新着情報

センター試験までもう少し あと100日の過ごし方 

新潟県 大学入試 センター試験 個別指導 塾

最後のセンター試験まであと100日です。

次年度からは新しい入試制度になるため、
安全志向の志願が予想されます。
志望校に合格するためにも、
ボーダーラインぎりぎりでの受験は
避けたいところです。

さあ、受験までの少ない日数で成果を上げるには、
どう過ごすべきでしょうか?
もう、あれもこれもやっている時間はありません。
自己分析をしっかりと行い、
やるべきことを着実にこなしていきましょう。

夏までの学習で、必要な知識をインプットする学習に取り組んだはず。
これからはインプットした知識を正しくアウトプットする学習が重要です。

そう問題演習です。

問題演習のポイント

①多くの問題経験を積みましょう
 センター試験や志望校の良質な過去問に取り組みましょう。
 できる限り年数は遡って、
 出題傾向を掴むことと、
 さまざまな出題形式の問題に触れ、
 入試本番に初見の出題形式の問題を少なくすることを心掛けましょう。

②模試を解きなおし、正確性を高めましょう
 これまでの模試の問題の中には
  ・できた
  ・カンで選んだら、たまたま正解だった
  ・本来ならできるはずなのに間違えた
  ・全くわからなかった
 この4つに分けられるはずです。
 特に大事なのは
  ・本来ならできるはずなのに間違えた 
 です。
 この中でも、解法のうっかりミス、段ズレなどのマークミスなど
 様々なミスが混在しています。

 入試で大切なことは正解数を増やすことです。
 この間違え方は致命的になりかねません。
 しっかりと振り返り、同じミスをしないようにしましょう。

③時間配分を意識して問題に取り組みましょう
 試験時間とペース配分を意識し、問題を取捨選択する判断力も入試では必要です。
 同レベルの生徒が同じ試験を受ける入試では合否の大きなポイントになります。

入試本番を平常心で迎えるには、本番のイメージで問題に取り組む事が大切です。
練習でできないことは本番でもできません。
残り100日は入試本番を意識した学習を心がけましょう。

1日の寒暖の差が大きい季節となりました。
体調管理にも配慮をしつつ、学習に取り組んでください。

ゴールはもうすぐです。

頑張れ!受験生!!

【高田駅前校】第一志望合格へ!グループ講座のお知らせ

上越市 大学入試 センター試験 高校入試 個別指導 塾

受験本番を見据えると、今はまさに”秋”盤戦。

KATEKYO学院高田駅前校では、残された期間で志望校合格を目指すための特別講座を用意しています。

通常の完全1対1指導は、生徒さんに合わせた集中プログラムを組んで、ターゲットを絞り込みます。

少人数制指導では、問題演習と徹底的な解説で目標点数を上げるためのカリキュラムとなっています。

 

少人数グループ指導講座の詳しい情報はこちら

 

第一志望合格を目指して、一緒に頑張りましょう。

詳しいご相談は025-522-5511までお電話ください。

【集まれ!中2生!】(長岡駅前校)

長岡市 小千谷市 見附市 学習塾 マンツーマン指導 受験対策 

「早割キャンペーン実施中!!」 

~最大2カ月間お月謝5,000円OFF ~

 中2生のみなさん。2学期制の学校では、もうすぐ前期終業式でしょうか。期末テストの結果や通知表の評定はどうだったでしょうか?短い秋休みを経て、すぐに後期の授業がスタートします。万全の準備をして始業式を迎えたいものですね。

 さて、生徒数の減少に伴い、みなさんが受験する令和3年度新潟県公立高校入試では、募集学級数が減少されます。長岡エリアでは、                                         長岡大手普通科:1クラス減  長岡農業農業科:1クラス減                   長岡工業工業科:1クラス減   長岡商業情報ビジネス科:募集停止        となり、募集人数では160名減となります。受験する長岡市内の生徒数(2019.5.1現在  現中3生:2,190名 現中2生:2,095名 )は、100名ほど少なくなるだけで、周辺エリアから受験する生徒数も含めると、厳しい受験の年となること間違いなしです。にもかかわらず、「受験はまだ先のこと。受験勉強は部活動を引退してから始めても大丈夫」と思っていませんか?

