」は連動して行ってください。

また、電気単元はお任せあれ、という生徒さんは学校受験教材の問題や公立高校の過去問を取り組むと良いでしょう。正答に至らなかった問題は、
なぜ間違えたのかを確認し、理解に努めていきましょう。

グラフや表の見方、計算の仕方など一人では覚えるのが難しい内容もあります。出題されやすい単元である以上、分からないままにせず、「他者」から聞くなどし理解することが必要です。

KATEKYO学院 燕校のプロ教師は、受験のプロでもあります。どうして、理解できないのか、何で間違っているのかなどをすぐに教えてくれます。入試まで残り200日程度です。効率的な勉強も必要です。何でも聞ける相談できるKATEKYO燕まで、ご相談ください。

 

基本問題Let's Challenge!

「電流」の単位はアンペア〔A〕とミリアンペア〔mA」ですが、

問い1 0.5〔A〕は何〔mA〕ですか?

問い2 2.5〔A〕は何〔mA〕ですか?

番外編)
問い3 0.3kg(キログラム)は何g(グラム)ですか?

問い4 0.8km(キロメートル)は何m(メートル)ですか?

質量の単位1(kg) も 距離の単位1(km) も 電流の単位1(A)も、みな1,000(g、m、mA)という同じ数値が入ります。少し理解が深まったでしょうか。

解答)
問1 500mA

問2 2,500mA

問3 300g

問4 800m

簡単すぎましたね!!

では次の問いです
問い

 

 

 

 


以下の図、①及び➁はそれぞれ何V〔ボルト〕を示すか答えよ。

 




  

 

 



答え
①3.0V
➁3.0V

簡単!楽勝!という生徒さんもいれば、「何で3.0V?」と考え込む生徒さんもいます。この問題も基本問題です。理屈はありますが、これは並列回路におけるルールでしたね。「枝分かれしたそれぞれの電圧は、電源の電圧に等しい」というものです。分からなかった生徒さんは、よーくもう一度、教科書をおさらいしてほしいと思います。"急がば回れ”です。

2021年度 新潟県公立高校入試について

 2021年度
新潟県公立高校入試について


新潟県公立高校入試の仕組み、知っているようでいて意外と知らない、もしくは知ったつもりになっていた。そんな受験生や保護者の方も少なくはありません。

  1.公立高校入試の概要   

公立高校入試の選抜区分には、特色化選抜、一般選抜、
二次選抜(一般選抜で定員を満たさなかった学校・学科のみ実施)の3種類があります。それぞれの選抜区分において用いられる合格判定資料は、【資料1】の通りで、「調査書」とありますが、これに内申点が記載されることから、一般的に「内申書」と呼ばれています。

【資料1】からも分かる通り、「調査書(内申書)」は、どの選抜区分でも合否判定資料であり、〝とても重要である〟と言えます。そして、この調査書に記載される「内申点」は、〝とてもとても重要〟です。
【資料2】が、その内申書です。
資料2

  2.内申点の決まり方    
さて、内申点の決定方法ですが、各教科(国数英社理と音・保体・美・技家9教科)5段階評価します。そして1~3年の3学年分を合計したものが内申点です。つまり、
9(教科)×5(段階) × 3(学年)135(満点)です。

ここで注意すべきことは、以下の2点です。
まず、「5教科」も「実技4教科」も、評価方法は同じですから、「5教科さえやっておけば大丈夫」ではありません。実技教科(音・保体・美・技家)は授業態度や宿題などの提出状況によって成績がつけられるケースも多いため、しっかりと取り組まなくてはなりません。そして次に、各学年をそれぞれ評価するということです。1年生から3年生までの各学年の成績が同等に評価されますから、中学校入学と同時に高校受験は始まっていると言えます。

  3.公立高校 特色化選抜    
特色化選抜は、一部の学校・学科で
実施されます。「スポーツ・文化・科学分野の活動等に秀でた実績がある生徒」や、「各高校の特色ある教育推進の中心的役割を担える生徒」が対象です。対象となる基準や出願要件は、高校ごとに設定されます。学校外での実績も対象になりますが、出願に当たっては中学校長からの実績証明が必要になります。活動の種類のうち、スポーツは以前の特別推薦の名残がありますが、【資料3】のように、文化活動と科学については、各高校の特色が大きく反映されています。
資料3
また、特色化選抜では、全員に個人面接が課されます。その他の検査を課す学校・学科と内容は、【資料4】の通りです。
資料4

