新着情報

高校に、合格したら、KATEKYOだ!


3月12日、公立高校では合格発表が行われました。
志望校に合格したみなさん、おめでとうございます。

それと同時に、新高校1年生としての生活が始まり、大
学入試・専門学校入試に向けて、新たなスタートを切る
ことになります。

将来は国公立大に進学したいから柏高に進む、推薦入試
で大学に進学したいから、校内で上位を確保するために
常盤(総合・柏工)で頑張る。
毎年、中3生の希望理由で耳にしますが、果たしてその
高校は、アナタの夢を叶えてくれるのでしょうか? 


例えば、柏高。3年連続で国公立進学者の割合は下降線
です。5学級200人の柏高ですから、その27.0%となる
と、たったの54人です。つまり、「国公立大に進学する
ために柏高に行く!」と息巻いて入学した200人のうち、
人に1人しか、その夢を叶えられていないのです。


次に常盤国公立大に進学できているのは多くて3人、
なければ1人しかいない年度もあります。「ワンランク
下げるけど、常盤では上位をキープする(※常盤生の言葉をそ
のまま掲載しました)
」と言いますが、しかし、定期考査の結
果が悪くても「だいたいみんなも同じようなもんだし」
とか「〇〇ちゃんよりは、良かったから大丈夫」と言っ
ているうちに成績は下がり続け、大学進学どころじゃな
くなる
。そんな話をよく耳にします。国公立大進学者の
大幅減が、それを物語っています。



柏工は、「工業推薦枠」を利用した新大・工や長岡技科
大に合格者がいますし、総合ではR1年度卒業生で久しぶ
りに推薦での長岡技科大への進学者がいました。柏工・
総合から国公立大に進学した生徒は、推薦条件をクリア
するために、周囲に流されることなく勉強に打ち込んだ
生徒です。国公立大進学を希望するなら、柏高では校内
順位で50位
以内を目指し、常盤・柏工・総合ではダント
ツの1位
をキープし、推薦入試での進学を目指す必要があ
ります。

以上より、高校がアナタの夢を叶えてくれるのではあり
ません。進学した高校でアナタがどのように努力するか
が重要なのです。

そのためには、
① 合格課題・春休み課題を繰り返し行う
② 高校教科書で1か月分程度の予習を行う
③ 新入生課題テスト(入学式後1週間内に実施)
  目標とする校内順位をクリアする
ことが重要になります。

「高校3年間の成績は、高1・1学期の成績で決まる」と
言われますから、そのままの勢いで中間考査まで、一
気に駆け抜けましょう。


KATEKYO柏崎では、新高1生を対象にお得なキャンペーン
を実施中です。なお、「体験キャンペーン①」は、3月中
にお申込みいただければ中学生料金が適用になりますので、
さらにお得です。


【 体験キャンペーン  
【対象】 KATEKYO未受講生
【料金】 高校生 ¥20,900(税込)
     中学生 ¥19,800(税込)
     小学生 ¥  7,920(税込)
【内容】 中・高生は90分×4回 or 120分×3回 
     小学生は45分×4回
【受付】 2/8~4/30まで 
【会場】 KATEKYO学院柏崎四谷校教室、またはご自宅

【 体験キャンペーン ❷ 】
【対象】 
 KATEKYO受講経験のある生徒本人
    ※ただし最終契約日が2020年1月以前の方に限ります。
【料金】 全学年 ¥11,000(税込)
【内容】 
全学年90分×2回
【受付】 2/8~3/19まで
【会場】 KATEKYO学院柏崎四谷校教室、またはご自宅

  高校生活スタート コース(例)
  ・「合格者春休み課題」完成
  ・「春休み課題テスト」対策
  ・「数学Ⅰ・A」予習
  ・「コミュニケーション英語・英語表現」予習
  ・「古文」予習                  そのほかコース多数

                    

 KATEKYO学院 柏崎四谷校 
   TEL 0257₋21₋4455