新着情報

それ、KATEKYO柏崎が引き受けます!


集団授業を行う他の塾や予備校は、すでに2021(R4)年
度入試を受験する生徒の募集を本格化させていますか
ら、高3・中3の募集は終了しているところが大半です。
しかし、完全マンツーマン指導を行うKATEKYO柏崎
であれば、“超”直前対策の受付けが可能です。

「共通テストの対策ばかりやってきたから、国公立大
2次試験対策は、これから。マーク式と記述式じゃ、
全然違うし…。」とか、MARCH(明治・青学・立教・中
央・法政)
は、
マーク式と記述式の併用…。本格的な記
述式対策はこれからだし、
大学によって出題の特徴が
違うから、
それぞれに対策しなくちゃいけない…。」
と悩んでいる高3生&既卒生。
5教科対策の筆記対策はバッチリだけど、リスニン
グが…。」と不安になってきた中3生。

私立大学入試までは、残り約1か月。国公立大学の2
次試験までは、約1か月半あります。また公立高校入
試までは、2か月あります。それぞれ残された期間を
「たった」ととらえるか、「まだまだ」ととらえて
ん張るか。その差が、合格をグッと手繰り寄せる
とになります。

  国公立大 2次試験対策 
【3科目で18回、2月中旬までの集中対策】
 新大・上教大・長岡技科大・新潟県立大・新潟県立看護大
 長岡造形大・東北大・信州大・金沢大・富山大・山形大・
 福島大 など
共通テストのマーク式のように、解答の方向性が示さ
れないため、問題をよく読み、問われていることを理
解し、解答を予測した上で、解き進め、最終的に〝解
答を表現〟しなければいけません。1問あたりに時間
もかかるため、その〝予測〟にも正確さが必要です。
第一志望校に合わせ、科目別に対策します。

  難関私率大 大学別対策  
【3科目で24回、2月中旬までの集対策】
   
早稲田・慶応・東京理科・学習院・明治・青学・立教
 中央・法政・成城・成蹊・明学・獨協・國學院  など
マーク・記述併用型の出題が一般的な難関私立大学。
しかも、出題傾向は大学・学部により特徴があります。
問題レベルは共通テストよりグッと上がり、共通テスト
で4,500語程度必要と言われる英単語も、早慶で7000語
以上、MARCHでは6,500語程度と、格段に増えます。
第一志望校に絞って、集中的に対策します。

  有名私立大 大学別対策  
【3科目で24回、2月上旬までの集中対策】
   日大・東洋・駒澤・専修・大東文化・東海・亜細亜・帝京
 国士館・武蔵・文教・大妻女子・昭和女子 
など
多くはマークの出題が一般的な有名私立大学。第一志望
校とする受験生は多く、一方で滑り止めとする受験生も
多いことで、志願者数が非常に多くなります。また近年
言われる「首都圏私大の超難関化」が著しく、偏差値が
高騰しています。模試でA判定でも合格時が確実視でき
ないため、想像以上に高得点が必要になります。


  公立高校入試 苦手克服    
【1科目6回、3月上旬までの集中対策】
   柏高・常盤・長高・大手・向陵・高田  など
普通科進学校は、5教科バランスよく得点することが重
要です。「数学が…」という教科別はもちろん、「特に
『関数』が…」といった単元別でも可能です。間違えや
すいポイントを説明し、同じミスを繰り返さないよう
指導します。各教科最低でも75点
(常盤は65点)以上を目
指します。

  公立高校入試 得意制覇    
【1科目8回、3月上旬までの集中対策】
   総合・柏工・長工・長商  など
実業科の高校では、例えば工業系なら、「得意な数学と
理科で苦手な英語をカバーする」などのように、教科間
のバランスより合計点で勝負です。苦手科目克服にめど
をつけ、得意教科を伸ばすことで合格を引き寄せます。
55点以上を目指すします。

  長岡高専入試 徹底攻略    
         【 2月上旬までの集中対策】
数学・理科は1問にかなり時間のかかる難問で、公立入
試対策だけでは全く歯が立ちません。数学・理科を中
心に、英語を含めた高専合格のための特別指導です。
しかし、数学・理科が得意で当たり前な生徒がライバル
ですから、国語・社会も含めてトータルで指導します。