新着情報

完全個別指導塾 マンツーマン指導 KATEKYO学院 加茂駅前校/燕校


受験生諸君へ!!

受験生Aさん
 ・日常は、定期試験前に付け焼刃勉強で部活動に集中してき
  たタイプの生徒さん
燕校
一方で
受験生Bさん
 ・日常は、週2回程度は「塾通い」、与えらえた課題はその日
  のうちに必ず取り組んできた生徒さん

皆さんは、果たしてどちらのタイプですか?
受験は、目標とする高校で必要な学力に対する差を埋めること
です。どの程度の差があるかは生徒さんによってバラバラです。

「入りたい大学・高校選び」
「入れる大学・高校選び」のどちらですか。

どうしたら良いか悩んでいるなら、受験のプロからアドバイス
してもらうことも1つの考え方です。悩む前に行動しましょう。
きっと良い解決策を見出してくれるはずです。

“夏を制する者は、受験を制す”

大きく飛躍する、そんな夏休みにしていきましょう!!
まずは、KATEKYOへご相談ください。

KATEKYOマンツーマン夏期講習はこちら

KATEKYO「中学3年生限定 特訓教室案内こちら


2019年 夏期「特訓教室」の詳細

KATEKYO新潟の各校の夏期特訓教室について、教科、会場、日程の詳細です。
より詳しい内容を知りたい方は、資料請求または各校へお問い合せください。


小針校・新潟駅前校

【開催期間】7/29 〜 8/9

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英理

【実施会場】新潟駅前カルチャーセンター 他

【実施日】7/29(月), 7/30, (火), 8/1(木), 8/2(金),8/5(月), 8/6(火), 8/8(木), 8/9(金)

 

新津駅前校

【開催期間】7/29 〜 8/7

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英社理

【実施会場】新津駅前校

【実施日】7/29(月), 7/30 (火), 7/31 (水), 8/2(金), 8/3(土), 8/4(日),  8/6(火), 8/7(水)

 

長岡駅前校

【開催期間】7/29 〜 8/8

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英社理

【実施会場】長岡駅前校

【実施日】7/29(月), 7/30 (火), 7/31 (水), 8/1(木), 8/5(月), 8/6(火),  8/7(水), 8/8(木)

 

高田駅前校

【開催期間】7/29 〜 8/7

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英社理

【実施会場】高田駅前校

【実施日】7/29(月), 7/30 (火), 8/1(木), 8/2(金), 8/3(土), 8/5(月), 8/6(火),  8/7(水)

 

村上駅前校

【開催期間】7/31 〜 8/9

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英理

【実施会場】村上駅前校

【実施日】7/31 (水), 8/1(木), 8/2(金), 8/3(土), 8/5(月), 8/6(火),  8/7(水),  8/9(金)

 

新発田駅前校

【開催期間】7/30 〜 8/20

【コース】50分×30コマ

【実施教科】国数英社理

【実施会場】新発田駅前校

【実施日】7/30(火), 7/31 (水), 8/2(金), 8/3(土), 8/5(月), 8/6(火),  8/8(木),  8/9(金), 8/19(月), 8/20 (火) 

 

加茂駅前校

【開催期間】7/31 〜 8/8

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英理

【実施会場】加茂駅前校

【実施日】 7/31 (水), 8/1(木), 8/2(金), 8/3(土),  8/5(月),  8/6(火), 8/7(水), 8/8(木)

 

東三条駅前校

【開催期間】7/25 〜 8/2

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英理

【実施会場】第二教室

【実施日】 7/25(木), 7/26(金), 7/27(土), 7/29(月) ,7/30(火), 7/31 (水), 8/1(木), 8/2(金)

 

燕校

【開催期間】7/31 〜 8/8

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英社理

【実施会場】燕校

【実施日】 7/31 (水), 8/1(木), 8/2(金), 8/3(土),  8/5(月),  8/6(火), 8/7(水), 8/8(木)

 

柏崎四谷校

【開催期間】7/29 〜 8/7

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英理

【実施会場】柏崎四谷校

【実施日】7/29(月), 7/30 (火), 7/31 (水), 8/1(木), 8/2(金), 8/5(月), 8/6(火),  8/7(水)

 

十日町駅前校・六日町校

【開催期間】7/31 〜 8/9

【コース】60分×24コマ

【実施教科】国数英

【実施会場】十日町駅前校

【実施日】7/31 (水), 8/1(木), 8/2(金), 8/5(月), 8/6(火),  8/7(水),  8/8(木),  8/9(金)

 

【新潟駅前校】指導実例⑤ ~新潟市内の中学3年生~

新潟市 塾 高校入試 個別指導 中学3年

5回目の新潟駅前校指導実例紹介は、昨年の7月に当校で学習をスタートした中学3年生のケースです。

<夏休みから受験勉強をスタートした中学3年生>
・女の子
・7月に部活引退
・学習塾経験はなし
・学校の三者面談で
 「新潟高校目標」と宣言
・理数科目がやや苦手

 
・昨夏、ユーザーのお母様から「下の子の勉強を見てほしい」とご依頼をいただき、教育相談で初めてお会いした中学3年生の女の子。これまで学習塾にも行かず、部活もしながら成績は学年でトップクラスの頑張り屋さんでした。お母さんは「本当に新潟高校に行きたいの?」と疑っていましたが、ご本人の決意の強さを感じ「新潟高校を目指そう!」と学習指導をスタートしました。

