新着情報

4月スタート!少人数グループ指導講座

 KATEKYO学院では、完全1対1の個別指導に加えて、一人の先生に対して最大8名までの少人数を対象としたグループレッスン(少人数制集団指導)も行っています。

少人数グループ指導講座のお知らせ


 中学生から高校生までの英語や数学が中心で、内容は定期テスト対策の講座、受験対策の講座に分かれています。1回の指導時間は60分か90分、月単位でのお申込が出来ます。

月謝もお手頃な価格となっています。完全1対1の個別指導+グループレッスンの受講者が多数ですが、グループレッスンのみの受講も可能です。各講座定員に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

4月、5月の講座においては、お得なキャンペーンも実施しています。

 


 グループレッスン実施の有無、実施の場合の講座内容、日時や期間などは教室によって異なります。最寄りの教室までお問合せください。

 

新潟駅前校 大学受験合格速報②

新潟市 塾 大学入試 個別指導

昨日24日は国公立大学の後期日程の合格発表最終日でした。新潟駅前校に在籍している高3生、既卒生の皆さんの多くが受験校合格を勝ち取りました。本当におめでとうございます! 昨年同様、特に関東の私立大学は繰上合格の可能性がまだあるようですので、確定値ではありませんが、今日現在の新潟駅前校生の合格実績は以下の通りです。 

岩手大学理工学部、筑波大学体育専門学群、お茶の水女子大学文教育学部、
新潟大学法学部、新潟大学経済学部、新潟大学工学部、
秋田県立大学システム科学技術部、新潟県立大学国際地域学部、
新潟県立大学国際地域学部、新潟県立大学人間生活学部、
公立諏訪東京理科大学工学部、学習院大学経済学部、
明治大学商学部、立教大学社会学部、立教大学社会学部、
中央大学経済学部、中央大学経済学部、法政大学社会学部、
成蹊大学文学部、成城大学社会イノベーション学部、
獨協大学法学部、獨協大学法学部、明治学院大学法学部、
日本大学理工学部、日本大学法学部、東洋大学社会学部、
東洋大学経営学部、駒沢大学医療健康科学部、東海大学政治経済学部、帝京大学医療技術学部、
帝京大学医療技術学部、帝京大学経済学部、玉川大学観光学部、文教大学国際学部、
工学院大学工学部、工学院大学工学部、神奈川大学経営学部、神奈川工科大学工学部、
神奈川工科大学工学部、関東学院大学教育学部、千葉工業大学工学部、武蔵野大学薬学部、
桜美林大学ビジネスマネジメント学群、新潟国際情報大学国際学部、新潟医療福祉大学医療技術学部、
新潟医療福祉大学医療技術学部、新潟医療福祉大学医療技術学部、新潟医療福祉大学医療経営管理学部、
新潟工科大学工学部、新潟青陵大学福祉心理学部、敬和学園大学人文学部、長岡崇徳大学看護学部、
金沢工業大学工学部、金沢工業大学工学部、金沢工業大学工学部、金沢工業大学情報フロンティア部、
愛知大学経済学部、名古屋外国語大学現代国際学部、名古屋外国語大学現代国際学部、
立命館大学文学部、立命館大学スポーツ健康科学部、同志社大学スポーツ健康科学部、
龍谷大学理工学部、関西外国語大学短期大学部、国際メディカル専門学校

 

2019 KATEKYO柏崎 大学合格実績

   

第1志望校合格おめでとうございます!
          (2019.03.22確定)
【国公立大学】
埼玉大学、弘前大学、山形大学、福島大学、
 長岡技術科学大学、新潟大学、秋田大学
【私立大学】
  明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学(2)、
 立命館大学、津田塾大学(3)、日本大学(2)、東洋大学(2)、
 駒澤大学、専修大学(2)、武蔵野大学、東海大学(2)、
 亜細亜大学、帝京大学、東京経済大学、東北文教大学、
 目白大学、拓殖大学、埼玉医科大学、城西大学、
 東京医療保健大学、日本女子大学、鎌倉女子大学、
 新潟青陵大学(2)、新潟医療福祉大学、東海学院大学
 高岡法科大学、金沢学院大学、奈良大学、新潟産業大学

 

数字で見る首都圏私立大の超難関化!

