新着情報

ドコが出ないの?そこが知りたい!

R3公立高校入試 出題対象外単元

 6月22日、新潟県教委はコロナ休校による学校授業の
遅れを考慮し、「令和3年度新潟県公立高等学校入学者
選抜 一般選抜学力検査の出題範囲から除く内容」を発
表しました。
 基本は平成20年に告示された「中学校学習指導要領」
と「平成30年4 月1日から平成33年3月31日での間にお
ける中学校学習指導要領の特例を定める件」の...、

って、つまり
教科書のどこからどこまで?(怒)

 そんなふうに思った中3生や、その保護者さんは多か
ったことも思います。確かに発表された書面だけ見ても
分かりづらかったですよね。

 そこで今回は、いわゆる「定期テスト範囲表」風に、
刈・出雲崎で採択されている教
科書で言っ
たら、「どこが出題されなくなったのか」
ハッキリさせたいと思います。   
(※教科の教科書と一緒に見ると、より分かり
やすくな
ります。)
 クリックするとPDFが開きます ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 過去問に照らし合わせれば、影響があるのは、英語く
らいのものです。
 例えば、数学の「資料の活用」という領域のうち、
「標本調査」は3年次の学習単元で、1年次は「資料の散
らばりと代表値」、2年次は「確率」を学習します。
 「資料の活用」からは例年、大問1(9)もしくは(10)の
いず
れかで出題されており、R2年度入試では2年次に学
習する「確率」が、31年度は「平均値(1年次)」、H30年
度は「最頻値(1年次)」、H29年度は「確率(2年次)」、
H28年度は「相対度数(1年次)、そして27年度は「平均値
(1年次)」と、過去5年をさかのぼっても3年次に学習する
「標本調査」が直接的に出題されたことはありません。
 
 そもそも出題範囲が広くなるわけではありません
また柏刈エリアに関して言えば、県内でも休校期間は短
かったですし、しかし夏休みは2週間程度も短縮されれ、
学校授業が実施されますから、準備と対策をしっかりし
ておけば、必要以上に心配することはありません。

 ただし、R3年度入試では柏高の「筆答検査A」、常盤
総合の「筆答検査B」の実施は無くなったため、合否
定における学力検査の重要度が増すことになります。

 なお、コロナ休校期間が短かった柏刈エリアの中学校
は、今後、順調に進めば、どの教科も3年次の内容は全
て学習し終えるはずです。しかし、学校によっては「入
試に出題されないのだから、範囲外の単元の授業はしな
い」もしくは、「あまり重要視しない」という判断をす
るケースも考えられ、学校によって対応が異なるかもし
れません。

 いずれにしても大切なのは、「出題される範囲は徹
底的に対策する」ということとです。

進研マーク模試