新着情報

新潟駅前校 指導実例⑥ ~新潟市内の高校2年生~

新潟市 塾 大学入試 個別指導 高校2年

6回目の新潟駅前校指導実例紹介は、昨年の10月に当校で学習をスタートした高校2年生のケースです。

<新潟市内公立高校の2年生>
・女の子
・部活動なし
・2年生の秋に入会
・関東私大の経済系学部を志望
・他の学習塾の併用なし

・学校では理系コースに所属していたこの生徒さん。進路を考えるうちに「経済を学びたい」と文転を決意し、新潟駅前校の教育相談に来てくれました。私大文系で英数国を受験科目にする計画を立て、英語中心で国語(現古)もフォローする指導をスタートしました。120分6回コースです。

・さすが理系の生徒さんで、数学は模試でも偏差値60超えを安定して獲得していました。数学を武器にしつつ、英語と国語を戦える水準に上げるべく、基礎から徹底復習を開始しました。3年春での完成を目標に、英文法と古文法の指導とその復習、英単語の自宅学習とその小テストを毎週欠かさず実施し、英語の成果が現れます。

・3年夏には古文の成績も安定し、セ試を想定したマーク問題集では英語も国語も順調に点数を伸ばしました。秋には現代文の特訓、英語長文の苦手克服練習を行いました。模試の成績の不安定感はありましたが、問題慣れもしてきて、成績は上向きです。

・冬に親御様と生徒さん、担当教師と教育相談員で4者面談をして受験計画を決定。第一志望の東洋大経営学部を中心に、受験校の過去問演習を行いました。

・センター試験では自己ベストを更新し、第二志望群のセ試利用合格を順調に獲得。ゆとりをもって第一志望校を受験し、見事合格! 生徒さん曰く「自分の学力と志望校に最適な指導をしてくれた」、「『これをやったら成績が上がる』とアドバイスをしてくれて、その通りに成績が上がった」とのこと。嬉しい合格体験を語ってくれました。

 

【教育相談員より】
この生徒さんのように関東私大受験を考えている方は、早めの受験対策スタートをしましょう。ご存知の通り、大学入学者の定員厳格化により特に人気の関東私大は、かなり厳しい入試となっています。「一昔前よりも偏差値が5ポイント以上も上がっている」というような分析結果も目にします。だからと言って、志望校のランクを下げるのが正解なのか? 特に高2生の皆さんは志望校を下げるのではなく、実力を上げて志望校合格を勝ち取れる計画を練りましょう。そのお手伝いをいたしますので、まずは教育相談をご予約ください。一緒に「勝てるプラン」を作りましょう!