・担当教師からは「基礎力は十分。応用問題や入試問題の経験を積ませることが必要」と最初の報告がありました。確かに模試でももったいないミスや時間配分のミスなどから、実力通りの点数を取れていない印象でした。ご本人とも相談し英数の学習指導を中心に本格スタートです。

・数学は基礎問題で点を落とさない練習、応用問題でも部分点を拾える練習を行い、模試点数は飛躍的に伸びました。英語は最初は停滞気味でしたが、根気強く英作文練習を行ったこともあり、冬には模試で9割近い点数を取れるようになりました。

・冬休みからは国語の古文対策、筆答検査と作文の対策、私立高校併願入試対策、公立高校入試過去問題演習を行い万全の準備を行うことができました。公立高校入試では数学が思った以上に難しく苦戦した様子でしたが、担当教師から事前にもらったアドバイス「難しい科目があったら、その分易しい科目もあるはずだから、気持ちを切り替えるように」の通り、他教科で点数を確保できたようでした。無事に市内私立高校と新潟高校普通科に合格。おめでとうございました。

 

【教育相談員より】
多くの中学3年生が春~夏に受験勉強をスタートしますが、「① どの高校に行きたいか、② その高校に行くにはどれくらいの点数を取らなければならないか、③ 自分は現在どれくらいの点数で目標点数まで何点必要か、④ その必要点数をどの科目で埋めるか」という戦略が必要です。今回ご紹介した生徒さんはこの戦略をある程度自分で作れていました。その上で「この科目、この分野を伸ばしてほしい」とお願いをしてくれました。的確な自己分析と情報収集も受験に必要な力ですね。「自己分析も情報収集も苦手…」という生徒さん、教育相談をご予約ください。入塾しなくても構いませんから、受験の第一歩である自己分析と情報収集を一緒に行いましょう。

【お詫び】ホームページ閲覧障害について

2019年6月10日(月)の一定時間、弊社ホームページが一部のお客様が閲覧できない障害が発生しておりました。 現在は、復旧しております。 お客様をはじめ関係者の皆様にはご心配、ご迷惑をおかけすることとなり心よりお詫び申し上げます。

新テレビCMスタート!解答・解説はこちら

注意すべき名詞の用法~英語編~

<問題>
「私は昨日鶏肉(chicken)を食べた」と英語で言いたいとき、
I ate (   ) yesterday.   括弧に入れるのはどれ?
a. chicken   b.  a chicken   c. some chickens

<正解>
a. chicken

<解説>
まず、chicken は、可算名詞としたときの意味と、不可算名詞としたときの意味が異なる点がポイントになります。
食材の「鶏肉」の意味のchickenは、数えられない名詞(不可算名詞)として扱います。
それに対して、a chicken や some chickens  などのような可算名詞を用いた言い方をすると、1羽のニワトリ、であるとか何羽かのニワトリ となり、その意味は、鶏肉ではなく、生き物の個体数ということになってしまいます。
したがって、 b. c. を選ぶと、あたかも肉食動物がニワトリを丸ごとかぶりついて食ったような意味になってしまうのです。
他にもsome pieces of chicken という言い方で肉の切り身の個数を加算名詞として使用する方法もあります。日本語にはこのような表現が少なく区別がつきにくいので、しっかりと覚えておくべき文法知識なんですが、簡単なようで意外と難しく、中学生、高校生を問わず、日本人がよくやってしまう間違いですので覚えておきましょう。

メネラウスの定理とは?~数学編~

メネラウスの定理は高校数学の基本ですが、中学生でもハイレベル応用問題では出題される領域です。

<問題>
下図においてBO:OQとAP:POを求めよ。

メネラウス1

 

<解答&解説>
メネラウスの定理の基本事項
メネラウスの定理の覚え方のポイントは、アルファベットに注目することです。下の図のように、

AD→DB→BE→EC→CF→FAのようにたどっていき、
メネラウスの定理の覚え方としてはアルファベットが繋がっていることにぜひ注目してください。

では、問題の解説です。
ポイント:CMの問題は通常の定理の覚え方の図形を回転したものと考えます。

メネラウスの定理を当てはめてみるとQC/CA×AR/RB×BO/OQ=1が成り立ちます。

補足:△QBAを基準となる△として、△RCAが重なっているとイメージします。頂点Qをスタート点とした場合、

頂点Q⇒頂点じゃない点C⇒頂点A⇒頂じゃない点R⇒頂点B⇒頂点じゃない点O⇒頂点Qへとジャンプしていきます。それを定理にあてはまると以下のようになります。

つまり、4/5×5/2×BO/OQ=1  より、BO/OQ=1/2  したがって、BO:OQ=1:2・・・(答)です。

次にAP:POを求めていきます。
メネラウスの定理より、AC/CQ×QB/BO×OP/PA=1

補足:△AQOを基準となる△として、△BQCが重なっているとイメージします。頂点Aをスタート点とした場合、

頂点A⇒頂点じゃない点C⇒頂点Q⇒頂点じゃない点B⇒頂点O⇒頂点じゃない点P⇒頂点Aへとジャンプしていきます。それを定理にあてはまると以下のようになります。

つまり、5/4×3/1×OP/PA=1 なので、OP/PA=4/15  よって、OP:PA=4:15
問題文の形に直すとAP:PO=15:4・・・(答)となります。

メネラウスの定理の適応部分が2箇所あるかに気づけるかがポイントです。