新着情報

柏刈高生にも首都圏私大難関化の影響大!

新大希望生にとって、
   私立大すべり止めは日東駒専にあらず!


 
 一昨年以来、再三にわたってお伝えしてきた
「首都圏私大の‟超“難関化」ですが、それによって従来言
われてきた大学グループの名称にも変更が必要になってき

たかもしれません。
 例えば、「GMARCH」ですが、これは学習院・明治・青
学・立教・中央・法政の頭文字から命名されましたが、こ
れとて当初は「MARCH」だったものに、2005年ころから
学習院が加わって、現在に至っています。つまり、大学レ
ベルが変われば、こうしたグループ名にも変更が出てくる
ということです。
 【資料1】の通り、大まかに「早慶上理」「GMARCH」
「成成明学獨國武」「日東駒専」などがあります(※かつて、
「日東駒専」に神奈川大が加わり、「日東駒専神」とする時期もあ
ったが、現在では神奈川大と「日東駒専」に差が出てきたため、再
び「日東駒専」とするケースが増えてきている)

 さて、そもそもこれらグループ名は、どちらかと言えば
「文系」を基準に呼ばれています(※以前は「早慶上理」で
はなく「早慶上智」など)
。以前であれば、各グループには比
較的明確な「レベル差」がありました。
しかし、首都圏私大の難関化によって、【資料1】でわかる
通り、グループが違っても偏差値レベルが同じ大学が目立
つようになりました。
「GMARCH」の中でも、明治・青学
は頭一つ抜け出し、「早慶上理」に近づいています。同様
に「成
成明学獨國武」の中には「GMARCH」に、「日東駒
専」の中に
は「成成明学獨國武」と肩を並べ、さらに日大・
東洋に関しては、それを超えて「GMARCH」に匹敵するレ
ベルまで達している学部もあくらいです。
 また、【資料1】には示しませんでしたが、偏差値52.5
になれば、「大東亜帝国」の数が大幅に増えます。一昔前
であれば、45.0から高くて50.0程度だった「大東亜帝国」
もこれほどにレベルを上げているのです。

柏高生・翔洋生がよく言う、
「第一志望は新大だから、
 私立のすべり止めは日東駒専あたりで」は、
            すでに通用
しません。
滑り止めとなる可能性があるとすれば、「大東亜帝国」の
いずれかになります。
  
  これほどまでに偏差値があがってしまうと、
「日東駒専」を第一希望とする常盤生が
 
一般選抜 (学力選抜)で合格しようとするなら
       
校内順位が5位以内でも難しい?
でしょうし、そうでなければ「指定校推薦」で確実な合格
を狙うしかないでしょう(※2020年度入試では専修大・経済学
部と文学部に指定校推薦枠あり。2021年度は未定)
。難関化し

いる「大東亜帝国」を希望する場合も同様です。


 また、首都圏の女子大でも「生活科学」系の学部で大き
な変化があります。名門である津田塾や日本女子・東京女
子、の難関化はもちろんですが、「文・人文」「国際・社
会」など女子生徒に人気の他の学部を見ても、難関化して
います。一覧に記載はありませんが、特に「生活科学」に
おける東京家政大の超難関化が目立ちます。

 こうした状況を知らずに、受験校を決めることはできま
せん。また、とても失礼な言い方になりますが、
「親御さんの時と時代が変わっている」ことを
受け止めていただき、親子で一緒に受験校について相談し
ていただきたいと思います。

 もちろん、KATEKYOも最新の情報をもって、相談に乗ら
せていただきます。このように変化が著しい時代ですので、
いつまでも「受験が決まらない」と言っていられません。