新着情報

マーク模試の重要性【KATEKYO柏崎】



市内の高校のほとんどが、6月に体育祭があります。
柏高・柏工  6月10日(木)
常盤・総合  6月  9日(水)
産大附属     6月23日(水)
※翔洋は5月20日(木)に実施済み

特に高3生の皆さんは、高校生活の思い出作りのた
めにも、大いに頑張ってください。

さて、年間予定表を見てみると、その前後に「マー
ク式の模擬試験」も予定されていると思います。
この模試結果を夏の三者面談の資料として使う高校
や、推薦入試の推薦要件にこの模試の成績を加えて
いる高校もあるようです。
ですから、結構、大事な模擬試験なんです。
体育祭準備もありますから、「模擬試験の準備を万
全に」とはいかないかもしれませんが…、でも成績
が判明したら、以下の事項はきちんと確認をしまし
ょう。

(1)受験対策を始めた科目の成績は伸びているか?
(2)科目ごとの全国偏差値がどのくらいか?
(3)志望校選択は妥当か? 合格判定はどの程度か? 

もしも、
これまで頑張って受験対策をしていた科目の成績が、
2月のマーク模試と比べてさほど伸びていなかった
、対策の方法を見直さなければいけないかもしれ
ませんね。

もしも、
全国偏差値が低い科目があって、それが大学受験で
使う予定だったら、夏休みには挽回するきっかけを
作っておかなければなりませんね。

もしも、
志望校判定が良くなかったら、あきらめる必要はあ
りませんが、他の入試方法はないか、あと何点あれ
ばC判定くらいになるのか、これは検討・計算をし
ておきたいですね。また第1~第8志望まで全てE
判定…、なんて方は、志望校のランクを揃えすぎて
いると思いますので、受験戦略(目標校・相応校・安全
校)
を練り直す
ことをおススメします。

確認のため、参考までに資料を示しました。
これは、大手予備校が昨年度実施した「共通テスト
対策模試」の平均点(全体・現役・既卒)と「新大・
理」に現役生が合格するには、どの程度の得点が必
要だったか(資料の中では「新大・理」)」を示しました。
今年度は、すでに第1回は終わっていますので、7月
末に実施される「第2回」に注目します。
なお、新大・理は大手予備校が示した得点率をもと
に「目標点」として示しています(例 共テ目標得点率
66.0%、5教科7科目900点満点の場合の「プレ」594点)




新大・理を第一志望としている受験生は、7月末の
第2回共通テスト対策模試の目標点は535.7点くらい
と考えられます。
まずは、合格の軌道に乗せるためにも、受験対策を
本格化させましょう。
    
    

    

 KATEKYO柏崎
 0257ー21ー4455