新着情報

【新潟駅前校】指導実例④ ~既卒生~

新潟市中央区 予備校 大学入試 個別指導 浪人生

4回目の新潟駅前校指導実例紹介は、昨年の7月に当校で学習をスタートした既卒生のケースです。

<大手予備校を利用中の既卒生>
・男の子
・高校卒業後、
 大手予備校利用中
  (難関私大コース)
・MARCH文系を志望
・英語指導を希望

・昨夏、教育相談に来られたのは、1浪目で新潟市内の大手予備校を利用している男の子とお母さん。第一志望校の模試判定はD~C判定で国語と日本史は安定して高得点を取れていますが、それら2科目と比較すると英語の偏差値がもう一つ、という状態でした。そこで難関私大の英語指導が得意な教師を担当にして、月4回90分コースでスタートします。

・担当教師からは「基礎的な知識も読解力もあるが、その知識の精度や活用力にムラがあるようで、それが正答率乱高下の要因だろう」と報告を受けました。単語や文法知識の精度アップのための指導を中心にスタートをしましたが、ペースアップが必要と判断し、ご両親と相談の上、秋からは月8回コースに変更していただきました。

・ペースアップが奏功し、知識精度も改善され、過去問を利用した読解力養成も成果を上げていきました。残すは時間内に読み切るための速読力でしたが、これも冬の頑張りで相当力がつきました。国語担当の教師からスポット指導を受け、3科目ともに模試結果は安定、冬には第一志望群の過去問正答率は軒並み8割超えで、ご両親と共に少しホッとした年越しができました。

・センター試験は目標得点率の9割には届かず、センター利用入試の受験戦略が若干狂いましたが、立教大学、中央大学、学習院大学をはじめとした一般入試は順調に受験できました。大本命の立教大学は残念でしたが、それ以外の一般入試受験校は全て合格。パチパチ。学習院大学へ進学しました。


【教育相談員より】

毎年10人超の既卒生をお預かりしますが、大手予備校や映像授業の塾を中心に据えて、当校をサブ的に併用する方が増えています。受験は情報戦ですから、大手予備校の情報はかなり大事です。完全マンツーマン指導の当校では受講生母数はそれほど多くなりませんから、情報量は他社さんにはかないません。この実例の男の子のように、苦手な科目、しかも完全マンツーマン指導に向く科目を単科で申し込む、という当校の利用法はとても理にかなっています。既卒生の皆さん、何かお困りの科目があれば、当校までご相談ください。どんなことでも構いませんので。