これを見れば納得!日東駒専神の超難関化!
               KATEKYO学院



先日、「首都圏私立大は合格者数を大幅に削減している
ことで難関化している」というレポートをしました。
さて、およそ私立大の入試スケジュールも終わり、各大
学の志願者数が判明しましたので、その理由を確認して
みましょう。
「難しくなった」とは聞いていても、いまいち実感が持
てなかった人でも、この数字を見れば嫌でも実感できる
はずです。

【資料1】2019年度入試志願者数の前年対比
 
 早慶上理(早稲田・慶応・上智・東京理科)
 2018年度 約24万8500人 → 2019年度 約24万2000人
 全体で、約6500人の志願者 減 ➘
 
 GMARCH(学習院・明治・青学・立教・中央・法政)
 2018年度 約48万5000人 → 2019年度 約46万7000人
 全体で、約18000人の志願者 減 ➘

 日東駒専神(日大・東洋・駒澤・専修・神奈川)
 2018年度 約35万2000人 → 2019年度 約37万0000人
 全体で、約18000人の志願者

 まず早慶上理・GMARCHは合格者削減で一足先に難
関化が進行していました。これを受けて、受験生の多くは
「安全策」をとったのでしょうか、いずれも志願者数が
大きく減少しています。特にGMARCHは約18000人も
減少しています。
 日東駒専神は、それをそっくりそのまま引き受けたよう
に約18000人増加しています。日東駒専神の各大学も合格
者数を削減しているわけですから、偏差値が急上昇し、超
難関化したのも、よく理解できますね。


向こう2年は柏刈エリアの高校入試も難化!

2020年度入試で1クラス減、2021年度入試は2クラス減!
目標設定は早く!対策のスタートも早く!




少子化の影響もあり、すでに高校の募集定員削減は進行
中です。加えて政府・内閣の方針で、2021年度からの導
入を目標に、普通科高校の抜本的改革が進められます。

まず、新中3生が受験する2020年度入試では、出雲崎高
校が一クラス(35名)削減します。これにより、柏刈エ
リア公立高校の募集定員は、5校16クラス635人となりま
す。対して、柏刈・出雲崎地区の新中3生総数は730名
(2018.5現在)のため、単純計算すれば、95名の生徒が
私立高校などに進学することになります。
次に、新中2が受験する2021年度入試では、常盤と工業
が1クラスずつ募集定員を削減するため、5校14クラス
555名の募集になります。対して新中2生の同エリア人口
は647名ですので、こちらは差し引き98名の生徒が私立
高校などに進学することになります。
2019年度入試では、693名に対して5校17クラス670名の
募集で、その差わずかに23名でした。
このことから新中3・新中2の受験は、年々厳しくなると
言わざるをえません。

なお、新中3が受験する2020年度入試では、人気校であ
る長岡向陵が1クラス削減となるため、柏刈・出雲崎エ
リアから長岡エリア高校を希望する生徒数も、自ずと減
少すると推測されますから、柏刈および出雲崎エリアの
受験生数は飽和状態となり、一気に競争が激化しそうで
す。

2019 KATEKYO柏崎 高校合格実績

志望校合格おめでとうございます!



【公立高校】
 柏崎高校、柏崎常盤高校、柏崎総合高校、柏崎工業高校、
 出雲崎高校、長岡高校(普通科)、長岡高校(理数科)、
 長岡向陵高校

【私立高校】
 新潟産業大学附属高校、中越高校、帝京長岡高校、
 新潟明訓高校

村上駅前校 指導実績・合格体験記(新発田高校 合格)

●Aさんより(中学3年の9月上旬にスタート)
  
私がカテキョーを始めたきっかけは、体育祭も終わったので
『高校入試に向けて、受験勉強を頑張りたい!』と思ったからです。

最初は成績が志望校に届いておらず、志望高校に合格できるのか不安でした。
 
しかし村上駅前校に通い始めると、教育相談員の丹後さんが色々なアドバイスをくださり、
私の担当の鈴木先生は楽しくもしっかりと勉強を教えてくれました。
 
自分の実力を知るために、模試もたくさん受けました。
模試を受けるたびに点数が上がっていくので、とても面白かったです。
 
そして、無事に新発田高校にも合格できて、とても嬉しいです。
 
 
●教育相談員より
 
当校には様々な中学校から通塾していますが、
新発田高校へチャレンジする生徒が年々増えています。
 
その中で、今年は普通科の倍率は56人オーバーの1.23倍
(理数科の不合格者も併せた実質倍率は、71人オーバーの1.30倍)
という厳しい状況でしたが、受験した8人全員が合格できました。
 
同じ勉強や同じ志望校でも、
目標や意識の持ち方次第で、成績の上がり方には大きな差が出ます。
 
生徒自身の努力が一番の勝因ではありますが、
『私自身が、過去に志望校進学後にとても苦労したこと』
『(高校生になると衛星授業に切り替える塾が多い中)
   高校入学後もマンツーマン指導が続けられること』
の2つをベースとして、
『志望校合格はあくまでも通過点として、自分自身の将来の可能性を最大限高める塾』
をモットーに、これからも沢山の生徒をサポートしていきます。

 

 

 

