新着情報

【KATEKYO新潟駅前校】既卒生の皆さんへ

新潟市中央区 塾 個別指導 大学受験 既卒生 浪人生 予備校 

 こんにちは、KATEKYO学院新潟駅前校の高野です。新潟市内の高校生を中心にご利用いただいている新潟駅前校ですが、10~15人の既卒生も毎年在籍をしています。そこで今回は「既卒生のKATEKYO利用方法」をご案内しようと思います。

 既卒生のKATEKYO利用パターンは
(1) KATEKYOのみを利用
(2) 大手予備校とKATEKYOを併用
の2パターンに分けられ、新潟駅前校ではほぼ毎年(1)と(2)が半々です。(1)と(2)について詳しくご説明します。

 (1) KATEKYOのみを利用 
 KATEKYOは完全マンツーマン指導になりますので、多くのコマ数を入れるとそれだけ費用がかさみます。週8コマというような生徒さんも過去にいらっしゃいましたが、週2~5コマが平均的です。そうすると、科目数の少ない私立大志望の方や、苦手科目以外は自力で頑張れる方、週1~2回の科目担当教師指導で自学ができる方、などに向いています。
 「月に1回以上教育相談員と面談をしながら、そして週に1回以上科目担当教師の指導を受けながら、自学を進める」というイメージになります。通常は朝10時から夜9時くらいまで自習スペースを利用することができますので、自力で頑張れる生徒さんにはこのパターンをおススメします。また模試については、大手予備校が運営する模試をご案内し、その成績結果を見ながら受験対策の修正作業を行います。

 (2) 大手予備校とKATEKYOを併用 
 大手予備校の魅力は優秀な教師陣、圧倒的な授業コマ数、受験情報力、模試の実施、などでしょう。授業コマ数や情報力、模試については、KATEKYOは敵いません。国公立大志望で全科目のフォローが必要な方、まだ受験先を絞り込めていない方などは、大手予備校を中心に据えた方が良いでしょう。
 そうすると「苦手な科目のみをマンツーマン指導のKATEKYOでも受講する」というイメージになります。大手予備校の集団授業・映像授業のフォロー役として、KATEKYOを利用するのが効果的です。毎年、5~7月にこのような方のお申込みをいただきますので、8月末までは受付可能にしてお待ちしております。 

 
 過去にかなりの人数の既卒生を応援してきたKATEKYO新潟駅前校です。過去の生徒さんの事例を基に、新潟市内の大手予備校についても、ある程度のご説明は可能です(決して営業妨害はいたしません)。「来年こそっ!」と考えている既卒生の皆さん、お気軽にお問い合わせください。

 ●新潟駅前校 025-247-5577
       (10:00~19:00受付)

 ●資料請求はこちらから →