 4.公立高校一般選抜(学力検査)
1・配点
 全日制は各教科100点、5教科(国数英社理)で500点満点です。定時制は3教科(国数英)300点満点です。

2・傾斜配点
「傾斜配点」とは、特定教科の満点を200点とするものです。【資料5】の通り、全10学科が採用しています。なお、傾斜配点教科数が1教科であれば合計点は600点満点に、2教科であれば700点満点になります。

 傾斜配点教科は、特に高得点をマークできるようでなければいけません。また、例えば、理数科希望の生徒の場合、そもそも理数系教科が得意で自信がるゆえに希望するわけですから、高得点で当たり前です。そう考えると、理数系教科ではほとんど差がつかず、他の国語や社会、場合によっては英語の結果が合否に大きく影響するとも言えます。5教科全体的な高得点の中でも、特に理数系教科で満点を狙うほどの気持ちが必要です。一方で、ケアレスミスなどによる得点ダウンも2倍になるため、慎重に解くことも要求されます。

3・第二志望を認める学科    
【資料6】の通り、全日制の高校の中には、「第二志望」を認める学科があります。新潟南(理数)を例にすると、第一志望を理数コース、第二志望を普通科として出願できます。この場合、理数コースが不合格でも、普通科で合格となるケースがあります。


4・公立高校一般選抜の「学校独自検査」
「学校独自検査」は、受験生の学力検査だけでは測ることのできない能力・適性・興味・関心等を多面的に捉えることを目的としています。また、複数の独自検査を課す高校あります。
 なお、県教育長が2019年9月定例会本会議の一般質問で「学校独自検査」の在り方について、「ゼロベースで見直し、それぞれの学校の独自性を高める方向へ改めていきたい」と述べたことを受け、R3年度入試では「学校独自検査」の実施を見送った高校・学科が多く見
られます

5・公立高校一般選抜の合否判定
 合格判定は【資料8】の方法で行います。「E」が高い順に合格となるのが基本です。「内申点:学力検査」の比率は、進学校普通科では「3:7」を、実業系高校では「4:6」を採用することが多く、また一部の普通科では「5:5」を採用する場合もあります。なお、学校独自検査を実施しない高校の場合は、「C」で合否を判定します。
資料8

 参考になりましたでしょうか。
下記には、以前作成させていただいた、記事もございますのでご覧ください。
こちら

KATEKYO学院は、プロ教師によるマンツーマン指導を行っております。「通塾させてみたい、資料がほしい」という方は以下よりお問い合わせください。

無料教育相談のお申込みはこちらからどうぞ

詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ

 

 

 

小論文対策 受付再開【KATEKYO柏崎】


大学入試制度改革に伴い、総合型選抜(旧「AO」)や
学校推薦型選抜(旧「推薦」)で学力試験が課され
ようになりました。この学力試験には、
小論文
② プレゼンテーション
③ 口頭試問
④ 実技
⑤ 教科・科目に関するテスト
⑥ 資格・検定試験の成績
⑦ 大学入学共通テスト
などから1つ、もしくは複数が課されます。
前年度までは、「書類選考と面接のみ」だった大学
でも、それに加えて小論文を課すケースが増えてい
ます。

柏崎エリアの各高校では7月下旬から8月上旬にかけ
て三者面談が実施され、ここで「『総合型選抜』を
受験する」と決めた受験生も多かったようで、お盆
前までに、KATEKYO柏崎でも多くの「エントリーシ
ート(志望動機書)作成対策」「小論文対策」のお申
込みをいただいた結果、一時的に受付を終了してい
ました。

ご存知の通り、総合型選抜の出願は9月以降にスタ
ートしますから、KATEKYO柏崎生は出願書類のう
ち「志望動機書(エントリーシート)」は、ほとん
どの受験生が8月一杯で完成させ、今後はいよいよ
面接・学力試験対策に移ります。これによって、
小論文対策担当講師の9月以降のスケジュールに、
週2コマの空きが出る見通しが立ちました。

つきましては、
9月からの「小論文対策」の受付を再開しま
す。ただし、
① 9・10月の2か月間
②「学校推薦型選抜」を受験する生

に限定させていただきます。
これは、「学校推薦型選抜」であれば、11月以降の
受験となるため、2か月間じっくりと対策すること
が可能だからです(※「総合型選抜」の受験までは概ね
1カ月程度しかないため、対策は間に合いません
)。
なお、
③週1コマ指導の希望は最大2名まで、
 週2コマ指導の希望は1名のみ
で受付終了になります。

8月24日(月)から先行予約を受付けます。
(※指導開始は9
月1日以降になります。ご了承ください。)

2カ月で仕上げます、学校推薦型選抜 小論文対策!
KATEKYO柏崎
0257-21-4455