 受験勉強は、既習内容の復習や苦手教科の克服など、普段の授業の予習・復習とは別の学習として取り組むことが必要なので、「一日も早く受験勉強を始めた方がよい」のです。早くスタートした分だけライバルに差をつけることができ、志望校合格を果たすことができますよ。

 現在、KATEKYO学院長岡駅前校では、「よし、今のうちから受験勉強をはじめよう!」と思った中2生のみなさん対象の「早割キャンペーン」を実施中です。最大2カ月間、月謝を割引するお得なキャンペーンです。

 今この時から、受験対策をスタートし、一緒に目標の実現を目指しましょう。

 

*早割キャンペーン受付期間  10月31日まで

*キャンペーン詳細についてのお問い合わせや、学習相談・進路相談については、長岡事務局までお気軽にお問い合わせください。(0258-37-6666)

 

高校2年生 早期受験対策カモン!

十日町市 南魚沼市 2021年度 大学入試 英語民間試験 英検 個別指導 塾

十日町駅前校・六日町校の長津です。

2021年から始まる新しい大学入試制度では、
英語の民間試験の利用について、
まだまだ不安要素も多く、まだまだ議論が行われている状況です。

①民間試験利用についての情報には常にアンテナを張る
②2回の試験を無駄にしない

この2点はしっかりと意識してください。

特に民間試験の第1回は、
多くの生徒さんが部活動引退前の受験になります。
英語は付け焼刃でなんとかなる教科ではありませんので、
今から対策を始めなくては間に合いません。

ちなみに2020年度の英検は
第1回 4から 7月実施 予約申し込み 10月 7日 まもなく締め切りです!
第2回 8から11月実施 予約申し込み  1月27日
 ※試験日は未定です。半年後の試験なのに不安になりますね…


それでも、高校2年生はやるしかありません!
現在、高2生応援キャンペーン中です。
詳しくは

025-750-6677(十日町・六日町直通)

までお問い合わせください。

 

集まれ中学2年生諸君!「加茂駅前校」

加茂市 三条市 田上町 塾 個別指導

*************

集まれ中学2年生諸君!!

 こんにちは、KATEKYO学院 加茂駅前校 です。当校は自習席も完備され、テスト前になると夜遅くまで勉強している生徒さんを目にします。指導する先生方も入試対策、学校授業フォローなど一生懸命教えて下さっています。

 さて、現中学2年生の皆さん。「資料」は、6月末に新潟県教委が発表した向こう2年間の各高校の募集学級数です。皆さんが受験する令和3年度入試では、加茂農林が1学級減の募集定員削減となります。また新潟市・県央(五泉市、弥彦村、田上町、阿賀町含む)地区における現中学2年生の合計は8,973名です。現中3生は9,124名ですから、―151名減となります。少子化に伴い募集学級数も減少していきますが、県央地区の各高校は入試倍率が1.00倍を超えているのが現状です。中だるみの中学2年、先んじて受験に向け確かな学力を1日でも早く身につけておくことが必要です。

各高校目標としてほしい点数は?

  新潟県公立高校入試は、内申書(調査書):学力検査(2日間)の総合点で合否が決定されます。内申書においては各学期(通知表「5段階評価」)をもとに得点化されていきますが、元をただせば学校の定期テストの割合で5段階評価が決まると言っても過言ではありません。以下はあくまで参考点としてお示し致します。
 定期テスト目標点(5教科総合点)
  1.三条高校・・・・・450点   
      2.巻高校・・・・・・・430点
  3.三条東高校・・・390点     
      4.加茂高校・・・・・350点
  5.巻総合・・・・・・・250点   
      6.三条商業・・・・・290点
  7.吉田高校・・・・・250点   
      8.長岡高校(普)・・460点
県央地区すべての高校を記載しておりませんが、大切なことはこのような目標を定め、そのために苦手な教科をどのように克服していくかということです。