新高3にツケが回ってくる大学入試

どうしても合格したいのは、現役生も浪人生も同じ!
                 KATEKYO学院













2020年1月18・19日の両日。
最後となる大学入試センター試験が実施されます。

首都圏私大の難関化により、2019年度入試において進
学先が決まらなかった受験生は多かったはずです。と
いうことは、‶前年に比べれば、2020年度入試における
浪人生の数が増える〟と想像できます。
浪人生は、「今年こそは絶対に合格する!」と1年間、
それはもう必死に勉強します。
事実、昨年までのKATEKYOの浪人生たちも、一日平均
10時間の勉強を1年間継続していました。
新3年生も「今年は絶対に合格したい!」という気持ち
は同じはずです。ただし、例年と大きく違うのは、セ
ンター試験が次回をもって終了することです。
ご存知の通り、2021年度からは記述問題を含む「大学
入学共通テスト」が実施されます。
つまり、新高3生は現役時代はセンター試験対策を、
もし浪人してしまうと大学入学共通テストを受験する
ことになり、現役時と浪人時で、受験対策が異なって
しまうのです。

2019年度入試の影響で増えるであろう浪人生。それに
加えてセンター試験が最終年になることで、2020年度
大学入試は、史上稀に見る大激戦となる予感がします。
部活が終わったら本格的に受験勉強を…という余裕は、
2020年度の大学受験現役生にはありません。

KATEKYOでも、昨年の12月くらいから高2生、つまり新
高3生の入会が続き、例年よりも早く受験対策を始めた
生徒が多くいます。「3年になったら受験勉強を始めよ
う」と考えてる生徒に比べれば、3ヶ月以上も早く対策
を開始したことになります。
もし、この3ヶ月の差が合否を決定づけるとしたら…?

さあ、春休みから受験対策を始めましょう!

2019 KATEKYO春の体験キャンペーンはこちら

首都圏私大の難関化に挑む!

首都圏私大は、この3年で劇的に難関化!

新聞・報道などでご存知の方も多いかと思いますが、
政府の方針で、首都圏の私立大学は、合格者を定員の
1.1倍までしか出してはいけなくなりました。従来は、
入学辞退者
(例えば、明治大と日大に合格した場合、
明治大に進学し、日大への入学を辞退するケースなど)
を想定し、定員の倍以上の合格者を出していました。

しかし、その上限が定員の1.1倍までになったため、
2015年度以降、首都圏の難関・有名私大の合格が非常

に厳しくなってきていました。
大手予備校が予想する偏差値にも影響がでてきており、
GMARCH(学習院・明治・青学・立教・中央・

政)の各大学は2年前と比較して、偏差値が2.5程度上
昇しています。それに続く日東駒専神(日大・東
洋・
駒澤・専修・神奈川)の各大学も概ね2.5程度、高い場
合は5.0も偏差値が上がっています。
ここまでくると、
2年前とは別の大学を受験する感覚です。
当然、センター
利用型入試は定員も少なく、また上位大学を受験する生徒
が「滑り止め」として出願するこ
とが多いため、ますます
合格が難しくなっています。

経済系学部を例にすると、明治(政経-経済)はセンター試
験3科目での得点率は90%以上が要求されます。
また日東
駒専神では低くて70%以上、高ければ80%以上です。得
点率90%以上となると東大レベルです。

一方で、新大が全学部を平均すれば70%以上ですから、日
東駒専神にセンター試験利用型入試で合格しよう
と思った
ら、新大に合格できるレベル以上の学力が要求されること
になります。
2019年度入試では、KATEKYO柏崎から、
明治・青学・立教・中央、日大・東洋・専修にも合格者を
輩出して
いますが、いずれもセンター試験利用型入試では
なく、各大学が個別に実施する「一般入試」での合格でし
た。
「センター利用型入試」は、直接、受験会場に出向く必要
もないため、便利な受験方法ですが、ここまで難度
が高ま
っていることを考えれば、GMARCH、日東駒専神は、
一般入試での合格を目指すべきです。
新年度も国公立大希
望の現役生は多いはずですが、こうした現状の把握が、ま
ずは必要です。



新高1入学準備講座のお知らせ


 本日、公立高校一般入試の合格発表がありました。合格したみなさん、おめでとうございます。ようやく受験勉強から解放されて、しばらくはゆっくりしたいでところでしょうが、入学前までに最低限の学習はしておきたいところです。高1の予習をして入学を迎えるのが理想ですから、今回KATEKYOでは「新高1入学準備講座」を開講します。受講料は一切かかりません。過去にKATEKYOで指導を受けていたが現在は指導を受けていない生徒さん、KATEKYOでこれまで全く指導を受けたことのないお友達の受講も可能です。お申込の場合は、事務局(☎0250-23-6699)まで電話をお願いいたします。


日   時:3月25日(月)、3月27日(水)、3月29日(金)、4月1日(月)の4日間

       時間は4日間ともに13:30~15:40(途中休憩10分) 

      ※4日間全て参加せずに、1~3日間の参加でも可能

       また、英語、数学どちらかの参加も可能

対   象:4月から新高校1年生

会   場:KATEKYO学院 新津駅前校

授 業 内 容:高校1年生の最初に習う英語表現、数学ⅠAの予習

      オリジナルプリントを使用しての講義形式

      授業終了後に高校からの課題など、個別での質問も受け付け可能

受講希望者が多数となった場合は、申込を締め切りとさせていただきます。ご了承ください。