新着情報

【大学入試】大学入試英語成績提供システムの状況

2021年より「大学入学共通テスト」が始まります。

これは現高2生の大学入試から対応するもので、
数学、国語に記述式が導入され、
英語では民間資格や検定試験を併用することが決まっています。
※2024年(現小6生対象)からは民間資格、検定試験に一本化する方針です。

これだけ大きな入試制度の改革であるにも関わらず、
十分な情報収集・対策ができていない生徒さんや保護者の方も多くいるようです。

そんな中、対象資格・検定の一つTOEICが申し込みを取り下げました。

「会場の設置や、社会的弱者への受験料の配慮など、
運営の形態が想定よりも複雑で、責任を持って対応することが困難」
が取り下げ理由です。

※TOEIC利用を検討していた受験生への救済処置として、
2019年度の受験結果に限り、活用が認められました。

ちなみに今回の民間資格・検定の利用は

大学入試英語成績提供システム

という名称です。
実績・技能評価・整合性・公平性・データ管理などの観点から、
12の参加要件を満たす必要があります。

従来型の英検(1次筆記、2次面接型)が対象外なのは、
「1回の試験で英語4技能の全てを極端な偏りなく評価するもの」
という要件に該当しないことにあります。

「大学入試英語成績提供システム」は
受験機会の格差、試験会場数、試験監督・採点者 など、
様々な問題を不安視する声もまだまだあります。

当面はシステム導入大学の動向だけではなく、
参加する民間資格・検定試験の動向にも
注視する必要がありそうです。

—KATEKYO新潟—

プロ塾講師・プロ家庭教師