KATEKYO 加茂でスタートです

  英語や数学など、苦手な教科は自力での克服は難しいケースが多いです。繋がりのある教科ですから、得点に結びつけるには非常に時間を要す教科です。部活動が終わってから受験勉強スタートですと、一定の伸びしか望めないケースが多くなります。受験対策に遅いはありません。早めにスタートしていきましょう。 燕校のこれまでの先輩たちも中2の秋冬から受験対策を始めて、志望校合格を勝ち取っています。

 今なら、中学2年生対象の「受験応援早期スタート早割キャンペーン」を受け付けしています。
 ・受け付けは9月17日(火)より
 ・まずは、無料の教育相談をお申込みください。
 ・高校2年生も対象となります。

詳しくは加茂事務局までお問い合せください。
下記をクリックしていただくと加茂駅前校へ繋がります。
加茂駅前校TEL.0256-53-5544(代)

集まれ高校2年生諸君!「燕校」

燕市 三条市 弥彦村 塾 個別指導

集まれ高校2年生諸君!!

 こんにちは、KATEKYO学院 燕校 です。燕校では高3生や既卒生が連日夜遅くまで、自習に指導にと頑張っています。指導する先生方もセンター入試や一般入試、授業フォローなど一生懸命教えて下さっています。

 さて、これから皆さんは5教科のマーク模試を受けていくことになります。
例年の平均点の伸びについてお伝えしますと、6月頃の模試から、10月頃の模試まで4か月間あります。前年のある模試結果からいくと、この4か月間の5教科平均点伸び率は、文系生徒では約1.04倍に伸びていましたが、理系生徒はほぼ横ばいです。また、夏の模試から11月実施のプレテストまでの伸びを見ても、文系生では約1.1倍程度、理系生では約1.09倍程度の伸びです。なお、プレテストからセンター入試本番までは、ほとんど伸びない傾向が見られますから、プレテスト結果を見れば、センター入試での得点も予想できる、ということになります。


これからどう過ごしていくかがカギです!

 数学や英語・国語(現代文)などは、伸びしろの少ない科目と言われます。積み重ね科目は、「単元ごとの正確な理解→複数の単元を含む問題への対応力→得点」という流れがあります。第2回が実施される6・7月ごろまでは基本問題で得点ができるため、ある程度は得点が伸びますが、その後の応用力養成期間である11月頃に実施される第3回では、ほとんど得点は上がらない傾向があります。しかし、ここで我慢に我慢を重ねて努力した成果が、12月に実施されるプレテストで花開くこともあります。裏を返せば、仮に65%点程度が取れていたとしても、それが「基本定着のみ」の得点なのか、「応用力養成期間中」ゆえの得点なのかにより、プレテストの結果は大きく変わってくるということです。もしも、第3回とプレテストが同様の結果だったとしたら、得点が大きく伸びるのは2月以降にずれ込む可能性もあります。それぞれ、生徒さんにより、得手不得手があり、どの科目をどれだけ伸ばす必要があるのかは、一人で解決することは難しく、専門家からのアドバイスがなければ解決はできないでしょう。
センター試験に間に合わせようと思ったら、勉強量を倍以上に増やし、質の面での効率化を図りながら進めなければいけない、ということが言えます。大学受験は、「全国、何十万人との勝負!」です。新潟県高校受験の時と同じような心構えではいけません。

KATEKYO 燕でスタートです

  英語や数学、現代文・古文・漢文といった1教科(1科目)でもいいですから、受験対策を早めにスタートしていきましょう。 加茂駅前校のこれまでの先輩たちも高2の秋冬から受験対策を始めて、志望校合格を勝ち取っています。

 今なら、高校2年生対象の「受験応援早期スタート早割キャンペーン」を受け付けしています。
 ・受け付けは9月17日(火)より
 ・まずは、無料の教育相談をお申込みください。
 ・中学2年生も対象となります。

詳しくは燕事務局までお問い合せください。
下記をクリックしていただくと燕校へ繋がります。
燕校TEL.0256-62-3366(代)