新着情報

中学受検について【燕市の塾/家庭教師】

燕市 塾 弥彦村 西蒲区 小学生 中学受検 家庭教師 
*************

中学受検について

KATEKYO燕の教師吉田です。中学入試が12月・1月に迫ってます。受検しようか?と迷っている小学生の皆さんは、是非ご覧下さい。


(1)中高一貫教育の種類

①中等教育学校 
 6年間、中学校と高校が一体的となって、教育を行います。
(新潟では、燕中等・高志中等・柏崎翔洋中等などです)

②中学校・高校併設型 
 高校の入学試験をせず、同一設置者により、中学校と高校を接続。
(新潟では、新潟明訓中・新潟第一中・新潟清心女子中です)

③中学校・高校連携型 
 ②と同じ形態だが、設置者が異なります。それにより、中学と高校の生徒間の交流を深め一貫教育を行います。
(新潟県内には設置されていません)


(2)中高一貫校のメリットとデメリット

①メリット
 高校入試がないため、6年間同じ環境下で生活しますから落ち着いて学習できます。また、独自のカリキュラムがあり、先取り学習をするところも多く、高校2年までに高校の内容の学習をし終えるところもあります。それにより、大学入試対策を早めに取り組めます。

 

②デメリット
 6年間という長いスパンでの学校生活になるため、友達と上手にお付き合いできず、馴染めないこともあるようです。また。独自の授業形態のため、進度が早いこともあり、学習についていけなくなる場合があります。また、「中だるみ期間が長くなる」こともあります。中学2年次も高校2年次が該当しますが、中高一貫の場合は、前期生2年~後期生2年がそれに該当します。アチーブメントテストは実施しますが、かつてのように難問を出題して、合格しなければ合格するまで再テストで...、みたいなことはなくなってきています。結果、なんとはなしに学年が上がるため、緊張感のないまま中4年間を過ごす生徒が増えてきているように感じます。

 

(3)中学受検の傾向と対策
 では、実際の中学受検は、どんな対策をすればよいのか、ということで、燕校からほど近い「燕中等教育学校」を例に挙げます。

選考内容

作文 
 作文の内容は「資料読み取り問題」と「作文」になります。
環境や地域に関する問題が出題されています。資料問題では、計算問題もあります(昨年は出題がありませんでした)。作文の文字数は400字になります。

 

面接 
 「複数又は個人面接」です。一昨年までは、「グループ活動」でした
が、新型コロナ感染防止の点からなくなりました。

選考検査の対策

 「作文」は、環境やゴミ問題、エネルギー問題・AIなど様々な時事問題や地域(新潟県や住んでいる所)に関する出題もあります。自分なら環境問題にどのように対処するかなど、自分の意見を持ち、表現できるように日頃から考え、書く練習が必要です。面接」は、「志望理由」や「小学校の思い出」などオーソドックスな質問から、「自分を一文字で表したら?」や「新潟でアピールしたいこと」などトリッキーな質問まで聞かれます。しっかり学校や塾で数多く面接練習をこなしていくことが必要があります。

(4)最後に

 燕中等の入試内容は、「作文と面接」ということで、なかなかお子様1人では、学習しにくい内容です。KATEKYO燕では、作文対策や面接ともにしっかりとサポートしています。また、その他、県内の中学入試の「国語・算数」などの対策を行っています。早い方ですと、小学3~4年生からKATEKYO燕で指導をスタートしています。「まだまだ先のことは分からないけど、中学受検も考えながらKATEKYOでお願いしたい」というケースが増えています。中学受検を視野に入れるのは遅くても小学5年生から対策を始めるのがオススメです。

                            

「受検に向けて、どんな勉強をさせたら良いか分からない」
「教材は何を使って勉強をすすめたらいいんだろう?」
など、それぞれ悩みはあります。まずは、その解決策の一助になれたら幸いです。KATEKYO学院 燕校は、マンツーマン指導です。オーダーメイドの指導プラン自分に合った勉強のやり方自分なりの勉強計画の立案など、経験豊富なプロ教師がしっかりとマネジメントしてくれます。

まずは、KATEKYO燕にお問い合わせください。

  お急ぎの方はこちら       
       

      まずは検討したい方はこちら
       









自習席は無料開放!

2021秋からスタート!
KATEKYO燕  
0256-62-3366
(受付:平日10:00~18:00)

日曜・祝日は対応できませんのご了承ください