新着情報

共通テスト リスニング対策OK?【KATEKYO柏崎】

ジオーディオィズブローキャストンリィワンス,
イザットケー?


10月8日。2021年度 大学入学共通テストの出願が締
め切られました。当日の消印有効分が未集計ですか
ら、これよりも増えますが、その段階では514,651
人(前年比-16,266人)でした。内訳では、現役生が
440,555人(前年比-465人)、既卒生などが74,096人
(前年比-15,801人)でした。

昨年の高3KATEKYO柏崎生にも見られた傾向ですが、
「来年から大学受験が変わる。だから浪人はしたく
ない」という考えが反映された結果と推測されます。
一方で現役生がさほど変わらなかった理由として
は、コロナウィルスなどの影響で、私立大が一般選
抜を実施できなくなった場合、共通テストの結果を
合否判定に用いる可能性があることを受け、いわゆ
る「共通テスト利用型」での出願を考えたものと推
察されます。

さて、大学入学共通テストに変わることで受験生が
苦労していることの一つに、「英語 リスニングの高
配点化」があると思います。センター試験では50点
だったものが、大学入学共通テストでは100点です。
従来は後回しになりがちだったリスニング対策です
が、今年はそういうわけにはいきません。

事実、KATEKYO柏崎の授業でも、リスニング対策を
取り入れ、個別に徹底指導をしています。特に、県
内の国公立では上教大のようにリーディングとリス
ニングの配点を「1:1」にしている大学を受験す
る場合などは、特に対策に時間をかけなければいけ
ません。

例えば、Check  it  out!
                            ↓
    チェック イット アウト
          ↓
                  チェッキタウト
                            ↓
        チェッケラウ
のように、見るのと聞くのとでは大違いです。
これらを、「音声変化」と言い、それには「音の
連結」「音の脱落」「音の同化」が含まれ………、
と、そんなことをいくら説明しても、理解できな
いものは理解できないのです。

受験生の多くが陥りやすいのが、リスニングの放
送文が流れたら、一語一語をしっかりと拾って、
カタカナで表記する、もっと心配性な人はそれを
英語にし直す…。
それで間に合いますか?
それで間に合ったことがありました
か?


KATEKYO柏崎には、ネイティブで英語が話せる教
がいます。また、「英会話教室の先生」と違い、
大学入試を熟知したの大学受験リスニング対策の
プロです。そうしたプロがまず指導するのが、
「全部を聞こうとしない(聞こえたものを聞き取
れば良い)」ということです。
対策内容はたくさ
んありますが、最も重要のはコレです。
聞こえたものをどうするかなど具体的な指導内容
は、文字数の都合上、割愛しますが、この訓練を
しておかないとリスニングの得点は絶対に伸びま
せん。

大学入学共通テストの問題用紙の表紙(サンプル)
には次のように書いてあります。



放送文が1回しか流れない問題があるのです。
つまり、1回目で大まかに聞いて、2回目で詳細を
詰める方法は取れないのです。

大学入学共通テスト「英語 リスニング」に不安の
ある受験生は、まずはご相談ください。
なお、KATEKYO柏崎の教師陣は、英語のみならず、
それに加えて数学・理科など複数教科の指導が可
な教師陣です。

ちなみに冒頭の元の英文は、こういう意味でした。

ジオーディオィズブローキャストンリィワンス,
イザットケー?
The audio is broadcast only once,
is that okay?

 (1回しか放送が流れないけど大丈夫?)



無料教育相談のお申込みはこちらからどうぞ