新着情報

中3生「切替・乗換」「併用」歓迎

高校受験対策
「切替・乗換」「 併用」キャンペーン

中3生の皆さん、いよいよ「勝負の冬」を迎えます。
KATEKYO柏崎では、従来通り「KATEKYO一本で」
いうお申込みはもちろん、「塾に通っていてもな
かなか成果が出なかった」と切替・乗換を検討中の
生徒さん、「塾の授業で手薄な理科や国語だけ申し
込みたい」と塾との併用を考えている生徒さんから
のご依頼を受け付けます。

受験対策の「全部」も「一部」も KATEKYOが万全
の態勢でサポートします。

 

 

1.公立入試 基礎総合
  これまでの確認テストにおいて、①60点に届いて
  いない教科がある常盤・長岡向陵の希望生、②45
  点に届いていない教科がある柏崎総合・柏崎工業
  の希望生が対象です。目標に足りない得点を、ど
  の単元で補うかを決め、徹底して指導します。柏
  崎エリアの生徒は「数学の『関数』が弱い」のが
  特徴ですが、入試では必ず出題されます。理科の
 「電流」も同様に苦手な生徒が多いですが、これも
  必出です。単元を絞り込んで基礎学力を固めます。

2.公立入試 発展総合・筆答A対策
      柏高・長高・長岡大手の希望生が対象です。倍率
  が極端に高くなることがない各高校ですが、希望
  者同士の実力差は大きくないため、学力検査で高
  得点が要求されることはもちろんですが、2日目
  の学校独自検査の結果が合否を左右する可能性が
  あります。学力検査では75点以上(長高は80点以
  上)の得点力を養成し、筆答検査Aの対策をします。
  特に筆答Aの数学対策では、高校数学の内容を先
  取りして対策を行います。

3.公立高校入試 3教科集中
  【苦手 or 得意教科 】
  数学の「関数」、理科の「電流」の他にも、数学
      の「図形」や「文章題」、理科の「天体」、国語
  の「現代文読解」、社会の「グラフ計算問題」や
 「分野融合問題」…、と苦手分野は人それぞれです。
 「3教科の中でもココ」という単元をピンポイント
  で指導可能です。反対に、苦手教科のマイナスを、
  得意教科で補いたいと考える生徒も少なくないで
  しょう。普通科希望の場合はそうはいきませんが、
  実業科であれば合計点で勝負できますから、それ
  もありです。

4.公立入試 独自検査対策① 筆答A
  【 英語・数学 】
  超難問「筆答A」のみの対策です。学力検査「数
  学」で「規則性」からの出題がありますが、筆答
  Aの数学も同様です。さらに筆答Aの数学は、数的
  処理や数的判断など、偶然に左右されない高度な
  数学力が必要です。しかし、学校授業ではほとん
  ど実施されず、出題パターンもつかみづらいため、
  対策が後手になることも事実です。SPI検査(企業
  が入社試験で行う適性検査)や有名私立中学入試
  から類似問題をピックアップして対策します。

5.公立入試 独自検査対策② 筆答B
  【
国語 読解・記述 】
  A4冊子2ページ半の文章を読み、50・100・150字
  程度の文章で解答します。その長文を読み切る忍耐
  力、要旨・要点を理解して読み進める読解力、そし
  て、文章にまとめて解答する表現力が必要です。
  KATEKYO柏崎では「書き手の気持ちが分かれば、読
  み手となっても、どこに言いたいことを書くか分か
  る」という逆転の発想で、「文章を書かせる指導」
  で読解力を養成します。これは学力検査における国
  語の得点アップにもつながる一石二鳥の指導です。

6.長岡高専対策 総合
  【 数学・理科 集中強化 】 
  高専入試は数学と理科が難しいうえに、全ての教科
  がマーク式を導入しています。特に数学は、大学入
  試センター試験と同じような出題形式になっており、
  中学生にはなじみのない出題です。また、「選択方
  式だから、大丈夫」と思っている受験生もいると思
  いますが、受験生を惑わす(見極めが難しい)選択肢
  があるため、何度も見直する必要があり、記述式よ
  り時間がかかります。高専第一希望生限定です。

7.難関私立高校 3教科+面接
  【 新潟明訓・中越(特進)など 】
  いずれも出題内容が難しく、入学後の授業レベルが
  高いため、入学時に高い学力が要求されます。また、
  私立高校は独自問題で入試が行われるため、高校別
  の対策が必要になります。3教科全般の対策も、苦
  手な2教科もしくは1教科でも対応します(その場合
  の指導回数は応相談)。また入試方式によっては、面
  接試験が実施される場合がありますが、各高校によ
  って質問内容は毎年ほぼ同じため、繰り返し練習し
  対策します。

8.私立高校 対策 3教科
  【 国語・数学・英語】
  産大附属・中越(普通)・帝京長岡などの受験対策です。
  基本問題を、いかに間違えずに正解できるかが合格の
  カギです。数学では、計算問題の全問正解と各大問の
  (1)を確実に正解できること、英語では時制(現在・過
  去・未来)を意識し、元の文を疑問文や否定文に書き
  変えられるなどです。出題パターンはほぼ毎年同じた
  め、過去問を中心に、何度も繰り返し練習を行うこと
  で、間近に迫った入試にも安心して臨める態勢を整え
  ます。