新着情報

この夏にすべき、英文法【必読】高校入試編

塾 燕市 中学生 個別指導塾 大学受験 katekyo カテキョー
🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻

 KATEKYO学院 燕校、教師の吉田です。今回は新潟県高校入試に向けて、「英文法」についてのお話です。中学3年間に学習する英文法は大きく分けて24単元あります。「多くて大変だ」と思うかもしれません。

でも大丈夫です。「打ち勝つには敵(高校入試)の姿を知れ!」です。

 受験を控えている中学3年生の皆さんはもちろん、中学1・2年生の皆さんも知ってて損はありません。
私は、新潟県公立高校入試の分析を毎年行ってきました。今回は、過去15年間語形変化・適語補充、そして語順整序】の出題ランキングを発表したいと思います!!ぜひ、これからの勉強に役立ててください。

【語形変化・適語補充】
第1位は

「一般動詞の過去形」です。
 な、なんと過去11回の出題です。15年間中、11回ですから非常に出題確率が高いと言えます。「なんだ、簡単だ!-edをつければいいだけでしょ。」と思う受験生の皆さん、それはあまいです。
出題は100%、不規則動詞なんです。
よって、この夏休みに不規則動詞はすべて覚える必要があります。

第2位は
「現在完了」です。
 5回の出題です。約3年に1回は出題されていることになります。この頻出傾向の高い「現在完了」。受験生の皆さんは、すでに終えていますね。旧指導要領では、中学3年生で学ぶ単元ですが、キミたちは既に新指導要領で授業が進んでいるため、2年生で習っていることになります。この重要な単元の理解は大丈夫ですか。必ず、復習とその理解をすべき単元です。夏休み中に必ず取り組みましょう!!
なお、現在完了は【完了・経験・継続】がありますが、覚えていますか。
【語順整序】
第1位は

「不定詞関連」です。7回出題です。ここは2年生で学習した「try to ~や be happy to~」 、3年生で学習した「tell 人 to ~」などが出題されており、とても広範囲です。

第2位は
「いろいろな文型」です。6回出題です。
高校でも学習する第4文型(SVOO)や第5文型(SVOC)が圧倒的に多く出題されています。

ここまで見てきて、頻出の文法だけを覚えればよいのではと思うのは間違いです。

 それは、「英作文」が毎年出題されるからです。英文法は英作文の表現を豊かにします。本年度の高校入試は英作文が2題出題され、英文法の重要性は増してきていると言えるでしょう。

 そこで、今まで学習してきた英文法の総復習をこの夏休みに学習する必要があります。

 KATEKYO学院 燕校では、中学3年生を対象とした夏期講習夏休み特訓教室を7月22日(木)より開講します。
ここでは、中学1年生から3年生まで、高校受験に特化して「英文法」もしっかり復習をしていきます。
この夏に英文法を身に付け、その知識を英作文にも繋げていきましょう。

 「夏を制する者は受験を制す」 これは間違いなく事実です。毎年、中学3年生の生徒さんを指導していますが、やはり夏休みに一生懸命取り組んできた生徒さんは、志望校へ合格しています。

一緒にこの夏を制していきましょう。

 

KATEKYO 
TEL.0256-62-3366

教育相談のお申込みはこちら⇒ 

詳しい資料のご請求はこちら⇒